ブログランキング
眠っている暇はない|旧ライダー

913の日だよ、ゼクター集合!

2014.09.13 22:30|旧ライダー
今年の913祭りは税込12960円のカブトゼクター開封!

当のザリガニはファンからカイザのボックスもらったらしいけどな!あれくそ高いやつだよ羨ましい!?


この記事が昔の買い損ねた方の参考になれば幸いです(三軒茶屋風)


まとめ画像、携帯につき画質悪いけど気にしなーい☆
kabutozecter.png



変身ポーズをとろうとしたら左右がわからなくなったので一旦中断。
あと「キャストオフ」(セルフ音声)と角をひっくり返そうとしたら結構な力を必要としたので折れるのではないかとひやひやした。



ちなみに箱に乗ってるのは「左腕のキヨちゃん」というガチャガチャ
発見して大興奮でガチャガチャしたら無事にアンクが出て一安心。
これ新商品なのか、またやろう。



ドライバーないし放置して液漏れ怖いしで電池入れてないので音声についてはナシで。
外見だけの感想。

一万、安いな…。

買って正解だった。
届いたときは「なんでこれ買っちゃったんだろう…」と買い物中毒患者みたいなことを思ったんだけど、半年前の自分GJ。

塗装が割とちゃんとしてるんすよ。例のマジョーラっぽい感じが出ている。
当然とはいえ劇中再現もできるし。
なにより、なんの不安も持たずに腰にベルトを巻けるのがうれしい。ぴったりだった。
箱の高級感もたまらない。

残るはオリジナルにはなかった音声が付いてるかどうかか。いつになったら確かめられることやら。ドライバー買わな…


子供のころにベルトを買ってもらえなかったので…といっても既に腰にベルトが入るか微妙な年齢ではあったが、大人になった今手に入れられて正直とてもうれしい。
あとOOOドライバーも未開封のやつあるんだけどどうしよっかな。


テーマ:特撮ヒーロー
ジャンル:テレビ・ラジオ

ブレイブブレイド・3940話

2014.03.25 20:00|旧ライダー
シャンゼ3536:「超光戦士シャンゼリオン」は現実世界で撮影されていた…?天丼と見せかけて話が二転三転、さりげなくるいの降板にも触れ、傘まで回収。
なにこの気持ち悪い話…。まさに、「見る勇気、ある?」がふさわしい。
35話でガールフレンド達の母性本能をくすぐり大勢から手助けされていたのに対し、36話では人々から石を投げられる暁。なにか意味あるのかな。

ゴーオン4344:行動を見ればステキなサンタさんなのにべらんめえ口調で台無し。そこがゴーオンジャーである。
先週から大翔のギャップ萌えを狙ってるの?と言わんばかりのエピソードてんこ盛りなんだけどなんなのなの。でも早輝が一番可愛かった。

メガ2728:瞬が珍しく優しくてかっこいい。
28話にはにやけざるを得ない。ジュース飲んでほしかった…!まんざらでもない千里と耕一郎を、うれしそうにからかう健太たちは学生戦隊の醍醐味。さりげなくみくもアプローチしてたのにな。それにしても最近耕一郎の株が爆上げである。
メガシルバーのように制限時間があるから軽々しく変身しない・ヒーローが遅れてやってくる展開好き。
イエローのスーツ上半身がびしょ濡れなのがやたら気になった。ブレイブ汁…

ダイレン3:赤とピンクが二人で出て行ったんですが…。
スカウトされた戦隊なので「敵を倒す」意識が薄いのも納得してるからそれはいいとして。問題は、戦隊なのに二話完結多すぎ。

BFJ:イイハナシカナー?

デカレン:ああ、確かに怪奇大作戦だ。それに気付いたらとたんにつまらなくなったが、SHTらしくない面白い話だったと思う。

マシンマン:せっかくの海回なのに水着…。



【WSP特別編】
25話。靖子女史が脚本家をめざしたきっかけの話と有名なので、結構期待値があがっていた。その期待は全く裏切られなかったどころか上回った。すごかった。
今まで見てきたWSPでも一二を争う話だと思う。脚本的な意味では「19話・愛と勇気の~」も、突っ込みどころがありつつも丁寧だったお気に入りの話。JPメインの宮下氏だからかな。刑事ドラマ的には先週の「23話・父のマンガはがき」が一番。

「君のために泣いたロボットがいたことを忘れないで欲しい」
刑事として生まれなければよかった。からのさよなら。
「ロボットは幻覚を見ない」「回路がショートした」とあくまでバイクルをロボットの立場に留めながら、雨を降らせバイクルの涙を表現し、ウォルターも「ロボットにも泣きたい時がある」と言わせ、最後にとうとう、バイクルはまゆみのために泣いた。そして、仲間たちは皆それを無言で見守った。
胸が詰まった。陳腐な話ではあるんだけど、流れと見せ方がすごかった。
って扇澤氏はJPの「翼をすてた天使」ことエンジェル回の人かああ!!暴走セーラー服にGG爆散話も書いてるじゃないか!!そりゃ泣けるよ!感情を持ったロボットを書かせたらこの人の右に出る人がいるのか。

そんな一言で片付けてはいけないと知りつつもかわいい。でもウォルターのほうが好き(えー…)。ちょいちょいカットインするウォルターの無言の動きが愛らしくってね。と思ってたら岩田氏はビルゴルディの人でもあったのか。
中盤、竜馬たちが窓から覗いた時に見えたまゆみの気迫にゾクッとした。
あとなんとなく普段より本部長の顔が表情で語ってる気がする。監督がいいのか普段からこうだったのか。
まゆみは一体どこからそんな火薬を手に入れた(作った?)んだ…。

高山にはお咎め無しか。法に触れるようなことはしていないだろうし、なにより良くも悪くも人間らしい人でもあった。
願わくば、バイクルの涙でまゆみが少しでも救われますように。

すごいどうでもいいと思うことなのだが、いぱねまの一年後に放映していた番組とは思えない(※同年はポワトリンだが未視聴なので)。この二作から読み解ける時代背景を述べよと言われても何もわからない。この二作に夢中になった子供がどう育つかもさっぱりわからない。

26話・麻薬シンジケートなんて単語が東映特撮で流れるなんて…。



【剣3940話】
剣崎と橘さんはどうして二人揃って窓の外を見つめているんだろう…相変わらずおかしな師弟だ

広瀬父は思うと悲しくなる。
トライアルBでありながら、「広瀬義人としてすべきこと」。
愛する娘を振り払い、少年を犠牲にして。
「自分に何をした」他人から加えられたのではないと、記憶を捏造した…された?己を改造してまで妻を救いたいと、そう思い込んでいる。
悲しい。

【今週の睦月】
天音ちゃんに「サイッテー」、虎姐さんから「サイコー」。
虎姐さんに心を読まれて逆ギレする睦月。坊やという言葉がぴったりだ。
そんな睦月をゼロ距離に近い至近距離から後輩を撃つ橘さんは鬼。

【広瀬家】
「キミのことが大好きなんだよ」
広瀬父からの剣崎への言葉。それは、どんな立場で言っているのか?

おいかけてくる父にあえて「お前」という乱暴な言葉を使ってるのは、父の姿をした父を否定したいから?
何度見ても「シオリ!シオリ!」は怖い。
でも、やはり父は父だった。

だからこそ、「後悔しない?広瀬さん。」
広瀬さんが「こんなもの」と言い放ったデータは、いまはもういない家族との思い出。
それをあっさり消すのではなく、きちんと確認しているあたりが好印象。
一般人目線の虎太郎がいるから、物語を安心して見られる。

【戦う理由】
「見よう見まねだよ、ただの」の言い方がかわいい。
戦いではなく天音ちゃんたちとの癒やしの時間を優先した始。我慢をやめて、始と一緒にいると決めた天音ちゃん。それを不安げに見つめる遥さん。
確実に変化は訪れている。

始さんは剣崎のピンチに天音ちゃんを振りきって飛び出るのであった。睦月はいいのか…。

タグ:仮面ライダー剣

2014.03.18 15:24|旧ライダー
初代。
変身ポーズがない・ショッカーがいないのは知っていたのだが、「本郷武は~」ナレーションがない・爆発がないのは知らなかった。いつ入るんだろう。


アクションきれっきれというか、衣装が薄いからできるんだな。
とはいえやはり殺陣が見所。目が釘付けになる。

Aパートで緑川博士を助けに現れた仮面ライダーには鳥肌が立った。かっこいい。むしろBパートの変身シーンがあっけなさすぎた…。
ストーリーについては漫画版・SPRITSで知っていたとおりかな。漫画版だと立花さんが執事になってて度肝を抜かれたが。

名作だけどだれると聞いているので、どこまで見られるかな…。

ブレイブブレイド・3738話

2014.03.17 22:17|旧ライダー
シャンゼ:天丼は基本。さっぱり頭にはいらない解説がバックに流れていて腹筋が痛かった。このノリ好き。
「お前には人を不安にさせる何かがある」。名言。

メガ:耕一郎かわええ。ぐいぐい距離を詰めていくスタイルは誰指示なのか萌える。

ゴーオン:アニィ、結婚しよう。ワメイクルがいい子のままでよかった。
美羽のコスプレはリアタイで爆笑した記憶。まさに、「時事ネタはすぐ風化するぞ」な話。熱湯風呂とか久しぶりに思い出したよ。

WSP:23話は途中から刑事ドラマを見ているんだったかと錯覚した。特撮的には24話は王道な話なのにすごい荒い脚本に見える。そしてあいかわらずよく飛ぶ竜馬さん。

BFJ:余命幾許の医者が「生きたい」とエゴスに手を貸す…。この前の話しといい色々リアルすぎる。そして神さん渋い。
怪人に惚れられるマリアのセクシーさ。魔法組といい、この頃は詰め込み教育が問題となっていたのだとよくわかる。

デカ:チョーさんの話が非常にいい話。ジャスミンの残留思念が果たして本当なのかどうなのか、それを考えるのもいいだろう。
変身は乙女のたしなみ。…スワンさんはプリキュア説?
スワンさんとドゥギーの距離感が本当に好きで好きで。ラストシーンでちょっと照れてるようにみえるマスターに萌えつつ、キグルミでそんな感情表現が出来る役者お二人に脱帽。




【剣】
なんでこんなに面白いんだろう。本当。

【剣崎・始・橘】
始がまるでヒロイン扱いだったのは37話まで?
「今度は俺の番か…!」
ということで、38話は剣崎が守られる側に。冒頭で橘さんに、終盤では始に。
橘さんは剣崎を守るという使命を見つけたから再び強くなった。この人はきっと自分のためには戦えなくて、人のために理由を付けないと強くなれない人なのだと思う。剣崎とは違う意味で。
ジョーカー化を乗り越え、天音ちゃんとの絆を確信し、剣崎に救われた感謝を抱いて、始は剣崎を守る。彼をもう一人の自分にしないために。

ラウズアブゾーバーを睦月に渡し、ベルトとその身を橘さんに預けてまで始を救いたい。
橘さんに言ったように「(始は)運命と戦っている」が故、手を貸してやりたくなるんだろうけど。
なんなの?恋してるの?と冗談抜きに聞きたい。

始さんと天音ちゃんの相思相愛っぷりには勝てないけどな!!!


38話ラストで、剣崎は決意を再び固める。
「俺は仮面ライダーです。これが運命なら、負けたくありません」
それを聞いて僅かに目を見開く橘さん。変わらぬ視線で直視し続ける始。
橘さん的には剣崎を守らねばと思っていたが故に、ベルトを掲げた剣崎に驚いたのだろう。
そして、剣崎のばかみたいな一途さを知っている始は驚かなかったと。

剣崎としても、始が協力してくれて、橘さんが「人間の過ちを正せるのは人間だけ」と背中を押してくれたから、迷いを断ち切れたのだと思う。


【広瀬善人もとい、トライアルB】
愛する妻をよみがえらせるため、アンデッドを蘇らせた広瀬父。
剣崎も橘さんも愛しい人を亡くしているから、広瀬父を責められない。というか、できないよ、誰も。
ただ手段をあまりにも選ばなさすぎた。それも機械だから、と片付けてしまうのは簡単だけど、そうでないと思いたい。
実は記憶を持っているだけのトライアルB。すごい複雑な心境なのではないだろうか、広瀬父。

扉の窓越しに橘さんと会話する広瀬父もとい春田さんが怖すぎる。意図して瞬きを減らして目をかっぴらいているからか。
源流さんと同じ人とは思えぬ…。(ダイナ未視聴)


【もう一人のジョーカー】
狂ったように笑い、獣のように戦い、咆哮するキングフォーム。
これがアンデッドに乗っ取られたということか?
だが、始に向かって剣を振り下ろせないかった。始の言葉が剣崎を人間に戻した。

正気に戻って真っ先に始の心配をする。
それを見て、橘さんが憑き物が落ちたように笑ったのが印象的。


【睦月】
本筋にほぼ絡んでいない睦月ェ…。でも睦月がいないと息が詰まるという。損な役回りだ。

変身し続けると、もう一人のジョーカーになる。
その力を狙う睦月は、「アブソーバーなしでも最強になれる」というのがどれだけ危険なことかわかっているのだろうか。
力に目が眩みすぎ。

虎姐さんは記憶以上に気さくだった。そして非常に頭が切れる。
睦月が甘えてしまうのも当然だ。

タグ:仮面ライダー剣

ブレイブブレイド・33~36話

2014.03.10 21:09|旧ライダー
二週分まとめて。




ブレイブブレイド3536話
ダイレン:亮の声の素敵さに驚く。詰め込みすぎかつ二話に続くなんて大胆な。こんなに説明不足で場面展開早くてわけわからないのに面白いんだよな…すごいな…。

RX:最終話。
バイオチートすぎる。装置からの脱出シーンには思わず酷いと声を上げてしまった。敵と味方のどっちを応援していいのかわからない作品だな。ラスボスのが見られて満足です
そして火薬大爆発に大爆笑。いや、予算を余らせるのは素晴らしいと思うが、よく次郎さん生きてたな…。
で、鍛えすぎてDCDではああなったんですねよくわかりました。

メガレン:異世界交流物に弱い。次はゴーオンでも…。
そしていよいよシルバー登場!お兄さんキャラで非常に楽しみです!!

BFJ:宗教怖い。ケニアの愛くるしさは一体どこから…。
38話の冒頭のよくわからない怖さとさらっとヘッダーが復活してるのとBFJの仮装がカオスすぎて何が何やら。あといつのまにか神さんが仲良くなってる。

マシンマン:男二人の「だーめ」に悶え転げた。
そしてボールボーイが約1kgもある事実にびびる。重い…。当時はボールボーイの玩具もあったのだろうか。

WSP:純子さんはいまいちとらえどころのない人だったけど、正義感と強さのあるステキな人だった。なにより台詞がかっこいい。
そして六角警部…。必死に庇ったバイクルがかわいく、ウォルターの頑なさも可愛く、本当にロボットなんだろうかと疑う。

ゴーオン:当時夏映画を見て本編見てうひょーとなってた思い出はあるがいかんせん今回はぽかーんである。当時は烈鷹がたっくんと気付いてもなかった…。

デカレン:どうも、バンは一人で突っ走って仲間の大切さを知ってまた一人で突っ走っての繰り返しに見える。「あの子」との約束のためで、仲間もそれを許容してるからいいのだろうけど。



【剣35・36話】
たこ焼き編以降はちゃんと見返さないとまずい…。
しかし、何故こんなにおもしろいのか。

キングフォームの力=アンデッドと融合する力?
それを察知し剣崎に届かない制止の言葉を投げる始。
そして、苦悩の甲斐むなしくついに目覚めたジョーカー。

始さんが剣崎のキングフォーム化を止めようとしたのは剣崎を思ってなのか。
天音ちゃんのことすらわからなくなる。それが目安っていいのか…と思わないこともない。
が、やはり始を人間に近づけたのは栗原親子の無償の愛なのだから、それが欠けるのは非常にまずい。

【人を守るのが仕事】
羽美の服装とワガママで自由奔放なところが合っていて羽美は好き。剣崎は尻に敷かれるのが似合う。

「人類の自由のために戦うとか?」と羽美に聞かれて話をはぐらかしたのは、剣崎が一度は納得した自分の使命を今は否定しているから?

それでも結局は、人を守る。

【ヒーローなんていない】
前回自分がいると周囲が傷つくからと自分から人との関わりをさけようとした。
でもきっと、羽美ちゃんのおかげでそのバカみたいな考えは払拭されたはずだ。

「私を助けてくれるヒーローなんていない」
もし現実に仮面ライダーがいたとして、きっと羽美と同じことを思うだろう。
私だってこんなに苦しんでるのに。辛いのに。助けを求めても誰も現れてはくれない。
けれど、ヒーローになりたいんだと剣崎は言った。
それは剣崎も同じ気持ちを抱いていたから。
その言葉でどれだけ救われることか。

終盤へ向かうにつれ加速する剣崎の自己犠牲の精神は、必死なまでのヒロニズムはきっと、ここで開花した。

それにしたって今エピソードの広瀬さんのヒロインっぷりと「またデートしてねって伝えて」とかわいく去る羽美ちゃんは見ものである。


【クローン】
正義感で行動してるのはわかるが、よけいなこと…と思わざるをえない橘さん。
橘さんは変なところで人を信じて変なところで疑うからな…。その感覚がよくわからないけど、1km先で見てるぶんには面白い。
今回の戦闘みたいに優秀なのも、評価が下がらない原因の一つ。

剣崎への憎悪、嫉妬。
それがあるにしてもないにしても、人によって暴かれるのはキツい。
変な人に協力するからですよう。

続きを読む >>

タグ:仮面ライダー剣

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

情報源

ブログ内検索

リンク

『眠っている暇はない』
ここ。リンクフリー。

banner.jpeg


『照柿色の夢の中』
小説等々移転先。GENOの心配はないようです。

banner
携帯変換
QR


『神の火を抱いてマークスの山へ翔べ』
旅、カレー、映画、美術館などなど
※ノーバナー

ページトップへ