FC2ブログ
トップ画像
三位一体トリニティ アナザージオウⅡ前中編
2019-07-07 Sun 16:04
二週分まとめて。

ジオウ
ソウゴが痛々しくて途中から見られなかった。

一度和解したゲイツ・ツクヨミに「誰?」「ジオウは俺が倒す」と言われる悲しさよ。
「やるべきことは昔と変わらない」というにはきっと、ウォズのソウゴ擁立の策略なのだけど、悲しいものは悲しい。
NTRみたいで…辛い…。

ウォズに裏切られたソウゴが以前のように「ウォズは俺の味方でしょ」と飄々と出来なかったのも辛い。
ウォズはツクヨミちゃんやゲイツがクジゴジ堂を出ていって尚隣にいたからな。
それに、「未来の俺」の傍にいると確定してると思い込んでいたのかも。

案外、ソウゴくんの弱点はある意味未来の話?


飛龍くんのいまいち抜けてる感じが気に入っている。
無警戒に手に持ったウォッチを案の定快盗に盗まれるあたり。
スウォルツのおちょくりにも気付かず「そうだろう(ドヤァ)」「違うわ逃げられただけだ」と謎の上から目線を貫くとこも。
放っておけない感じ?
どうにかしてソウゴといい関係になってほしいが、アナザージオウ編を見返すとソウゴの説得に泣いてるんだよね…あれは仇に慰められた悔し泣きだったと思うとなかなか難しいかもしれない。


戦闘。
ゲイツと共闘するディケイドの蹴りが良かった!
腰が入って足がぴーんと伸びていた。
いかんせんディケイドに関してはインプリンティングがあるので、ぴn…マゼンタの脚が好きなのか、スーアクさんのアクションが好きなのか、ディケイドのスーツそのものが好きなのかは計りかねる。

地味にゲイツの攻撃で倒れるディケイドに笑った。


もはや門矢士が活躍してもなんの話題にもならない。
アドリブを要求されたからってレーズンパンのレーズン取り除くんじゃない!!!




この二週のリュウソウジャーが熱い。
東映特撮における脚本(家)が重視されるサンプルになったのではないか。
というのは置いておいて。

D-1oIiZU0AAo5nm.jpg

ああああああああああああ
メルト絶対許さねえ!


放送後メルトにガチ殺意を抱き
オトちゃん可憐なお顔して子孫の作り方知ってるのと絶望し
最終的には合法ロリ最高だぜとなった。
123歳最高だぜ。

モッサッサーが子作りの仕方を教えててもよし知らなくてもよし。
性癖的にはお兄ちゃんより知ってるとよし。
メルトとカップリングされるかはライブ感に任せるしか無いが今回は荒川脚本なのでなかったことにされてもおかしくない。そのへんは。
メルトは確実に耳年増。
というか、メルトの相手は肉(両面焼き)系女子だとばかり・・・。

この前upされたばかりのGirs2と比べるともうね。


最近アイドルばっかり見てたから一曲踊れるのが普通だと勘違いしていたがいくらJCといえど後半から腕があがらなくなってくる。
ランドセルより重いもの背負ったこと無いんだと思う。
最後の方よたよた~としてるのがジュニアモデルって感じで。
背景の10Aお約束小汚い楽屋がいい味を出してて。
最高だぜ。


兄ちゃんより芝居がうまいし、小太郎ばりの逸材が来て嬉しい。
これだからニチアサはやめられない。


でも以前からうすうす思っていたが、メイクの大敵F監督はアクションできない少年少女にまったく興味が無いと思われる。
びっくりするくらいオトちゃんの顔しか映らない。せいぜいが合成パート。
もったいない…。

ガールズ戦士の三池監督は、意図してJSを無味無臭に撮影している節があるのだが、F監督は自分が興味ないから撮らないって感じがする。



プリキュアも突然「人間ってどうやって作るの?」と歌い出すし。
釈由美子とソウゴくんが「私達の子孫で地球を埋めつくそう」と言い出すし。
最近の流れはなんなんだろうな。
ニチアサ的少子化対策のなにか?
エレナ先輩のご家庭で十分な気もするんですけど。


以降それ以外のリュウソウジャー。
戦隊御用達荒川脚本&坂本F監督のリュウソウジャー。
…………平凡!ヘボーン!!!!!!


フラれた博士がマイナソーを生み出す理屈がしっくりくる。
絆が生まれるとS極とS極のように反発して近づけないのがよくわかる。
なにより、電気を使って磁極を変えたから合体できるんだという説明がすんなり頭に入ってくる。

すごい!

博士は救われなかったが、親子もカップルも救われてる!

すごい!!!!

リュウソウジャーってこんな展開も出来るんだ!!!!!
リュウソウジャーってこんなにありきたりな戦隊だったんだ!!!!!


もちろんリュウソウジャーが各所にふっ飛ばされてご当地ギャグを放ち、一瞬でアジトに戻ってくるのはリュウソウっぽかった。
でも普通の戦隊といえば普通だな。

「フライドチキン男」のネタが公式で出てきたのでシュシュトリアンを適当に見返したのだが、OP直後から「涼電話すくい」と虫かごで飼われる電話器が出てきて浦沢御大×坂本監督に比べたらなにもかもが平凡だなあと思い直した。
いまのところリュウソウは無機物が喋ってないからな。たぶんトワあたりが無機物に恋すると予想する。



キュウルパパトで獲得した新規視聴勢がリュウソウでばったばった離れていくという話を聞いてさもありなんとは思うが。
「今までフランス料理屋で修業してきた評判のシェフの店が突然日本料理を作り始めたせいだ」という例えにしっくりきた。
質の悪いところは、フランス料理屋のシェフが日本料理をリスペクトして一生懸命勉強しているのが伝わるところである。

早く山岡脚本帰ってこないかな。
序盤にアンチしてた頃がなにもかも懐かしい。
最高最善のジオウ | コメント:0 | トラックバック:0
<<Let'sNoteユーザーにおすすめしたいOVO | 眠っている暇はない | 春の嵐に浮かされる>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 眠っている暇はない |