P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

SHT簡易感想


『G作戦』
SHTではないが。
マジギレ「汚えぞFBI!」、「怪人サイン会」にのこのことついていくライダー隊の子供たちや、自家中毒に等しいやられ方をする怪人や、とどめなのにBGMもなしに墜落死する怪人が面白かった。偶にこういう回があるから侮れない。

そして殺陣がスゴイ。
マンションでのスタントは凄まじい…命がけのライダーたちを尻目に呑気に走る二大のゴミ収集車もまた雰囲気に拍車をかける…。
昭和によくある、一話完結で殺陣>>>>>脚本な話も平成ライダーでやってくれないだろうか。
映画か。





トッキュウジャー
カグラの趣味が悪すぎるよミオ!(とばっちり)
映画話というとカントックの印象が強すぎるが、今回は撮る側からの話。多少のパロもあるけど。
しかし、カグラの謎の監督像はいったいどこで培ったんだろうか…。

名探偵ヒカリの口上と「それって守衛さんが名探偵だよね?」という名ツッコミと「トッキュウ六号カトリーヌに
に吹いた。
守衛さん~と「つまらないホラーは見る価値ない」と合わせて、自社批判みたいになってる。

久しぶりの超エクスプロージョンは守衛さん。
てっきり守衛さんが特別ゲストかと思ったら2tomさんだった。そりゃ強い。でもやっぱり謎の守衛さん押し…。

ぐるぐる巻きにされた明が最後にミオとトカッチに助けられてる姿は、親子のようだった。
和む。

来週は恒例・クリスマス目前決戦回!
楽しみだなあ!


ドライブ
ドア銃が欲しい。

「私は貴方のバディですから」
霧子かわいいいい!!
最後のお見舞いシーンの私服もかわいかった!生足!生足!

なにより、運転を代わってくれと頼まれた時の霧子の笑顔がかわいかった。
二人を守ろうと体を張って、やはり無茶でした…と諦めかけた時に助けに入るドライブはマジ王子様。


なぜ死神は霧子を撃てなかったのか
A:死神が元ドライブだから
B:元・霧子の身内
C:ひとめぼれ
D:その他

動揺して逃げ帰った後、一人で悩んで、「人間は倒す価値がないから倒さない」と結論づけたのかと思うとかわいいぞ死神。
てっきりドライブ…というよりベルトさんと死神の因縁がこの先出てくるのかと思っていたら、霧子ルートに入りそう。

高杉から久坂への、「お前の口癖だよ」はわかってても痺れるセリフだ。
それにしたって久坂がマヌケというか考えなしすぎる。
ヤミーのように欲望を促進させる、というわけでもないだろうし、ロイドに唆されたのは久坂の責任だと思う…。
高杉さんの人畜無害そうな顔と一年前の諦観があいまっていい感じに好きなゲストキャラになった。
久坂は刑期を終えても新聞社に戻るつもりはないだろうが…どうなるんだろう。その頃には高杉に新しい相棒ができていて、まさに昔の男ポジションに…と意外と妄想が広がる二人だった。



プリキュア
プリキュアのどこが好きって、「イノセントな思いを伝えたいの!」(物理)をやらかしてくれるところだ。
なんだかんだ言って拳で分かり合うのがプリキュア。

ブルーの男なのに戦闘の役に立たない感は異常。
そういえばココナツもだったけど、ココナツは実態がふわもこの妖精だったからまだわかる…。
「今度こそミラージュに悲しい顔はさせない」と決意するブルーは本当に役立たず。一つのことしか見られないのか。
後ろでひっそりと笑顔をひっこめていたラブリーが切ない。
そして確実に「今の女」とミラージュに思われているであろうラブリーとともにミラージュのもとに乗り込むのもアホだ。

妖精sが役に立っているのか立っていないのかわからないところだが、ファンファン?がシュールでしゃべるだけで面白い。
こいつ本当はファントムなんだよな…あんなかっこづけだったファントムなんだよな…。と思うと妖精体を見るだけで笑いがこみ上げる。


ナマケルダとひめの謎の分かり合ってる感はなんなんだろうか。
確かに最初のほうは絡んでいた気もするが、説明されたかな。途中途中も妙に因縁があるようでなかったのだけど。
今回はなにもできず、怖がってばかりで、臆病だった昔のひめとの決別、だったのだろうか。
それにしても、途中の「努力しても意味ないとわかってるからがんばるのがめんどくさい」は耳が痛い…。
それよりなにより、おしりパンチならぬおしりステッキ(?)はよいものだった。Sっぽくて。

ホッシーワとゆうゆうとごはん。
ゆうゆうの言っていることもわかるけど、「好きなモノを好きなときに好きなだけ食べるって自由じゃない」というセリフは共感せざるを得ない。
みんなでワイワイしたら幸せ200%で楽しいけど、そうも行かない時もある…。
と思う私は多分鏡に閉じ込められる。
最後にデレるホッシーワは女幹部の鑑だった。ちょうかわいい。

オレスキーといおな。
無言でパンチを繰り出すいおながかっこよすぎた。
武闘家いおなとなんだかんだ礼儀正しいオレスキーは相性がいい。
「人に評価されたのは初めてだ」「俺が欲しかったのは勲章ではないのかもしれないな…」に結構感動する。
↑二人と違ってオレスキーは努力しているのに、それが認められずにいたのを知っているから。


素敵な笑顔で消えていった三幹部が、誰かと一緒に頑張って、ご飯食べて、認め合える幸せをゲットできますように。EDでいいから。ハトキャの三幹部までとは望まないから。

来週はいよいよミラージュとの直接対決…とおもいきや、ミラージュが縛られてる!?
もはやあらすじがわかったようなものであるが期待期待。

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/635-64d2f7c2


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload