P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

801の日なので

ピエールと渚と渚と棟方師匠もといあつみんおたおめ!まさかの渚被り。
懐かしきデジモンの日でもあるんですね。
そんなのに一切関係なく、801の日なので記憶に残る二次元ホモでもまとめようと思う。


単なるホモネタだったりホモが主体だったり脇役だったり、一般レーベル・BLレーベルごちゃまぜ。
あくまで公式で明言されてるホモに限り、行間は読まないものとする。多分読んでない。明言されてないからカヲルくんはホモじゃないよ的な。
24年組あたりは殿堂入りということで。

漫画に限定してから特撮にホモはヤンホモくらいしかいないもんだとナチュラルに考えていた。
いるよ。
オカマが二人も。
ええと、オカマ≠ホモの精神で。

(多分)一般レーベル

・太臓モテ王サーガ
20051205224546.jpg
ジャンプ誌上に『好きなものは好きだからしょうがない』というネームを載せたレジェンド。
妄想とはいえむきむきマッチョの宏海と真白木のイチャコメ(しかもそれを成就させようとする)はそれまでお花畑BLばかり読んでた私の衝撃を与えた忘れられない漫画。


武装錬金
声優さんから「パピヨンはカズキの愛人」と言われてたのを思い出したので。…さっそく行間読んでますがな。
いやほら、円山さんいるし。円山さんってホモなのかな…?
ゲームとはいえ、パピヨンカズキと斗貴子さんの息子を育ててる設定は頭ぶっ飛んでるなと思いました。
この頃のジャンプはホモ押しだったのか?

・ラブやん
DTロリオタ三十路ニートに彼女を作ろうと天使が四苦八苦する下ネタ系ギャグ漫画。某女神様のパロディと知った時はぶったまげた。
ネタがなくなってきたのか作者に耐性ができたのか、最近はBLネタをぶっこんでくる。幼気な小学生男子を乳首で精通させたこともあると書くとなにがなにやら。
Screenshot_2014-07-31-20-22-07.png
このコマには足腰立たなくなるほど笑わせられた。DT拗らせるとホモに走るってもしかして本当なのかな…。
ラブやんとフサさんのもはや家族並みの距離感(ただし性欲はない)が好きなのでくっつかないでいただきたい。

・TRIGUN
ホモだホモだと思ってたらモノホンが出てきた。
違います姐さんじゃないです!えぐらないで!
だからといって、ブルサマに同情できるかといえば出来ないけど。
世界一有名な似非アメコミではないだろうか。未だにフィギュア出るのが凄いよね。

双子座の女
STAYシリーズはまだ全部読んでないのだけど。
その中の「近親相姦ホモを応援する女子」というありがちな設定を、女子の視点から描いた斬新な話。
まったく知らずに読んだので度肝を抜かれた。
西炯子といえば「天使にならなきゃ」の話が全部救いが無くて好き。特に「出口」。


・プラナス・ガール
説明するまでもないですね。男の娘と恋する漫画を連載してヒットしたレジェンド。
絆ちゃんが変に女々しくなく、運動が得意で元気で槇以外の男に媚びなかったのがいい。
槇も常識を持ってすぐに陥落しなかった点も見てて気持ちいい。
ゆりゆりし出した時から若干退屈になったのは否めないが、彼女たちがいなければあのラストもなかっただろう。
なにより、作者が逃げずに終わらせた傑作。


・世界の果てで愛ましょう
逆に作者が逃げた作品かな、と。厳密にはTS。
異世界の王子様に求婚される元男子高校生という設定は良かったのに、女になった苦悩がなく(少なくともトイレか風呂か着替え描写は欲しかった)、最後もくっついたもののいちゃらぶはなくひたすら残念。
好きなら男でもいいじゃん!王子に槇の爪の垢を煎じて飲ませたい。弟は性別関係なく兄が好きだったのにねえ。
でも途中の王子の好き好きっぷりは萌える。
せかあいのモヤモヤはしばらく語っても晴れない気がする。


・ここはグリーンウッド
公言してるホモが一組、かわいいから女装してるだけで女の子好きな男の娘一人。
兄の嫁に惚れている邪な主人公は正統派ヒロインとくっつく。
問題は同棲前提で将来設計を立てているおふたりでけど、ここで語るには紙面が足りない。
こんな感じで言うほどホモ要素はないけど、当時の影響力はすごかったんじゃないかな。
グリリバに「決してホモではありません」と歌わせた功績は讃えたい。

・ライチ☆光クラブ
メインは機械と女子高生の恋愛ストーリーなのに他がピックアップされがち。
ヤンデレホモで検索したら出てきて、そういえばジャイボはナルシスホモだったと気が付いたので取り上げる。
そういうの通り越してる作品。


・なるたる
男の娘が女装してて多分性同一性障害でリョナられる役満。
問題はそれ以外にもてんこ盛りだ。
自分に向けられた恋情を黙認するが受け入れず、利用する振りして認める鶴丸はひどいんだけど、魅力的だと思ってしまう。
のり夫は俺が幸せにするんだ!という薄い本があるのが救い。救い?


・西洋洋菓子骨董店
ドラマ見て面白いなーと思い漫画を読んだらホモが出てきてぶったまげた純粋な時の私。
漫画の方の、ホモとホモ嫌いの関係とそれを受け入れる天然と頭足りない系男子が織りなすハーモニーは、今の自分の萌えの根底に流れてると思う。
最近になってちーちゃんと小野の公式エロ本を読んで十数年ぶりにぶったまげる。ヤってたんかい。
一般レーベルで言うと「きのう何食べた?」を取り上げるべきでしょうが、あれは最早レシピ本である。


・CLAMP作品
何度でも言うけどこの人達がいなかったらここまで人生をこじらせなかったと思う。
ホモと明言してないのが凄まじい



一般レーベルおしまい。
一般でもないけどBLレーベルでもない話し二つ。


・海が見たいと云ってくれ
多分町田ひらくに出てくる唯一のホモ。
ロリコンと見せかけて近親相姦ホモだったという壮絶なオチ。髪を切った少女の虚しさが半端ない。

・獺(小瀬秋葉の)
カワウソケモショタが嫁に来るとんでも漫画だけど萌えるとんでも漫画。しかも最近の漫画で復活しやがった。
でも『HARMFUL』掲載作品はゲイ漫画であって少女漫画めいた絵柄が表紙のBL雑誌に載せるものじゃないと思う。映画館とか生々しい。
純粋なBLじゃないけど「ないしょ」のオチのNTR感もいい。
もっとショタ書かないかな。


BLレーベルの作品は挙げたらきりがないので、ごく一部

・戦う!セバスチャン
BL誌のギャグ漫画枠作品。悪魔で執事な漫画ではない。
腐女子とホモと化け物しかいないBL漫画の鑑。
セバスチャンとデイビットの二人が好きでたまらないのだけど作者がユゼB押しなのが残念。
問題は、実弟がこれを面白がって何度も読み返しているらしいことかな…。


・Union(ケチャッパーズ)
オシャレBL。
萌える。

・同級生シリーズ
将来について言及するBLは名作の法則。
どこを切ってもテンプレでキャラデザコマ割りその他が秀でていた。
BLにおける革新的漫画だと思うけど、だらだらシリーズ続かなくてよかったのに…。
ホモ先生は失恋で終わって欲しかった。


・茜新地花屋散華シリーズ
作者は男と言われても信じる。
なんていうか、泥臭くて汚いホモ。それが癖になる。
漫画なのに文字の量が下手なラノベより多いのが特徴。
ホモじゃないけど、穴あき壁と指輪の話が頭にこびりついている。



・未来の記憶風の行方
ノンケとホモが恋に落ち価値観の違いに悩み周囲の反対にあいつつそばにいることを誓い老人になるまで一緒に暮らす画期的BL。
ノンケの先生のほうが結婚に乗り気だったり、いつの間にか嫉妬心を持っていたり、そういう変化が愛おしい。

・低音ブランケット
血の繋がらない兄弟のラブコメ、と書くと複雑そうだが実際そうでもない。
ぼけっとして感情に乏しい子が「主人公でなきゃダメなんだ」と自覚するエピソードは何にも代えがたい萌えを生む。
ナイスミドルのおじさまと献身的JDがかませになるのが残念。
タイトル通りのゆるーい心地よさ。


・花は咲くか
死んだ父の影を背負い感情乏しく生きている美大生と、人に執着せず仕事への情熱を失いかけている会社員の恋愛話。
五話くらいの間BLとしての話が展開しないすごい作品。そして足掛け四年くらい連載してるのにまだ完結していない。
大人の臆病さ・ずるさがわかってしまう年令になったなあと実感する。
「なにもわかっていない」純真さを利用したらすぐに手に入るけど、それでいいのか。
干支が1つ分離れてる若者の将来を潰すのではないか。
他の人に渡したくない、けど仕事も全て放り出して逃げ出す度胸もない。
何時出るかわからないけど、最終巻はどうまとめるんだろうか。


・この恋しさの在り処
二世役者と新人役者のラブストーリー。
傷ついて傷つけあって、それでも一緒にいる。ハッピーエンドとは言い切れない終わり方がいい。
下僕×女王様という立ち位置がいい。
作者のラビ神がすごい好きだったのだけど手に入らない…。

・月とサンダル
教師と生徒の禁断恋愛、と見せかけてそうならなかった。
ラブラブカップルが見たかったはずなのに失恋&失恋の連続で心が痛い。でも好き。
よしながふみはホモカップルとホモに恋する女の子の三角関係が好きなのだろうか。


・この世異聞
昭とセツの「お前なんかいなくても平気だけどいなくなるなよ心配だから」という感じの双方ツンデレが読んでてたまらなかった。
他のシリーズはそこまで…それより別作品のお弁当屋さんの話が好きで、この人の書くダメ男が好きなんだなあと思った次第。


・SEX PISTOLSシリーズ
嫌い合ってるのに体の相性抜群という始まりのBL漫画の鑑。
段々所有欲が出てくるけど色々言い訳付けて認めない女々しさがよい。
そして狼にメロメロな犬が好き。
でも膣作って妊娠させるから純粋なやおいではないのかな?
新刊出てないかなと書店をうろついていたら変な指南本みたいなのが出てた気がするけど見なかったことにした。


C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/564-9fc730cf


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload