P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

血界戦線アニメ中間感想

アニメは不満も色々あるけど、よかったことのほうが多すぎる。
トータルだと80点なんだけど瞬間最大風速は100点を上回る時が多々ある。
ていうか、あのOPとEDだけでも恐れ入りましたと土下座するレベル。


でも、血界戦線は漫画もアニメも初期が微妙で後になるとぐいぐい面白くなるからとても人に勧めにくい。勧める人いないけど
とりあえず漫画は2巻、アニメは4話まで待ってくださいそこまで見て合わなかったら切って!
でもその後の話超面白いんスよ。Zの長い一日とか授業参観とかランチとかHLピタゴラとかホームパーティーとかジャンプ読み切りとかバトラーとか10巻とかとか!


  ・アニメ
血界戦線アニメが目指しているのは、洋画(予算少なめのミニシアター系作品)なのではないかと思う。
間合いやコンテや雰囲気が普通のアニメではない。
例えば、引きが多い、カメラがあまり動かない(会話シーンで一々キャラに焦点を当てない=後頭部に喋らせる)、絵での説明が少ない、モノローグが少ない、背景が色んな意味で細かいなどなど。
ただ、この漫画の台詞がクソ長くてセリフで説明する場面が多いせいかちょっと滑ってるのが残念。
でも、そこもひっくるめて好き。


  ・漫画とアニメを比べて
血界戦線の魅力は色々あるが、特筆すべきは人がえげつなく死に街が常に崩壊するどシリアスな事件を適当な軽いノリで片付けて知らないうちに世界を救う点だと思う。
間違っても仲間と世界を秤にかける悲劇は起きず、誰かのミスで世界が崩壊することもない。
ニコ動で「週刊世界の危機」というタグが付けられていたがまさにそのくらいの軽さ。

アニメはそのシリアスな事件をシリアスな雰囲気で片付けてしまうのが不満。
特に3話のプロスフェアーは顕著で、作者ですら設定を把握してないようなとんでも盤上遊戯に1000年を費やす馬鹿に99時間対向する生真面目馬鹿が引分けして実はHLを救ってるんだよアハハ~そんなことで発覚しちゃうAS売買人かわいそーってノリだと考えているので、KKのマジ泣きやBGMは過剰だった。
逆にハマっていたのは5話で、壮大なBGMを背景に空中分解しながら飛ぶモンスタートラックは大爆笑した。そうそうこういう感じ。


  ・アニメ
アニメになってよかったのは色ついたことと声の演技と背景。
色ついたおかげで漫画のほうの読み解きが相当楽になった。
アニメがなかったら10巻のバトルシーンですらよくわからなかった。
カーチェイスとかブロハマのただパンチあたりはなにやってるかわからなかったもの…。


声の演技の良さはたくさんあって、久しぶりに声オタ&ダメ絶対音感を取り戻す勢い。
特にザップとスカーフェイスのハマりっぷりがすごい。
8話のザップの屑っぷりとイケメン演技をしている演技には平服いたす所存。冒頭から屑さを見せつけられるとは思わなかった。ザップの屑いところは苦手なのであの数分がすごい苦痛で逆に言うとそう思わせてくるアニメスタッフの技量は大したものだと実感した。
7話だと、ザップの白々しい演技や、ザップをボコってから「やあレオくん」と呼ぶ旦那の声からにじみ出る優しさ(があることによって際立つ旦那のザップのいい加減なあしらい)とか、終盤のBB出現した時のレオの声とか、すごくいい。
6話もネジの声は予想外だったけどボコられた時とその直後の「忘れたくないから!」の声はたまりません。
声関係ないけど5話のスティーブンの凍りついた息吐きの色気はすごかった。原作も相当だったけどアニメはとても色っぽかった。5話はアリギュラちゃんも若返るわピンクだわ声が絶妙だわトマト味噌だわで最高だった。

背景は美術画かと突っ込みたくなるような絵柄と要所要所に差し込まれるネタがすごい。
7話のカフェのシーンに授業参観の親子がいるとは思わなかった。あとどこかにNIGHTOW先生がいるらしいですね。


   ・ホワイトかわいい
ポスターで見た時は満場一致でホワイトちゃん死んで終わるな…という感じだったけど始まってみれば一転、オリジナルキャラだとわかっていても大好き&ハッピーエンドを望むなキャラになった。
かわいいなあホワイトかわいいなあ。例え仕組んだものだとしてもレオと出会えて本当に良かった。
ブラックはかわいいと萌えていると痛い目見そうなので様子見。
こんなに気になるアニオリ展開ってそうそうないしまさかレオとホワイトくっつけ!今だそこでキスだ!などと思う事態は予想していなかった。すごい。
本来なら白黒兄妹の考察をしたいところだが気力がないので没。


  ・ツェッドが好きです
次回からようやくツェッド登場、長かった……早く動くところが見たい。
不安なのは声がグリリバということだが同じように不安だったブロハマの宮野藤原コンビもはまり役だったし大丈夫だろう。
いやほんとにもう、声のハマり具合と言ったらないね。アイマス(デレサイ)かよって言いたいくらい(褒めている)。


総括するとアニメはあれだ、レオのクラウスさん好き好きっぷりが増してていいね。
同様にツェッドとレオの異世界交流度が増すことを期待している。あと豪運の出番。

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/685-5db78dbd


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload