ブログランキング
眠っている暇はない|アスランの言うヴェパルについてあれこれ

アスランの言うヴェパルについてあれこれ

2014.08.27 17:55|765876346315
蘭子の熊本弁は微笑ましく思えるけど飛鳥の発言には全身が痒くなって目を逸らしてしまう皆様こんにちは。

幸いアイマス界では26歳の悪魔教信者(仮)が現れましたので、ひょっとすると蘭子も飛鳥もこの路線を貫けるかもしれません。
貴音も十分電波だ。



以下、厨二病御用達、悪魔の話。

今回のコミュニティの一つ、「結界を張られたアスラン」にてアスランが神谷に「序列42の闇公爵ヴェパル」の名を与えている。

ヴェパル…どこかで聞いたような。
…!!!!
足洗邸の住人たちのヴェパールだ!!!人間嫌いだああああ!!!


というわけで必死に単行本捲ってみました。
このひと(中央)で、
s-827112927.jpg
このひとで、
s-827112855.jpg
「小さな鍵(レメゲトン)」ではこんな説明だそーです。
s-827114849.jpg


どうみても女だ!!!!!!!!!!




概略抜粋
「ソロモン霊の一柱。
水に関するすべての守護者として人魚(セイレーン)の姿で現れる。
海を支配し、嵐を起こし、船を沈め人を溺死させる。
疲労、隷属、欠乏、失望の心を担当する




Wikipediaでは
『ゴエティア』によると、地獄の29の軍団を率いる序列42番の大いなる公爵。

人魚(mermaid)の姿で現れるとされる。その力は水域を支配し、武器弾薬を満載した武装船団を誘導できる。また召喚者の求めに応じ、海に大嵐を巻き起こしたり、船団の幻を出現させることができる。人の傷口を化膿させて蛆をわかせ、三日で死に至らしめることもできるという。『悪魔の偽王国』によると逆にその傷を直ちに癒すこともできるとされる。

『ゴエティア』の悪魔の中では、グレモリーと並んで女性の姿で出現する事が明言されている、数少ない悪魔と言える。





やっぱり女だあああああ!!!


…アスランは神谷をなんだと思ってるんだね。
しかも神谷、Voが一番低いんだけど。

アスラン、正座。
ソロモンの鍵、小さな鍵を読破、百歩譲って悪魔の事典を暗記しようか?
みなぎ得一全巻のWikipedia編集でもいいよ。


ついでなので確認できた悪魔用語、Wikipedia出。(追記)

ちなみにカフェパレコミュはニコニコで見れますねー。便利な世の中。
というか、ちょっとしたことでエラーになってコミュ全制覇できないんだけど山村。





「ゲヘナ」:ヘブライ語でヒンノムの谷。「ペテロの手紙」では「地獄に引き渡す」。
エルサレム市外の谷底のゴミ捨て場。
モレク神(モロク。母の涙と子の血に塗れた魔王)への新生児や動物といった供物が捧げられた場。
キリスト教における罪人の滅びの場、地獄。


「コキュートス」(コーキュートス):ギリシア神話の「嘆きの川」。
「神曲」では裏切り者が永遠に凍りづけされる地獄の最下層。

「ベルゼビュート」:元バアル神、現大悪魔ベルゼブブのフランス語。旧約聖書ではかろうじて神だったそう。
サタンに次いで罪深く強大で、怒ると炎を吐く。が、蝿の害から人を救う力も持つ。
有名なので略。
蝿の王読まなきゃなあ。


「サタン」:「サタン」:神及び人間の敵対者。元大天使長ルシフェル。
サタンの子とはクリスチャンの真逆、不敬遠な堕落したノンクリスチャンのこと。
有名なので略。
もはや「悪魔」を表す概念になりつつあると思われる。


サタンファイアという特技がついてるくらいだから炎属性のつもりなのかな?
炎属性だとどうもアイムが出てくる。名前が可愛いからダメなのか?でも猫と関係してくるしサイマス的にはオッケーだと思うんだけど。



しかしさっきからヴェスパをヴェパールと打ち間違えてわけわからんことに。逆?

テーマ:アイドルマスター
ジャンル:アニメ・コミック

Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

情報源

ブログ内検索

リンク

『眠っている暇はない』
ここ。リンクフリー。

banner.jpeg


『照柿色の夢の中』
小説等々移転先。GENOの心配はないようです。

banner
携帯変換
QR


『神の火を抱いてマークスの山へ翔べ』
旅、カレー、映画、美術館などなど
※ノーバナー

ページトップへ