P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

荒れるぜ!出発進行!

内容は薄いのにネタ的に濃い映画だった。
上映中にしょっちゅう笑ってたのに最終的に振り返ると面白くなかったというか、地味。
いや前作が派手すぎたんだよとは思うけど。

ざっくりした感想
・仲悪すぎて逆に笑える

・子供戦隊かわいい!

・ウッチー…ウッチー!!!

・これ絶対入ってるよね

・アクション!イアンの崖おりすごい!獣電池でかい!二人乗り!20人!!!!!!

・アミィちゃんマジヒロイン!(贔屓目)



キングはウッチーと同じくらいアミィが好きなんだなあ。逆じゃないんだよなあ…。
と、ベッドのシーンで確信した。
守りたいもの=ウッチーて、カット割りおかしい。


やっぱりキョウリュウジャーが好きなんだと改めて思いました。
もう終わりなんだね…。
二年間、燃えと萌えをありがとう。
それしかない。



ネタバレ感想

最初のキョウリュウジャー登場シーンがのペアだったのは意味あるんですかね!
あれだけでお腹いっぱいでした!!!満足!!!!!



スピリットレンジャープラスα
全く知らなかったのでうひょーーーーーー!!!!!と映画館で大興奮。
ありがとうございますありがとうございます。

トリンと車掌どもが仲良くてそれもそれで。
トリンがいつまで経っても成仏しないんだけどそれならいっその事戻ってきてくれ。

それにしたってトッキュウ側の助っ人がゼット達はないだろう!そんなことするからライトがやみのまするんだよ!!!
ネロ男爵の名乗りに大笑いした。専用バンクまで用意してもらってよかったね!本編見せ場ないしね!
トッキュウはつくづく敵側がに魅力があって困る…。
相変わらずゼットがかっこよくてなによりである。



ウッチー
予告でウッチーが少ないのと、キョウリュウ五人が「ええ!?」と何かを覗き込みながら驚いているのが気になっていたのだが、まさかの赤ん坊化。
いやー、笑った。
なんておいしいんだこの人。

しかも子守のせいで明くんまで戦線離脱してて笑っていいのか萌えていいのか呆れていいのかわからなかった。
ネコ好きな明くんは子供も好きなんだねえ…ああ、トッキュウジャーの世話を焼いてるのはそういう意味もあるのか…。

上記のとおり、「守りたいもの、か…」みたいなキングの独白のカットがウッチーだったのは赤ん坊化したからなの?なんなの?
でも割りとキングの中でウッチーは守る側にカテゴライズされてると思います。実際最終決戦で死んでるし。
イアン以下他の四人は守らなくても死にそうにないんだけど、ウッチーは常に死亡フラグ立ててたからねえ…。

そのあとにひっそり「アミィ」と呟いてくれたのでいいんですけど。


子供戦隊
生身が少なかったような気がする。特にキョウリュウ。
キャスト揃うの難しいらしかったからね…。大変だ。
前作のカラフル軍団がおかしかったんだな。

トッキュウジャーにとって、先週のカグラの夢を踏まえると、一度でも子供の自分に戻れてよかったのか、悪かったのか。
明くんが「俺は大きいから」とでんと構えてあげてたのは良かったと思う。
五人だけだとあまりいい未来は見えないけど、少なくとも明くんがいることで光明は差している。…といいなあ。
子供の姿で浜辺を走り回る姿には最終回を想像せずに入られない…。

それを補うかのごとく、子供戦隊はまさに見どころだった。
役者さんたちは縁もゆかりも無い子たち同士なのに、ちゃんとトッキュウジャーしてて感激。

スーアクもよく揃えたなあ。
構図や取り方を工夫しているのもあるだろうけど、ちゃんと子供戦隊に見えたのがすごい。
アクションもすげえと思ったらツトムさんだのが入ってるらしいので納得。


アクション
ナベカツ遊びすぎだろう。この場合は福沢さんなのか?
いいぞもっとやれ。

少なくとも、トッキュウに足りないのはワイヤーと爆発だとよくわかった。
名乗りの後ろで巻き上がるカラー煙が心地いい。
名乗り爆発に巻き込まれるトッキュウ組には当然笑わせてもらった。

イアンの崖飛び降りとノッさん&ソウジのバイク二人乗りキョウリュウジャーならではなのではないか。
あれはすごかった。ライダーよりライダーだった。
ウッチーの橋ぐるぐるぐるぐるも感心していいのか笑っていいのか。

トッキュウ側だとマイッキーが出てきたのが嬉しかった。でもカグラのイマジネーションがないのはマイナス。
明くんが分岐点を守るためにがしがし殴られてるシーンがやけに印象に残っている。痛そう…。
カグラとアミィのワイヤーてつなぎは萌えた。あれでカグラが懐いたのかな?

やけにカメラがブレたのは気になったけど、上から下から視点を変えて…特にラスボス戦で上空から撮ったのは新鮮で面白かった。
なんでかインマジランドを思い起こさせた。


キョウリュウジャーVSトッキュウジャー
少なくとも前年度よりはVSしていた。
最初から仲悪かったし仲良くもならなかった印象。
最後まで「キング」って呼ばなかったからね。

というのも、元から子供なライト達だけでなく、キングも十分子供だからだと思う。

なにより土壌が違いすぎる。
老若男女人種過去未来問わずに集まった仲間が、一億年前に地球を滅ぼそうとした創造主を倒すために戦うキョウリュウジャー
幼なじみ五人+元怪人が、自分たちの街に帰るために闇に飲まれた駅を救うトッキュウジャー。

敵のスケールも、目標も、仲間たちの絆(やいざこざ)もなにもかも違いすぎる。

そりゃキングからは、自分たちの家に帰るために戦うトッキュウジャーは「遠足」に見えても仕方ないだろう。
キングたちは自分たちのためというよりパートナーたちのために地球のために戦ってきたのだから。
でも、トッキュウジャーたちは「親元に帰れない」かもしれない悲観を抱えている。
その悲しみはむしろ、ゴーバス組の方が理解してくれたかもなあ…同じ脚本家だけど。
その辺の認識や常識や価値観の違いがすりあわされないまま別れてしまったのは残念。


キャンデリラとラッキューロ
この二人の将来としては、ファイナルステージのゴミ拾いがどうも印象に残っている。
「なにしたって嫌われるじゃん」と諦めてたラッキューロの力で地球が救われたかと思うと感慨深い。

戦う道を選ばず、「人間の笑顔のために」祈り続けた彼女たちは、一年経ってやっと賢神の名がふさわしくなった。
しかし、創造主が消されたのによくキャンデリラたちは生き残れた。よかったよかった。

弥生ちゃん真也先生優子さんダンテツを呼んでくれただけで足を向けて眠れません。
ありがとうマジでありがとう。
というかオヤジはよく来たな!


アミィちゃん
相変わらずかわいいなあ。

キングと二人で登場したりとか、大事だから一緒に戦いたいとか、キングにこっそり名前呼んでもらえたりとか、いい感じにいい感じ。
なーんにもないいい感じ。
最終話以降お互い特になんの進展もなく過ごして、弥生ちゃん一人がやきもきしてるんじゃないだろうか。
お互い「大事」という認識だけあって、それだけ。
他のキョウリュウジャーズも急かしたりそそのかしたりするようなこともないだろうし…。

「またひとりでいっちゃったの」がエロく聞こえる私は死んだほうがいいなあって思いました。




トッキュウジャーはともかく、キョウリュウジャーの今後については語られる機会がなくなってしまった。
どうなったんかねえ…。

・デーボスのような存在を再び産まないために今まで準備してきた
・ゾーリ魔と戦って「この感じ久しぶり」

というセリフから単独行動を取りつつキョウリュウジャーしてたのかなという推測。
映画でペア組んでたキングとアミィ、ノッさんとソウジで仲よかったらかわいいよね。
アクション面ではイアンとアミィがペアなのがたまらんです。
初期の頃の黒桃めっちゃ好きだった。

その辺は今後も妄想しつつ、いやもうほんとに、二年間ありがとう。

テーマ : 特撮ヒーロー
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag : キョウリュウジャー 

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/653-7637141b


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload