P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

SHT簡易感想

主人公が戦う理由を見つける・決意する話ばかりだった今日のSHT。


トッキュウジャー
「実は子供のままでした」
というのは一話の時点でわかっていたことだが、それが他人の仕業だとは思ってなかった。
さすが、エグいぜ。

成長したらママにわかってもらえないかもしれない、街で暮らせないかもしれない。
反抗期前のこどもにそれはキツイ。想像するだけで泣きそうだ。
めぐみの父が言うように、親は子供を無償に愛し、心配するのだから。


割りと躊躇いなく、あっさりとみんな戦うことを決意したけれど、子供の自分とハイタッチ!するのは子供時代との決別を表していてよかった。
そして、ここまで重大決断にかかわってこない追加戦士を初めてみたよ明くん。
普通、「明が戦ってるから大丈夫だ」か「明がピンチだ!戦わなきゃ!」などと言及するだろうに。一切気づかいなかったね。
一緒にいるのはあくまで「五人」だし。すごいなあ…違う意味で。

今回の巨大戦はジオラマ大活躍でとても見応えがあった。
ビルだけなく、車が画面に映るのはいいね。
駅ターミナルの金ピカロボはマジでかっこいいと思います。トッキュウジャーで一番かっこいいと思います。でも次の出番は最終回付近では…。

皇帝だけでなく五人も「きらきら星」を口ずさみ、意味深な雰囲気で終わる今回。
まだ10月なのに最終回っぽいぞ…。



ドライブ

動けるお前が人を助けろ、の言葉がエンジン。
生きてたんかい、というツッコミはあるもののいい話。

全体的にうきうきわくわくしながら深く考えずに見ている。
推理部分には期待しないことにして、その代わりアクションや個性派すぎてごちゃごちゃしてる捜査本部やベルトかわいいや、その他諸々が楽しい。

幹部三人のうさんくささと仲間割れしそうな雰囲気とサポートカーと色が合致してるのが気になる。

昔の男枠復活の上に、二人の会話を今の男(ベルト)がこっそり聞いて且つ気まずげに本人に打ち明けるとか…。
何故三条脚本はヒロインがヒロインとして機能しないのか。
いや、足はすごいよかったっす。黒ストいいよね。



ハピチャ
プリキュア恒例、大規模なパーティー。
最近気づいたが、あれは女の子の夢だな…だからほぼ毎年あるんだろう。

最後の展開が急展開すぎて笑った笑った。
まさか公式でブルーdisが入るとは。
無邪気にブルーに抱きつくめぐみ、それを見て青ざめる誠司、影から覗き見しながら抱くのは愛ではなく恨みとか言い出す幹部二人、いやー面白かった。


それはともかく中盤の、せっかく打ち明けられた悩みを「めぐみらしくない」と言い切ってしまう誠司の青さ。
盗み聞きの上に拉致監禁して隣に座り手を握りめぐみのハートをがっちり掴むブルーの手管。
これ、何のアニメだっけ。

……誠司と話していた時はカードコンプ記念のお願いの候補の一つにブルースカイ帝国が上がっていたけれど、ブルーと話し戦いが終わった後は「みんなが幸せになるお願いをする」と、誰かのためではなく自分がしたいことを明確に定めていた。
それにブルーが「めぐみ自身も幸せになるんだ」と念押し?したところはいいと思うんですよね。うん。
でもやっぱり、全体で見ると色々やばい。


オレスキーとめぐみが誕生日が同じって結構イヤだなっていうか斬新な設定だなと。
人を助けてもありがとうの一言も無い世界、というのは直前までの幹部同士のやりとりが下敷きなのだろうが、オレスキー自身、部下にも好かれてはないだろうしな…。
手を差し伸べられた記憶がいつまで残るのかはわからないが、やはり幹部側に不穏しか感じない。

テーマ : 特撮ヒーロー
ジャンル : テレビ・ラジオ

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/622-37ac0e91


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload