ブログランキング
眠っている暇はない|感想・考察

LKD1・ジュリジャンいろいろ

2014.10.20 22:20|その他作品感想

ジュリジャンが好きすぎてたまらない。
そもそもラキドの恋人共は「ツンデレ姉さん女房」「クールな眼鏡の参謀役」だなんてラベル化できるような関係性ではない…と思う。
その中でも特にジュリジャンは一言で言い表せない。ヤンデレじゃないし。主従関係でもないし。奉仕系でもないし。なに?
BLを飛び出て一般レーベル、漫画ゲームと手を広げても、中々ここまでおかしな、そして運命に翻弄され抗う二人もいないだろう。いたら教えて下さいマジで。


派生公式SSCDで星分が強すぎて、「夜空に星が瞬くように、溶けた心は離れない。二人がそれを忘れぬ限り―――」が頭をぐるぐる駆け巡る始末。懐い。
これを言った二人がどうなるかは置いておいて、毎夜この誓いをしてほしいくらいジュリジャンの未来は茨道だ。
それがいいのか、悪いのか…。

以下
ジュリジャン正規ルート・公式時系列まとめ(手に入れてるもののみ)
こーいう風にまとめをしてる時が一番楽しい。まとめられるのはもっと嬉しい。
ありがとう公式、ありがとうラッキードッグ@wiki時系列飛び)。


ガッツリネタバレ。抜けあるのは多めに。

1906
ジャン誕生
1908
ジュリオ誕生
191?~
教会で降臨祭

1932~
ゲーム本編・脱獄編・逃亡編・デイバン編
10月(もしかしたら1933かもしれない)
ゲーム本編・After
『無題』(ゲーム本編ぷらてぃあ特典CD)→半同棲開始直後?ジャンの手料理初披露

『Honeymoon choo-choo』(CDドラマ・夏)→NY行きの列車、整体マッサージ、ルキーノにバレてる?

?9月
『Dog eyes』(本編のメッセンオー特典)→半同棲中、嫁はNY同盟のため単身赴任、旦那は本部でシカゴのギャングを潰す、ルキーノに関係が半バレ?


1934
?→本部完成

『To say Long Goodbye』(CDドラマ・冬)→幹部昇格案、最早オネショタ、親父のわかってるふうな口調

2月
『Radiant two 1』(アニバ本白)→同棲終了、流星、コロンビア
↑のあと
『Dog stela Dogs stella』(アニバ赤線・以下略)→キューバ新婚旅行

6月
『Milky Way』(CDドラマ・アニバ)→「俺のジュリオ」

本部完成後の冬(多分)
『風邪っぴきの俺』(トレカSS)→ジュリオの両親の思い出、ルキイヴァが気を使う


1935
2月
『Dog stela Dogs stella』→嫁からの連合会議中の「誕生日おめでとう」、旦那は絶賛コロンビア
5月
『Dog stela Dogs stella』→ジュリオ帰国

1936
『Night of the GalaxyWay』(アニバ本虹)
ジュリオの数字は3341、「Just for you. G.B」

21世紀初頭?
ゲーム本編→イヴァン独白「ベッドの上で死んだ奴も、ドロの中で死んだ奴も」

203?~
5月
『Dog stela Dogs stella』→犬にとっての天国、オーナーは墓の下

パラレル
『Lucky dream 4+』(アニバ本白)→ごめんね
『Scripted or not』(アニバ本水玉)→エターナルフォースブ(ry、サイタマSSS
『Lucky strange 5+』(同上)→オカルトメール爆撃J( 'ー`)し


※ジャンがシカゴに行く話がどれだったかしらん…。ベルとの電話プレイCDの前後のはずなんだが。
Milky Wayとrajientoに温度差がありすぎるから時系列的には逆なんじゃ…。でもこうじゃないと変…。
※サントラSSの山小屋辺はノーマルorバッド行きのはずなので一応除外。
ROUND1のマッサージ券もかわいいけど除外。
以下略。


読み返しながら思う、ベルナルドの八面六臂っぷり…。
しかも彼が命を投げ打ってもいいとまで入れ込んでいるカポはジュリちゃんのもの………前髪、前髪が…。ああ、彼にアデラ○スの番号を教えてあげて…。

と、
思わず入手可能な範囲でがーっと集めては見たが、翼SRが秒読みな気がするからこれ以上は金使えない…。予想外の出費に素寒貧だわよ。

というわけでリブレット特典SSは未入手。
LHLシーガル特典と由良画集2つはいつでも手に入るから急がず。
他幹部については諦めている。が、ノーマルルートだけでもコンプしたい。

ジュリジャンルートに必要不可欠な『Dogeyes』が入手不可な現状を本当にどうにかしてほしい。
あれがあるかないかでジュリジャンの印象が全然違うのに。

全体的に特典、特にジュリジャンは入手困難多すぎ。
オク業者に金払うのが嫌で仕方ない。同じ値段でいいから公式から買えるようにしてほしい。
アニバゲで再録してくれればいいんだけど無理だよね…。



ジュリジャン自体の考察はぐるぐるぐるぐるしていて、なんでかというと公式がハッピーエンドを見せてくれないからだ。
そういう意味ではbadegg楽しみなんだけど…なあ……。

というわけでジュリジャン自体についてまとめきれておらず、ベルナルドさんが100%回収できずイラッとしているのでおしまい。
だからゲームって嫌なんだ!やるけど!

Youre Lucky Dog!!!

2014.10.13 23:30|その他作品感想
時間が足りない!!!!!!

ラッキードッグ1,五周年おめでとうございます。

すっかりハマってしまった。

公式によるほぼ毎年SS投下、コミックは続刊中、アプリ解禁?、5年目にして新作(絶賛延期中)―――すごいっすねえ。
そもそも公式が色んな意味でノリノリではっちゃけててスバラシイ。


ゲームとして。
ストーリー・シナリオがとてもテンポよく、明るく、時に暗く重く、そこからのハッピーエンドの爽快感が待っている。それと共存する、一歩踏み間違えたら死が待っているような緊張感も、また。
20世紀初頭に台頭するマフィアという、想像もつかない世界が目の前に鮮やかに広がり、感情移入できる。
文章はどことなく文学のかほりがし、ネットスラング多めで、誤字がそこそこ、くせがあるんだか無いんだか。でもすごく読みやすい。

キャラクター力は抜群、ハーレムゲーにしては珍しく、主人公が一番好き。
ジャンが男前でかわいくてステキで、その周りを取り巻くイケメンズも楽しくて可愛くて愉快で時々はったおしたくなって、結局は五人でいちゃこいてるのが大好き。

というわけでエロはなくてもいいんだけどエロがないと物足りないんだけどエロ長いよう…。
エロ中に選択肢がないのはいい。ボブゲはそういうものなのか?


カウントダウンボイス聞いて、OP見て、コミック一巻分読んで、ちょっとでも気に入ったらレッツプレイ!
私は二次創作経由でこの作品を知りました。
そのうえで現在アニメイト様様でフェアなんかやってるもんだから買っちゃったんですよう。12月楽しみですねえ。


とは言えまだゲーム自体フルコン出来てなくて、うっかりファンブック読んで「このスチル見てねえファッキン!」とイヴァン並みの悪態をついてみる始末。

ホントに時間が足りない。
一人のTRUEEND見終わるのに6時間くらいかかってると思うんだけど。攻略サイト見て最短ルート進んでも。
それでも飽きずに出来たのはストーリーとキャラがよかったからだろう。

その上で公式SS、ドラマCD、派生ゲームetc……。
一番好きなジュリジャンルートだけ制覇するのに幾らかかるっていうんだ、時間も金も。
三連休がガチでLDに乗っ取られた。しゅがーイベ終わったし直央くん圏内だからいいけど…。
スバラシイ。エクセレンテ。
ああ、使い所のない語彙が増えていく…

以下、キャラ別雑感。
ちなみに現在のスコア
イヴァン52%ジュリオ100%ベルナルド77%ルキーノ81%
…さすがにひどいわ!


そこまでネタバレではない。全員100%にしてからがっつり比べながら書きたいなあ…。

続きを読む >>

Free一挙放送見ました

2014.07.05 21:14|その他作品感想
腐ってるので一応注意。



確信した。


甘やかしてるようで甘やかされてるカップリングが好きだー!!

言い換えると守っているつもりで守られている関係。

互いにそう思ってるとなおGOOD。
つまりまこはるまこ大正義。


最終回については思うところは多々あるけれど二期で玲が救済されてればいいや。
玲は敏い子なので、あのまま凛と真琴遥渚が隣のレーンで一緒に泳いでいても誰も前に進めないことをわかっていたのだろう。
このままでは最高のチームになれないことを。
だから、彼が自分で言うように、次の機会に玲が皆と泳いで凛を負かせばいい。
そう思うことにしよう。京兄作品はどうも最終回で評価をひっくり返す気がする。

最終回で一番切ないのは渚だと思うんだ。
どんなに三人のことを好きでも、イルカとシャチとサメの関係には敵わない。
一番男前で一番気遣い屋さん。好き。


遥と凛の想い想われっぷりが強すぎて真琴の遥への気持ちがひとり相撲に終わるのではないか
はるりんはるすぎて真琴が本気で哀れじゃないかとか
とか考えてたけど、違うと思いたい。

仮に真琴が遥離れして(子離れ的な)傍にいなくなったら、それこそ遥は自由に泳げなくなるのではないだろうか。
言葉をかわさなくても通じ合えて、水から上がった陸で遥をあたたかく迎えてくれるのは真琴だけなのだから。
多分遥のほうが真琴離れが出来ない。

でもきっと二人はそれをわかってなくて、いざ真琴に彼女が出来たりした時にそれに気づくのだろう。ありがち。
まこはるまこイズジャスティス。

まこちゃんのガタイがいいところや怖がりなところや世話焼きなところやタレ目なところがたまらなく好き。
たまーにはるちゃんに意味深な目線を送るとこも好き。
トラウマ持ちはもっとじっくりねっとりやってほしかった。遥が溺れてトラウマのほうがよかった。
厨二の深夏の版権絵が偶ににょたまこちゃんに見えて困る。

でも全話通すと遥が愛おしく思えてくるのはスゴイと思う。
真琴だけでなく、渚も玲も凛も(江ちゃんあまちゃん先生コーチ含め)遥のために動いて尽くしているのが何の違和感もない。


しかし、なぜ薄い本だと真琴は巨◯なのか。高確率でゲ◯なのか。
おいしいからか。そっか。
ちなみにまこちゃんのが大きすぎて入らなくてはるちゃんが入れてって流れが好きです。
はるちゃん男前だから。
ていうか挿しつ挿されつくんずほぐれつしてればいい。

二期楽しみだなー。

1000円あったら映画に行こう

2014.06.21 22:27|その他作品感想
実は別ブログを解説するくらい映画が好きです。
最近は週一~ニくらいの頻度で映画を見に行ってるのでメモ程度に感想を残しておこうと思います。
大体ミニシアター系。タイトルは検索よけで伏せ字。
キョウリュウジャーも感想書かなきゃな…。




今渋谷の某シアターでホドロフスキー祭が開かれてるのでサブカル系好きな人は是非見に行きましょう。なんと人作品1000円です。
正直ホドロフスキーと『若者たちのすべて』は映画館で見ないと集中が続かないですのでなるべく映画館で見ましょう。

『エル・トポ』
カルト系の始祖にして最高傑作。当然エログロ&流血&動物虐待?注意
考察したい人向け。
一シーン一シーンが頭にこびりついてずーっと離れない衝撃の映画。
と言いつつ個人的には萌えもあり、特に後半の少女とのラブラブっぷりを息子がじとっと見てる感じの雰囲気がたまらなく好き。
あと何故か小屋に篭ってる達人がお気に入り。
この映画の上映時間を知って大層驚きました。どんだけ凝縮された120分なんだ。

『ホーリー・マ◯ンテン』
監督自ら「ヤク中の見てるものを伝えたい」から作ったと言う頭のおかしい映画。
頭を空っぽにして見たい人向け。
二回みたけど二回とも眠くなったので催眠効果もあると思う。
映像美に色んな意味で口を開ける、映画という媒体をフルに活用した作品。
エル・トポと違ってシーンがほぼ頭に残らないのもすごい。


『サングレ◯』
これは一度しか見てないのでちょっとうろ覚え。見たいのだが時間が合わない。
ラブ・ストーリーが好きな人向け、という印象を持っている。


『ホドロフスキーのDUNE』
未完の大作、『DUNE』。
『DUNE』はSF超大作小説で、それを元に作ろうとした映画がハリウッドや配給会社にストップされて作れませんでしたという話。
といった具合にあらすじとしては簡潔なのだが、関わった人の有名さや、必然や運命や神の介入を連想してしまう程の出会い方や、ホドロフスキーの視聴者を全く無視した映画の作り方が見所。
ホドロフスキーは宗教祖になれる。
漫画読もうかな…。

余談。配給会社の方が話してくれた裏話が面白かった。巨大タロットで首の痛みを抱える青年を占った話とか、監督と監督が仲がいいとか、映画の買い方の話とか、大阪のヒーロー館がとんでもない宝をもっていたとか。



以下その他の映画。
『二◯の人魚』
「私がいなくなったら、私を探してくれる?」
暇つぶしの空想がいつしかリアルになり、どこからが夢でどこからが現実か曖昧になる。
描かれる少女と誘拐犯のストーリーはある意味女性の憧れ・理想なのではないだろうか。
もう一度見たいようでいて、見たらなにかが違ってしまうようにも思う。

『スプリ◯グ・フィーバー』
ミニシアター系に足を踏み入れたきっかけの映画。
魔性のゲイを中心に男女5人(6人?)が愛憎入り乱れる変則的ラブストーリー。
…ラブストーリーかな?
途中のやり取りはBL漫画の実写化と思うくらい甘いですがそうは問屋がおろさないよね。
予告のエロさにやられた口ですがいい意味で裏切られた。
私は魔性のゲイより探偵のほうが好きです。
五回くらい見てるけど飽きない。


『醒めなが◯見る夢』
唯一の邦画。臨ちゃんと良大くんの演技力の向上に目を見張る映画。
あらかた予想のつくストーリーとオチだったのものの、ラスト付近の一言の威力は凄まじかった。言葉は人を殺す。
…素材はいいのに調理法を間違えてる映画だと思う…。途中中だるみしてたので。
と言いつつも、少なくとも、キャストが好きなら見て損はないと思います。


『ネ◯チャー』
ありのままで~が満席だったので代わりに見た映画。
動物系バラエティが好きな人なら大半は見知った知識・映像ではあるものの、やはり大スクリーンは見応えがある。
個人的には一日の間に春と冬を繰り返す高原の話と、水を求め昼夜歩き続ける象の群れの話が印象的だった。
オーシャンについて熱く語った黒歴史を思い出す。


『ありのままで~』
友人から「ラストが納得できない」と聞き興味を持って見に行った。
同社の人魚映画が好きな身として、前半の謎ミュージカルは萌えに悶えた。
………なので、後半は確かに納得できませんでした。はい。萌えを返せ。あの二人も好きだけど。
ていうかありのままで~の曲は投げやりと諦めのこもった曲じゃないですかね。
全く事前情報を仕入れずに行ったので最後の「ピエー◯瀧」を見た瞬間むせた。


『アクト・◯ブ・キリング』
虐殺の「再現」というキャッチコピーに惹かれて行ったら真面目なドキュメンタリーだった。
上記の理由できちんと理解して見られなかったのが残念。
よく考えたら、膝に乗せられるような幼い孫に、自分が犯した虐殺の「再現」映像を見せるあの人のよさそうなおじいちゃんは、どこかおかしいのだろう。そしてそんな人に育てられた人たちもまた。
罪を罰されないのも辛いのかもしれない。咎められないから罪をどう扱っていいかわからない、そんな印象を受けたのだけど、それは法治国家に住んでるからそう思うのだろうか。


チョコレート◯ーナツとブタペス◯ホテルとアデ◯ブルーも見たいなーと思う今日この頃。

今更ながら、輝きの向こう側へ【アイマス】

2014.05.15 00:42|その他作品感想
アイマスについて語ろうとすると自分語りになるのでなるべく避けたい。

が、ようやっと劇場版「輝きの向こう側へ」を見に来たので少し。
ありがとうシネ・リーブル池袋(ダイマ。

志保Pへ盛大な拍手とお礼を。カナちゃんはともかく途中の志保の立ち位置は相当な冒険モノものだと思う。
例えば自分の担当アイドルが…例えば…誰だ………忍とか?が矢面に立たされたら、映画を見続けられている気がしない。あ、EDでガチで凛ちゃん出ててびっくり。

アイマス知ってても知らなくても、見よう。
部活で挫折したり、仲間関係でこじれたりしたことがある人は、在りし日の青春を思い出して吐きそうになりながら見よう。


…軽いネタバレをしつつ、青春との関連について軽く。

続きを読む >>

テーマ:アイドルマスター
ジャンル:アニメ・コミック

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

情報源

ブログ内検索

リンク

『眠っている暇はない』
ここ。リンクフリー。

banner.jpeg


『照柿色の夢の中』
小説等々移転先。GENOの心配はないようです。

banner
携帯変換
QR


『神の火を抱いてマークスの山へ翔べ』
旅、カレー、映画、美術館などなど
※ノーバナー

ページトップへ