P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

SHT簡易感想 ドライブ33話

ドライブ

   ・特状課解散
とっっってもシリアスなのにホワイトボードの落書きが気になって仕方ない。あれ誰が書いたんだろう。

欲を言えば主人公不在を一話突き通して欲しかったけど、諸般の事情を加味するとそうもいかないんだろうな。
解散しているけど、進ノ介と特状課のことが忘れられないと自然と集まり、ピットに足を運ぶ究ちゃんと現さんが愛おしい。


  ・奇跡の変身
まさに奇跡。
001が信じられない!と動揺するのも無理は無い。ベルトさん自ら、「私もだ」だもんなあ。お茶目。

心は進ノ介とベルトさんで一つ、体はトライドロン、エネルギーは全シフトカー皆の力。
てんこもりにも程があるフォーム。
外見はともかく、足にタイヤが付いててキックするとぎゅるんぎゅるん回る仕様が好き。変身解除するとトライドロンが現れる仕組みも好き。

なにより戦闘スタイルの違いが好き。
挙動の大きかった進ノ介に対して、スタイリッシュな雰囲気のベルトさん。
交互に喋って光るスタイルにWを思い出していたけど、どちらかといえば電王かな?
ベルトさんはまさにウラっぽい。自分はあまり動かずに敵を囲い込むスタイル(かといって進ノ介がモモっぽいわけではない)。
あの一人芝居大好きなので復活して嬉しい!

「おーれーは、アレ食らいたくないな」
「OK、ゴホン、運転を変わろう」「エグザクトリー」
あたりがお茶目でいいよね。しかも交代する理由が軽い軽い。


  ・奇跡の復活
「ありがとう、おかげで生き返った」
さらっと言ってるけどすごいことしてるからね!?
なんで細胞が生きてるんだ、なんでベルトさんの意識が進ノ介の心に取り込まれたんだ、なんでそれで細胞が死なずに済んだんだ。
サイボーグ化しないかなと常々思っていたけど、それよりもとんでもない事態になった気がする。

次回予告で仁良にお辞儀してる時に進ノ介がベルトさんを手に持ってるから、一心同体でないのはわかったけど…ベルトさんを身につけた途端に一心同体になるのかしら。なんかこう…寄生?
それはともかくなんで仁良さんにお礼言ってるんだろう。

当日は進ノ介役の竹内さんがお誕生日だったそうで。
誕生日に復活の撮影をするなんてすごいタイミングだ。ラック値高いというか、持ってる人だ。
おめでとうございます!22歳…22歳かあ……(遠い目)


  ・操られた振りをしていたんだ
信じてたよ剛。本当だよ。

お姉ちゃんに許されて本当によかった。
[私はいつだってあなたを信じてた」に剛は救われたことだろう。
霧子は剛の闇堕ちに気を払わずチェイスにかまってばかりだったのだけど、好意的に解釈すると、剛の行動になにか理由があると信じていたから、霧子が剛の動向にそれほど気を払わなかったのかもしれない。
兄弟特有の根拠の無い信頼。それから、他人優先で身内は後回しが重なったと。
兄弟持ちとしては納得できなくはない距離感だ。
「あいつなら放っといても大丈夫だろう」と思うんだけど、「こういう時はダメだ」と根拠ない確信があって無駄に責めたり首を突っ込むこともある。時々無意味に絡んで構いたくなる(本人的にはかわいがっている)時もある。


剛は進ノ介を見殺しにしたことを悔いていたけど、32話死亡シーンを見返す限り001の復活も攻撃も唐突過ぎて見過ごすしか無かったと思う。
その際に一言も発さなかったのは、呆然としてパニックを起こしてたからじゃないか。
蛮野博士を手に入れるために洗脳されたふりをしている。だから咄嗟に001の攻撃を止められなかった。
そのせいで進ノ介は死んだ。
でもここで本性を表したら全てが水泡に帰す。だから責め立てられない動揺も出来ない。
云々。
泣けもせず喚けもせず落ち込むことも出来ず、一人で感情の処理をしていたと考えると辛くなる。
……裏切りが判明した時に逃げずに「よくも進兄さんを!」と001に突っかかってくれたら俺得だったなあ。

進ノ介復活時に不在で、次回予告でもあまりいいシーンが見受けられなかったんだけど、剛はどうなることやら…。

それにしても、現さんが「剛!?」と声を上げるまで補足しなかったチェイスはやはりチェイスだった。


  ・チェイス
「霧子のために剛を取り戻す」。爆散後に「霧子!」と叫ぶ。
等々、霧子を特別しているフシがあるチェイス。

 31話・対クリム
「(001が)怖くないのか?」
「そんな感情は感じない。人間を守るのが仮面ライダーの使命だ」「お前が教えてくれたことだ」

 32話・対剛
「人のために命をかけて戦う仮面ライダーだとわかった」
「自分の信じたことを貫け、剛」
どうでもいいけど、対剛へのチェイスの声がすっごい低い。
あと「姉ちゃんの笑顔のために戦ってきたはずなのにさ」の、さ、がいい。

機械であるがゆえに迷わない。
だから迷いのある人間を導くことが出来る。
それがチェイスの利点だったのだけど、霧子のことでは迷いがち?
この辺の変化がうまく作用してくれると嬉しいなあ。

それにしても、ドライバーを霧子に取られちゃったから手持ち無沙汰にスピードガンを構えているチェイスはかわいかった。


  ・ロイミュード
001が散った。大物だと思ったら存外しょぼかった。
ハート様が001を信用していない節が合ったのは意外で面白かった。ロイミュード大好き人間(?)だと思っていたので。

あの謎の部屋はなんなの。なんで剥製があるの。あの微妙なスモークっぽい感じは何なのか。投影桜も特に解説されないままだ…。

うっかり忘れがちだが今回も能見もといブレンが大活躍だったなあ。
狼狽える演技がうますぎる。
あのiPadの中に蛮野博士(CV森田)がインストールされているということだが、まさか今までの知的な作戦は全部蛮野博士企画だったんじゃあなかろうな。
仮にも頭脳派なんだから大事なデータなんだからパスワードはかけておこうよ。
去年の主任のパソコンがノーガードだったのを思い出した…。


  ・泊英介殺害事件
001は泊父殺害の真犯人ではなかった。
引っ張るなあ。

001撃破のシーンはきゃっきゃする女の子二人や駆け寄ってくるチェイスやうずうずしてる現さんや見どころはあるのだが、一番はやっぱりベルトさんと進ノ介。
「親父の敵も討てた」「まあ結果論だがね、ふふっ」
ふふってかわいいなあ。心底嬉しそうな声色で和む。
当初は未熟な進ノ介を熟練のベルトさんがリードしていく関係だと予想していたのだが、終盤になってまるっきり逆になった。
過去に怯えるベルトさんの心を、考えるのをやめた進ノ介が癒していく。過去の傷の象徴であるチェイスもそこに加わった。
ここ最近の進兄さんの攻めオーラには参るね、真面目に。

「人の思いを完全に消すことは絶対にできない。そんな人達を俺は守る」
「もう私には迷いもおそれもない」「信じて待ってたぜ」「二人で心を合わせれば、必ず001を倒せる」

その言葉通り、とうとう001を倒すことができた。
だが、「父親を殺した犯人は私ではない」「これから知る真実に恐怖するがいい」…うろ覚え。
捨て台詞を吐いて散った001の存在意義は…微妙…。
ハートたちに超進化体の存在を知らしめるためだった。
気になるのは、人間を手玉に取ったような001を貶める人間がどんな人物かということ。…Nさんかなと思っているんだけどどうかな。大穴Hさん。無名のモブだったらどうしよう。

泊父殺害の真相ははたして、人間が001に指示したのか、それとも001に操られた人間の仕業なのか。
前者の場合、何故001が泊父殺害の記憶を改竄するなどの協力体制をとったのか。
後者の場合、のうのうと警察として働いているのは001に殺害の記憶を消されたからなのか、根っからの悪人なのか。

テーマ : 特撮ヒーロー
ジャンル : テレビ・ラジオ

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/691-0a18a544


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload