P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

V3とライダーマン2

Xが配信されてるよ!見よう!
ぶっちゃけXの魅力は1話と2話にあると思っている。昭和で一番好きだけど。



V3は全話をちゃんと見たわけじゃないが好きになれなかった…というか、持っていたイメージを覆せなかった。
V3のスーツが最後までかっこよく見えなかったのが本当に痛い…幼少期の刷り込みって怖いなと思った。なんで怖いと思っていたかは永遠の謎。
スーツのデザインの良し悪しは視聴に関係ないだろーと今まで思ってたけど、殺陣見るのが苦痛になるとライダーの魅力半減どころじゃないと学ぶ。

V3のスーツが怖いに加えて。そしてSPIRITS序盤の影響で風見さんにいい印象を持っていない。ついでにストロンガーの最終回絶許なのでV3にいい印象がない。
V3とストロンガーの見る順番を逆にすればよかったとつくづく思う。しかもあの下り、風見さんは悪くないし…多分……でもストロンガー好きなんだもの……。

でも風見さんかっこよかった。強がってるけど弱いところもあるのが好き。
リアタイ世代の永遠の(?)ヒーローになるのはよく理解できた。
それがわかっただけでも収穫。



以下、配信で見たV3のお話。
ざっくりにしたけど6話分くらいあるから長い。

4546話

前回「結城さんが捕まるの楽しみだなー」と書いたが、裏切られたばかりだというのにほいほいデストロン怪人のいうことを鵜呑みにして風見を誘き出す結城は下手なヒロインより足手まといじゃないのか。
しかも毎度のように「こいつは俺が」「いや俺が」するし…。


それはともかくこの回の見どころはここですね!
V345話 (2)V345話
責任者を呼び給え!!!!

ショタレオタード…レオタード?ブルマに脳内変換するけどえろえろですな。
しかも鞭で打つ。
やばいよやばいって。このシーンだけ繰り返し見てしまった。キャプの画質が悪いのが悔やまれる…。
46話で男の子の頬に傷が付いていて痛々しいんだけどそれはそれで。


ここで終わりとおもいきや、V3とライダーマンの愛憎劇は続く。
ナレーション「彼の愛したデストロンはまさに憎むべきものだったのだ。
その敵、仮面ライダーV3はまさに愛の救世主だった」
?!

45話でもデストロンを庇い、46話でも信じてほいほい付いてきた結城。
捉えられて殺されかけてようやく、デストロンが悪の組織だと気付いた。
命を救ってくれた風見、仲間だと言ってくれたV3は、愛の救世主だった…。
愛、愛ってなんだ、どこから出てきたんだ愛。
デストロンを愛する愛が風見を愛する愛に変わったって言うことか。

「科学の力で人間のユートピアを作る」と、大首領にまるっと騙されてた結城さんは償いを申し出て、「目が覚めると信じていたよ」と言ってあげる風見は確かに聖人だ。



48話49話

お約束のデストロンからの年賀状。
書いてあることはとんでもないし、住所が書いてあるのも罠だから、本編見ると笑い事じゃないね…。

結城さんSPIRITSから見るとびっくりするくらい敬語使ってるんだけど。
そして冒頭で「結城さん宛のはないの?」ガールズに聞かれるくらい立花スポーツ店に馴染んでおられる。

この話は代々木体育公園で待ち合わせるライダーマン・V3・ヨロイ元帥のシュールさが際立つ。
なんでそんなところなのか。
車で移動するのか。
目立つショッカーに見張りさせていいのか。

そして未だにデストロンを盲信している結城さんにむかっ腹。


51話
結城さん退場回。

結城さんは最後まで首領のことを信じていたんだなあと…馬鹿な子だなあ。
首領直々に引導を渡してもらえて何よりだ。

それにしても何故「ヨロイ元帥…お前はザリガーナ!」とV3もライダーマンも一発でわかるのか。テロップでも出てるのか。

前半でV3を救った科学者(医者?)がデストロンの手下として手を汚したから生きてはいけないと言い、V3がそれを承諾して救い出さないところは好き。
なんていうか、どんなに地に付しても汚れても、誇りは大事だ。旗から見たら滑稽でも、それを守り抜くのは大事だ。その滑稽さを尊重するのも大事だ。

色々あって時間切れになり、自分を犠牲にし、プルトン爆弾を安全な場所で爆発させるためにロケットに乗り込むライダーマン。
「あ、ロケットが飛んで行く!」ってマヌケな最期だ……。

「君は英雄だ。オレは君に、仮面ライダー四号の名を送るぞ!」
というわけで雄々しく散ったライダーマン。
思ったより出番短くてびっくり。

基地に潜ってからのV3の殺陣が好きだなあ。それだけに次回が…うーん。



2話
「で、結城は?」と開始早々に地雷を踏むおやっさん。
仮面ライダー四号の名を送った、冥福を祈ってくれと頼む風見。
前回はあっさりめの別れだったがこうしてライダーマンの死を意識してくれる演出はいいなあ。
風見が死んでも結城が英雄になったことはおやっさんの口を通して伝わる。
実際おやっさんが子供たちに講釈たれてたことあったものね…ストロンガーだっけXだっけ。

ライダーマンがいなくなった途端にジュンコちゃん他が誘拐されてしまったのはお見事。
ジュンコちゃんのためにもライダーマンは生き残るべきだったな。

結城だけでなくジュンコちゃんたちを逆さ吊りにして液体に浸そうとするヨロイ元帥は、そういう性癖をお持ちなのだろうかと疑ってしまう。
撮影大変そう…。
V3のバイクに乗り込むおやっさんは一体どうやってあそこまで行ったのだろう。でもおやっさんとV3のWジャンプは熱かったからまあいっか。


最終回の一番の不満はラスボス戦のしょぼさだよ。
ヨロイ元帥しょぼい!
こんなに簡単に手足もがれるのかよ…甲羅崩しってガキの喧嘩かよ………しかもV3が全然ダメージ食らってない……。
SPIRITSのおかげでヨロイ元帥の甲羅はクソ硬いと思っていたので唖然としてしまった。

そのうえ、「死神は地獄に行け!」と罵倒されあっさり手足をもがれ心臓を破壊されあっさり死んだ首領。
えええええええええええええ…………。
テープレコーダー出てくるし…どういうことなの。

で、V3は巻き込まれて死んだとおもいきや普通に生きてるわけで。ライダーマンの死はなんだったというのだ…。
Xの最終回はこれのオマージュだったのかな。遺書の誤字は一生忘れないし一生言い続ける。
ナレーションの「いずくともなく」が時代を感じさせていい。


結論。
51話52話とザコ怪人を倒しショッカーと戦いヨロイ元帥を倒し更にショッカーと戦いバテないV3は本当に歴代一強いんじゃないかと思いました。仲間死んでも平然としてるメンタル持ってるし。



C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/689-f7dc44bc


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload