P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

ピカレスクロマンと王道と

どうしても、ルルーシュが悪い方向に向かっているとしか思えないということを長文で語ってみました。思いついたことをつらつら。
あ、次の00の題名って∞だと思うんですよ!ゲーム的に。


   嘘の無い世界と優しい世界

ナナリーが本当の妹であったこと、というかアーニャがそうでなかったことに安堵しました。アーニャも好きなんですが。
嘘をつかない世界。ありのままの世界。ベクトルとしてはエヴァの人類補完計画と同じ。きっと今の日本はそれを望んでいるんでしょうね。
ただし、それは変化のない世界。わかりきった世界。
だからルルーシュはそれを否定した。
具体的に皆が嘘をつかない世界を想像してみると、どう考えても世界は平和にならないんですよね。嘘をつかない=自分の思考が相手に筒抜けな世界なわけですから。それとも、思考・行動があらゆる善意によって行われる世界なんですかね。いまいちそれがわからない…。

対して、ナナリーのいう優しい世界は他人に優しくできる世界。それに異存はないけれど、ルルーシュにそれは創れない。あれは彼女たちにしかできない世界。見も知らぬ他人に優しくできる人だけが掲げることのできる理想。


    ピカレスクロマン

コードギアスがピカレスクロマンであることを考えたら、ルルーシュは死ななくてはいけません。
なぜなら彼は徹底して「悪」だから。
反逆者たちの総統者。人を操る能力の使い手。親殺し、王殺し。虐殺者。
悲劇という形容詞が似合う男でもあるわけだけれど。だからといって悪の要素が無くなるわけではない。
もしかしたらあの憂い顔だったC.C.がルルーシュを少なくとも行動不可な形にするかもしれない。そうしたら彼女はまた永遠を生き続ける。
何故そこまでルルが死ぬことにこだわるかというと、ルルーシュが生き残る道が優しい世界にとって邪魔な人間を残らず消してしまって、あの皇帝の椅子に座り高笑いENDでしか思い浮かばないからです。でもそれはデスノートでやってしまったわけで。その上、ルルは決して幸せにはなれないでしょう。
そんな終わりは勘弁です。


以下、長すぎるので収納ー。




     正義と悪

さっき散々ルルーシュが悪であると言いましたが、反対に正義は今期では中途半端にいるんですよね。

ルルーシュを悪役としてみたとき、理念的にも行動的にも、彼の敵が正義となります。

正義がなんの犠牲も生まずに作られるわけがないとは思うけれど、必要以上の犠牲はいらないはず。
シュナイゼルはそのことを理解しているとなんとなく思います。だから彼は悪役にはならない。ルルから見たら悪役ですが。物語的には正義、本来の主役側。

そして面白いのは一期では正義の象徴、ルルーシュの対極にあったスザクがその反対側にいるということ。いえ、散々予想されてきたことですが。
彼らがどう決着をつけ、何を共有しているかはさっぱりわかりません。
スザクがあそこまでルルーシュを憎んでいたのは表面だけ…というと表現が悪いのですが。ルルーシュが目的として公言していた妹や母のことは、半分は本心で半分は「言い訳」であったように、スザクも本当は心の底から憎んでいたわけではない。それはなんとなく感じ取れていたように思います。だから、共犯者になったこと自体に疑問は感じない。

ただ、この先からなにがどうなるのかはさっぱりです。
今話の最後を見て、ルルーシュに対する反逆が起きるということを予想してみましたが、それだと黒の騎士団の存在が大きくなりすぎるんですよね。今中心となることのできる組織は彼らだけなはず。
この物語を反転させてみた時、主役、正義となるのは今は黒の騎士団かシュナイゼルしかいませんから。
でも、シュナイゼルが自分の手を汚すとは思えない。パフォーマンスとしてならやるかもしれませんが。
話し合いで決まるわけもなく、シュナイゼルが死ぬような状況にはなりづらく。まぁギアスなら何が起こってもよくなってしまいますが。
あ、もう一組いた。ラウンズはどういう扱いなんでしょうかね。その中のジノもまた正義の象徴。特にOPでは不穏分子です。彼はスザクをどう思うのでしょう。とりあえず大人しくラウンズやる人じゃないですね。

     21話

あのあと一か月も間があいたこと、シャルルの発表の場にシュナイゼルがいなかったこと、これが鍵になったりするんでしょうか。

ルルーシュが皇帝になって、スザクがナイトオブゼロになって。周囲はどう動くのか。というかオレンジかわいそう!
シンクーたちには皇帝がゼロだったわけで利点にはなりますが、あまりにも不安定だという大きな欠点がある。
カグヤにとってはスザクは仇。…でしたよね?
黒の騎士団にとってはどうなるんでしょう。ルル=ゼロとまでは確かバレていなかったはずなので、何か起こるとは思えません。が、あの放送を見て勘付かないほど馬鹿じゃない…よなぁ。いまいちあの集団は不安が。彼らはシュナイゼル次第でしょうか。カレンは、どうするんだろうか。
というかスザク天井に張り付いていたんですか…。なんでこうもシリアスにギャグが混ざってしまうのか。

EDのラストが今現実?になっているのですが、そうするとシュナイゼルがどう見ても悪役面なんですよねぇ。それから出てこないジノやアーニャはなんなのか。


    まとまらなかったこと。

最近ギアスは行動原理もしくは軸という観念から考えているのですが、ルルーシュのそれがぶれすぎている。一本でない理念は物語の王道上では通じないほうが多い。
母の死の真相を知り、守るべき妹を失い、嘘を肯定し時間を進めさせ、やさしい世界を創る。ただ、それはどうしても不可能な世界。
他人に優しくするのに悪意はいらない。でも、悪意ほど蔓延りやすいものはない。世界中の悪は取り除くことができない。それこそギアスを使わなくては。
王を孤独にする力は彼に何かを与えるんでしょうか。

そんなことよりもナナリーは出ないのか。いまだに出番を待ってるんですけどねぇ。

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/65-35e6f994


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload