ブログランキング
眠っている暇はない|オーズの朝

雪の日

2012.01.25 18:59|オーズの朝
昨日は大雪でしたね。
積もるとは思わなかったので一苦労でした。

凍りついた地面を滑らないように気をつけながら駅に向かう途中に考えていたこと。
「アンクって雪見たことあるのかな?」
結論:無い。

いや、あると思うけど。
ないほうがご飯がすすむので。


追記は、そんな内容のオーズ世界の雪景色。文にはなってませんが、よろしければどうぞ。

続きを読む >>

日曜日の呟き【8/25・1】

2011.09.01 02:13|オーズの朝
前後の番組も面白かったから改めて感想書きたいなと夢想しつつ、オーズについて。

不思議なことに、本編を見ても涙は出てこない。
まだ感情の整理がついてない。
見るたびに鬱々な気分になるのはそのせいだと思う…orz



   オーズという番組
欲望を称えるのではなく。
我慢したって碌なことがないと啓蒙し、
求めよ、さらば与えられんと努力を推奨し、
大切なものを、みんな家族だと伝えるために手を繋ぐ、
私にとってはそんな番組だ。


   最終回。
1・2話とOPのあれこれをこれでもかと詰め込んだ今話。

番組が終わってまっさきに思ったのは、やりやがったなでした。
まさかアンクを死なせるとは思わなかったから。
最近の流れで、生ぬるいハッピーエンド以外認められないのかと思ってた。
だって、最終回で味方側が死ぬのって剣以来なんじゃないかな?

死んで欲しかったわけじゃない。
でも、こうするしかなかったとも思う。「その時奇跡が起こった!」じゃない限り。
だからアンクの死は予想済だったんだけど、それでも悲しいものは悲しい。
寂しくって仕方がない。


   奇跡の力
でもやっぱり、最終回に奇跡は付き物だ。
セルメダルの大放出。
◇の不思議な力によるギルの復活。
800年前の呪縛から解放された、二人で一つの赤い力。
メダルの塊の、生、そして死。

「よせ、これ使え」なんてぶっきらぼうな言葉を思い出すたび、涙腺が崩壊しそうになる。
跳ねるように踊るようにタジャドルと戦うアンクが、終時無言だったのがとてもよかった。


   世界の終末
ウヴァさんによってもたらされろとは…。
クレーンアームを引きちぎるなんて!ウヴァさんかっこいい!!
なんて思ってたら「俺は嫌だっ」なんて、見苦しすぎです。
てっきり、「ううう」の時にやられてそれっきりかと思いましたよ。

ちょっとあっけなかったラスボス戦。
真木博士、というかギルが手足ばらばらになったのがえぐかった。
「私が完成してしまう」の意味を考えなければ。
しかし、あの反則に近い巨大兵器は、一体何だったんだろう。
あれも錬金術の力?

真木博士は終末を、完全な無を望んだのに、自分に似せたキヨちゃんを知世子さんの元へおいて行った。
やりきれないし、中途半端だなと責めたくもなる。
なんだったんだろう、この人は。


   コアメダルと会長
まさか、最後のタトバ変身が会長によるものだとは誰が予想できただろうか…。
そしてなぜ、先代の王はタトバに変身したのか。ブルーいいじゃんブルー。

鴻上会長が10枚目の赤・黄・緑のメダルを所持していたということは、10枚揃えてグリードたちを満たすことはできたんだよね。
それが果たせなかったのは、結局会長の欲望が一番強かったからだと思う。
欲望は進化を促し、さらなる高みへ導く。
ぱりんぱりんと壊れていくビルの中、笑顔でケーキを作り続ける会長には狂気を感じるしかなかった。
会長に勝つには、これ以上の欲望を持たなきゃいけないんだ。


   一番好きなシーン
「欲望ある限り、何かが変わる。生まれる。
今日という日を明日にすることさえ欲望だ」
会長の言葉をバックに、映司・比奈・アンクが手を繋ぎ、そして朝日が昇る。
一年間通して、このシーンに勝るものはない。

例え何も出来なくても、私たちには掴む「手」がある。誰かと繋がる「手」がある。
望めば明日が手に入る。

このあと、三人で手を繋いで帰ったらいいなと思う。
そうやって手を繋いでいけば、どこまでも腕は伸びていく。
「俺達の手を掴め!」の後藤さんは最高にかっこよかったです。


   結末は変えられたのか。
もし、を考えてみたけれど、修正するには遅すぎる。
もっと早く「欲張っていいのよ」の台詞が聞けていたら違ったかもしれない。
アンクが変に焦らず、気持ちの整理ができていたら離反しなかったかもしれない。
ガメズルが死ななかったら最後の◇は違った形になったかもしれない。
不思議と映司が進み道が変わるのは想像できないから、映司と真木博士を止めるのが鍵だったんだろう。


   エンディング
については前記事で語ったんだけど追記で。
フォーゼの制服がすんごい派手なことに改めて驚愕し、
伊達さんが当たり前の顔で帰ってることに驚愕した。
職業だから定期的に帰ってくるんだろうか。


   パンツと、掴む腕
「アンク。」
逝ってしまった人の名を呼んだ映司はなにか言いたげな顔をして、言葉を全部飲み込んだ。
それって、「いつか、もう一度」だったのかな。

でも、映司はアンクを蘇らせるために旅してるんじゃないんだと思う。
いつか知世子さんの言っていた「エネルギー」がたまったから。
世界中の人の腕を掴むために、旅に出たのだと信じたい。

そのシーンが砂漠だったのはやっぱり、彼の欲望が無に帰したからかな。
アンクの幽霊っぽいアレは、「生きた」からこそできたでしょうね。
冬映画はどの時間軸に入るんだろう。



作品全体を語るにはまだ早いので、とりあえず全話もう一度見てきます。
いまはただ、おつかれさまとありがとう。






   追記はおまけです。
なんとなく入れ損ねた誕生組。

続きを読む >>

テーマ:仮面ライダーオーズ
ジャンル:テレビ・ラジオ

オーズ、結局どうだった?

2011.08.31 14:59|オーズの朝

伊達さん(の中の人なんだけど性格は伊達さんだった)にオーズの魅力を語らされる夢をみた。
「好きなコンボはタジャドルです。あ、でもバースも好きですよ!」
と必死にバースにフォローを入れてた辛い記憶。
だってバースのフォルムは好きだけど戦い方はそんなに…っていう感じなんだもの。プロレスかけてるのは見てて楽しいけれど。

駅前の駄菓子屋さんでオーズのお面が売られてないのを見て、唐突に思い出したのでメモ。
終わっちゃったからないのか、人気だからないのか…。



ちなみに事の顛末は、
旅行中にうろうろして入った公民館、そこにあった張り紙↓
「仮面ライダーバース トークショー」
という感じの、とにかく後藤さんと伊達さんの中の人が出演するらしい。
当然見たい!となったものの、既に終了。
肩を落として出ていくと、出口に何故か伊達さん(の中の人)がベンチに座ってる。
話しかけられて「どうだったのよオーズは」みたいな流れになったのでした。


日曜日に二回見てから、もう来週から映司とアンクたちがみられないことに気付いて落ち込んで、本編見返せなかった自分を深層心理が責めているんでしょうか。
ええ、見ましたよやっと。
色々脳内補完して忘れてたり飛ばしてたりしてびっくりしましたよ。
今日中にはちゃんと記事にしたいな。
改めてI永さん、ごめんなさい。

よき終末に乾杯

2011.08.28 10:14|オーズの朝
一年間ありがとう。
今はこの言葉しか浮かんでこない。

アンクが満足して、生ききったこと。
映画みたいに、比奈ちゃんが二人の手を取れたこと。
最後に映司が旅に出られたこと。
これ以上予想外で想定内で満足できる結末はない。
少し寂しいけど、いつかまた出会えるから。

アンクはちゃんと生きたから、幽霊みたいになれたんだろう。冬の映画でさりげなく復活すればいいさ。
あとアンク声の「歌」は、800年前の呪縛から解かれた証みたいでうれしかった。

後藤さんがさりげなく職場復帰しててよかったよかった。
なんだかんだ、一番成長したお方でした。


警察といえば。
お兄ちゃんスキーとしてもよかったよ本当に!
ラストで伊達さんと初対面ってことは、あのあとまた入院してたのかしら。
妄想し出すと止まらないな!



ということで、全部の感想は明日にでも。
OOOに携わった全ての人に、お疲れ様とありがとう。
冬の映画楽しみにしてます。夏の映画もう一回見たいな!

テーマ:仮面ライダーオーズ
ジャンル:テレビ・ラジオ

日曜日の呟き【8/21】

2011.08.23 22:04|オーズの朝

   シュシュっと!
ちょっとでも出番があると、思わず目で追ってしまいます、ハカセ。
戦ってる最中のノリのよさや、集合写真で真っ先にあぐらかきにいくところが最高だね!

それはさておき、ハリケンジャーですよ。世代直撃でした。
今でも兄者のおもちゃが家にある(笑
といっても、どんな話かは覚えてなくて…変身シーンや掛け声を懐かしいと思う程度でしたが。
でも、ハリケンとゴーカイのコンボは嬉しくてうれしくて。子供に戻ったようにわくわくしていました。
大好きなゴーカイの面々が憧れの戦隊に認められた、ムズかゆいような、そんな気持ち。

最後のアイムの猫耳は、あざとい。あざとすぎて逆に良い。
ちびっこ組は和むなあ。




   真の王、無限大の力
   
見たくない。
映司がどんどん追い詰められて、一年間付き合ってきた映司じゃなくなっている。
そんな気分だった。
本当は読み違えてただけで、映司は映司のままなんだけど。
映画見て、色々考えた分は後ほど。


   「俺の器なら、飲み込めますよ」
「もっと…もっと…」
力を欲しがる映司を見て、本っ当に、今までの映司は無欲だったのがよくわかった。
ぞっとするほど貪欲。


   ありがとう
「ありがとう」は最強の殺し文句だ。
渡すんじゃなかった。巻き込むんじゃなかった。
弱った姿なんて見たくない。
「俺も何のつもりなんだか」とか、「さっきからずっと、満足してるってことだ」
の、表情がすごい。
自嘲しつつ、嬉しくて仕方ない顔。
中の人を尊敬して、そして感謝したくなる。
こんなに素敵で愛おしいキャラクターを作ってくれてありがとう。



   海辺にて
激しい波の音。
静かな海の音。
映司の心境。アンクの心境。
ノイズのような真木の声。
なんで映司は唐突に「一年分のアイス~」と言ったのか。
そういえば、後悔していることのひとつに「もっと食べさせてやればよかった」がありましたね。


   クスクシエと最後の選択
「もっと欲張っていいじゃない」「欲張れるのは比奈ちゃんだけよ」
つまり、「その欲望解放しろ!」
……そうではなく。目からぽろぽろ鱗が落ちた。
そっか、いいのか。彼女なら出来るのか。

OPでアンクに抱きつく比奈ちゃんは、お兄ちゃんを抱きしめているのだと思ってた。でも違うんだ。あの悲しい顔も全部、本当だった。



   伊達組まとめて
あの三人の図を見て「火野さん」と呟く里中さんはすごいよ。その前に突っ込むところ多すぎだよあの場面。
「秘書"補佐"として」でにやにやしてるのもよい。
…ついでに、あのあと映司を一人で担いでいったんだろうか。
里中くん、ステキ!

中腰で聞く誕生組かわいい。伊達さん足長いなあ。
もうこの人たちはほっといても平気だから気にしてません。

   Wバース
現場とコーポレーション近いな。先週のゴーカイか。

映司を止めに突っ込む後藤さんと、ちょっと戸惑う伊達さん。
真木博士を気にする人がいるのが新鮮。
やっぱり、真木博士を倒す相手は伊達さんしかいないと思うんだけど、無理かな。


   ウヴァさんウヴァさん
「手に入れた”俺の”力だ。」
おめでとウヴァ!
「コソコソ~」なんて情けないんだウヴァさん。
微妙に木と同化しているウヴァさん。
まさか、ヒッサーツで倒されないと思わなかった。ナメててすんません。
ウヴァとバースの因縁の対決再びで嬉しいです。
来週、華々しく散ってくれることを期待してます。

だから真木博士は、他人を器にするのはもう諦めたほうがいい。もう、自分がなるしかないよ。


   あにいもうと
メダルの落ちた跡が、まるで架け橋のようだ。
アンクが完全に比奈ちゃんの心を慮っているのは、人間になるフラグだよね!ね!

「そう思うのか」、に対する返しが「だって、今そういったじゃない」はうまいと思う。
当たり前の感覚を伝えるのに一番いい。
比奈ちゃんが戸惑ってるのも相まって。
そして、アンクの驚いた声。嬉しそうな、でも皮肉めいた顔。
二人がこんな関係になるなんてなあ…。

「俺が~」は映司に対してでした。よかったよかった。
使えるバカ再び、で嬉しいな。
あなたがいないとあの強欲さんは限界知らなくて駄目なんです。


   予告
「お前がやれっていうなら」
「アンク。
お前が、本当にやりたいことなんだよな」
冒頭で寂しげに満足気に微笑むアンクが。
比奈ちゃんの暗い顔が。
あのリーゼントっぽい女性は!?知世子さん?!
タジャドルとアンクが謎空間にいる。
究極のタトバコンボ?!
ギルの後ろにある機械?はなんだ?
なんでこんなに切ない音楽なんだ!!!

なにがあっても来週受け止めるから。
どうかどうか、良き終末を。




フォーゼ楽しみ。と言ってないとやってられない。
改めてオーズの番宣見たら、今感じてる魅力を微塵も感じなかったから、きっと大丈夫。
やっぱり蓋を開けてみないとわからないものだなあ…。
この時期になると「魔少年フィリップ」に爆笑した記憶が蘇って仕方ありません。

テーマ:仮面ライダーオーズ
ジャンル:テレビ・ラジオ

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

情報源

ブログ内検索

リンク

『眠っている暇はない』
ここ。リンクフリー。

banner.jpeg


『照柿色の夢の中』
小説等々移転先。GENOの心配はないようです。

banner
携帯変換
QR


『神の火を抱いてマークスの山へ翔べ』
旅、カレー、映画、美術館などなど
※ノーバナー

ページトップへ