FC2ブログ



P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2018/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター

平成ジェネレーションズFINAL 舞台挨拶

 当たったから舞台挨拶に行ってきたよ!!!
 最終挨拶だからかみんなちょっと疲れてた気がする。お疲れ様でした。


 ・ごあいさつ。
 「勝利の法則は決まった!」
 「俺が仮面ライダークローズだ!」
 「みんな~!アイドルのみ~たんだよ~」(うろ覚え)
 「(一応やっておこうかな)…では隣のホテルでそのヒーローについて朝まで語り明かそうか
 「授業参観のおかんこと滝川サワです」万丈「おかんじゃねえよ(笑)」サワ「ありがと(笑)」
 
 ホテルで~の瞬間に静かなしかし熱いざわめきが会場を走ったことを報告しておきます。
 
 
 美空ことみーたんが他の演者が喋ってる間もずーっとぱたぱたしててかわいかった。たくさん手を降ってくれた。
 ホテお…幻徳さんは素で声低いんだな。渋すぎて惚れそうになる。
 万丈がいちいち照れてるのとそれを戦兎&美空がからかってるのがかわいかった。
 サワさんは確かに授業参観見てるお母さんだわっていう。特に美空や龍我が喋っている時ににこにこ聞いて的確な相槌をいれてくださって。でも偶にボケる。
 戦兎はさすが俳優経験者だけあって安定感がすごい。アドリブ力もすごい。幻徳さんにがしがし突っ込んでいく姿勢がすごい。
 むしろ龍我のほうが初々しい感じがした。


以下メモ。
映画のネタバレあるよ


 ・印象に残ったシーンは?
美空「神と御成のシーン」「いいシーンもいっぱいあったけどコメディなシーンも多かった」
お姉さん「BGMも決まってましたね~子供あやしてるみたいでしたね」

龍我「グリスが出る前のシーンの戦兎と龍我のやりとり…皆さん覚えてますか?」「覚えてないかー…」サワ「覚えてない人はもう一度見てくださいね」(笑)
全部アドリブらしい。
聞き取れたのは「あれ仮面ライダー?」「こんなに寒いのにいるわけねえだろ!」
お前らは?!とツッコミたくなった

↑に付随して
戦兎「ビルドの現場はアドリブが多くて。」
佐藤太郎の「焼肉っしょー」他は全アドリブ。監督からの指示はなくて、「この人馬鹿っぽいなー」「怒られたらやめよう」のノリで演技したそう。
戦兎「噂だと戦兎より佐藤太郎の方が人気があるとか…」
戦兎がちょっとしょんびりしててかわいかった。
実際に手をあげさせられたのでちょっと迷ったけど戦兎に挙げた。最初はともかく最近&映画の戦兎はとてもかっこよくて頼れる。

幻徳「映画…俺出てました?(笑)」
客席のお子様「出てたよー!」(←何回かすごい叫んでた)
幻徳「出てたかーありがとー。
おじさん怖くないからねー」(手を振りながら)

幻徳「ホテおじって呼ばれてますからね(笑)
昨日妹からラインで巷では髭ローグって呼ばれてるってきて(笑)」
お姉さん「そうやって自分から拡散するからじゃないですか?(汗)」「この方東都のえらーい人ですからね~」


 ・初変身について
龍我は本編変身の撮影がまだで、いかに本編での初変身と「戦う理由」のある映画が矛盾しないかを監督と話しながら演じたそう。
同時変身はノールックでボトル入れるのが難しくて、何回もリテイク重ねたとか。
戦兎「そうそうそんな感じだよなーって見守ってた(意訳)」
サワさんがああ見守ってたね~ということを言っていた。
龍我「戦兎がアドバイスくれて、肩の力入りすぎって言われて力抜いたら刺さるようになって、でもそれからリテイク重ねたけど」
戦兎「実際に映画で見て感動した」


 ・ライダーに出演してなにか変わったことは
美空「ガチャガチャをよく見るようになった」
美空「小さい子がビルドのガチャガチャの前に立ってて、美空だと気付いてもらいたくて『~し』『~し』って言ってみた」
サワ「それアタシと一緒にいた時!」
美空「そうあの時!」(端と端にいたのに指差し合ってきゃーきゃーする二人)(←激萌え)
戦兎「恥ずかしいから!そういうのやめて!」
美空「でも気付いてもらいたかったから…美空って呼んで欲しい…」
サワ「急に一人で『~し』『~し』って言うからどうしようかと思った(笑)

龍我「俺もよくお子さんから話しかけられるんだけど、皆『バンジョー!』って。俺龍我なのに…」
↑「お子さん」と「話しかけてもらえる」を敬語にするか迷った末ぐちゃぐちゃの丁寧語になってたけど覚えてない。とても万丈っぽかった。

お姉さん「幻徳さんも街で見かけたら話しかけていいんですか?」
幻徳「もちろん」
戦兎「スマッシュしないでくださいね」
サワ「あたしされたしな~」(ニヤニヤ
慌てる幻徳さん。
戦兎「あとホテルに連れ込まないでね」(ニヤニヤ
お姉さん「そろそろ暗くなるお時間なので止めましょうね(笑)」


 ・終わりの挨拶
戦兎「今年も、来年も、皆に愛される映画にしたいです。
そのためには皆のご協力が必要です(笑)。
何度でも見てください。僕らが笑顔になれます」(意訳)
お姉さん「皆さんもクシャッとした笑顔みたいですよね」

2000円払って協力しろとか卑しいな!でも戦兎っぽいぞ!
とりあえず前売り買ってしまったのでまた見ますよ。

あとマスターの話もちょろっと出たな。
マスター来て欲しかった!!!!!!


映画の内容についてはまだ整理できてないので後日。
オーズ編が胸にどしりと来て…あまりにも…寂しくて…。
とりあえず一番好きなシーンは「世界は俺達が!」「「「「「&%$#$%&」」」」」」です。
あとオーケンファンにはたまらんかった。

テーマ : 平成仮面ライダー
ジャンル : サブカル

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/743-323a03e8


ブログ内検索