FC2ブログ
トップ画像
言語化出来ないゴーストの感想
2016-09-19 Mon 00:30
一年間、毎週毎週楽しませてもらいました。
それは本当。
だからキャスト・スタッフの皆様お疲れ様でした。

でもなあ…。


キャラはよかったです。
御成の活躍は言わずもながら。
初期は心配だったけどアカリがいいお母さん&お姉さんキャラになって。
マコト兄ちゃんも事あるごとにおもしろキャラを見せてくれて。いやー「昔のマコト兄ちゃんみたいだ…」は名言でしたね。
アラン様のたこ焼き&フミばあのエピソードは屈指の魅力があった。
カノンちゃんかわいかった。
キュビちゃんも存在意義よくわからなかったけど好きだった。人間体があるとは思わなかった。
渋谷と成田も影が薄いながらしっかり活躍して。
タケル殿は脚本に振り回された嫌いはあるけれど、自分より他人が大事な部分が好きだった。

でもなー…。
最後に「死ぬぅ!」「お腹が空いた!」はいいんですけどね。一年見てきた幽体と復活した身体となにが違うのかさっぱりわからない。例えば映司やコウタさんのようにご飯が普通に食べられない描写を印象づけて欲しかった。確かにご飯食べられないだかお茶飲めないだかのエピソードはちょこっとあった気がするけど…。(映画でやってたらしいが見てないので)

前回までお父さん(龍さん)が主軸だった気がするのにいきなりお母さんのエピソード出されても…。しかも「俺は愛されてるんだ!」って別にタケル殿が愛されてない描写なかったよね…?それをアランorアデル様が言うならわかるけど…。

あとなんで突然マコトとアランが負傷してタケル単独で戦わないといけないのかさっぱりわからなかった。あれくらいなら二人共戦えたでしょう。「あれはなんだ?!」「とにかく倒そう!」も何度目だという感じ。
「俺にとっての英雄だ…!」もあーそれがやりたかったのねという納得はしたけれどあの場面で言うことじゃない…。なんかタケル殿を犠牲にして世界の平和を守るみたいなノリでちょっと嫌だった…。

で、ほぼ元凶なのに一切反省しないどころか終始ふざけるイゴールがぶっちぎりで最悪だった。


なんというか…鎧武は中盤以降の展開が暗くて難しくて嫌いなんだけど、そうやって嫌いな点を言えるだけマシなんだなと思った。
ゴーストはなんというか…無味無臭というか…。
初代や昭和ライダー見てた時と同じ感想…。というとすごい気もするがそうではなく…。
三十分=一話だけでなく、一年通して敵が来た!困ったことになった!ライダー変身!苦戦した!仲間の助太刀!勝った!解決!の流れだから一週見なくても平気だろみたいなのが最後まで続いて…。これといって名場面が思い浮かばず…熱く語る(もしくは批難する)エピソードが思いつかず…。アラン様のたこ焼きもぐもぐ変身くらいかな?あとカノンちゃんのコスプレショー。ギャグばっかじゃねーか!みたいな…。

でも好きだったから一年欠かさずに見られたんだ……………。

うううううううううん……………。

来週とエグゼイド楽しみにしてマス…。
旧ライダー | コメント:0 | トラックバック:0
<<エグゼイド感想二週分 | 眠っている暇はない | 祝佐藤心声帯付与>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 眠っている暇はない |