ブログランキング
眠っている暇はない|1000円あったら映画に行こう

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1000円あったら映画に行こう

2014.06.21 22:27|その他作品感想
実は別ブログを解説するくらい映画が好きです。
最近は週一~ニくらいの頻度で映画を見に行ってるのでメモ程度に感想を残しておこうと思います。
大体ミニシアター系。タイトルは検索よけで伏せ字。
キョウリュウジャーも感想書かなきゃな…。




今渋谷の某シアターでホドロフスキー祭が開かれてるのでサブカル系好きな人は是非見に行きましょう。なんと人作品1000円です。
正直ホドロフスキーと『若者たちのすべて』は映画館で見ないと集中が続かないですのでなるべく映画館で見ましょう。

『エル・トポ』
カルト系の始祖にして最高傑作。当然エログロ&流血&動物虐待?注意
考察したい人向け。
一シーン一シーンが頭にこびりついてずーっと離れない衝撃の映画。
と言いつつ個人的には萌えもあり、特に後半の少女とのラブラブっぷりを息子がじとっと見てる感じの雰囲気がたまらなく好き。
あと何故か小屋に篭ってる達人がお気に入り。
この映画の上映時間を知って大層驚きました。どんだけ凝縮された120分なんだ。

『ホーリー・マ◯ンテン』
監督自ら「ヤク中の見てるものを伝えたい」から作ったと言う頭のおかしい映画。
頭を空っぽにして見たい人向け。
二回みたけど二回とも眠くなったので催眠効果もあると思う。
映像美に色んな意味で口を開ける、映画という媒体をフルに活用した作品。
エル・トポと違ってシーンがほぼ頭に残らないのもすごい。


『サングレ◯』
これは一度しか見てないのでちょっとうろ覚え。見たいのだが時間が合わない。
ラブ・ストーリーが好きな人向け、という印象を持っている。


『ホドロフスキーのDUNE』
未完の大作、『DUNE』。
『DUNE』はSF超大作小説で、それを元に作ろうとした映画がハリウッドや配給会社にストップされて作れませんでしたという話。
といった具合にあらすじとしては簡潔なのだが、関わった人の有名さや、必然や運命や神の介入を連想してしまう程の出会い方や、ホドロフスキーの視聴者を全く無視した映画の作り方が見所。
ホドロフスキーは宗教祖になれる。
漫画読もうかな…。

余談。配給会社の方が話してくれた裏話が面白かった。巨大タロットで首の痛みを抱える青年を占った話とか、監督と監督が仲がいいとか、映画の買い方の話とか、大阪のヒーロー館がとんでもない宝をもっていたとか。



以下その他の映画。
『二◯の人魚』
「私がいなくなったら、私を探してくれる?」
暇つぶしの空想がいつしかリアルになり、どこからが夢でどこからが現実か曖昧になる。
描かれる少女と誘拐犯のストーリーはある意味女性の憧れ・理想なのではないだろうか。
もう一度見たいようでいて、見たらなにかが違ってしまうようにも思う。

『スプリ◯グ・フィーバー』
ミニシアター系に足を踏み入れたきっかけの映画。
魔性のゲイを中心に男女5人(6人?)が愛憎入り乱れる変則的ラブストーリー。
…ラブストーリーかな?
途中のやり取りはBL漫画の実写化と思うくらい甘いですがそうは問屋がおろさないよね。
予告のエロさにやられた口ですがいい意味で裏切られた。
私は魔性のゲイより探偵のほうが好きです。
五回くらい見てるけど飽きない。


『醒めなが◯見る夢』
唯一の邦画。臨ちゃんと良大くんの演技力の向上に目を見張る映画。
あらかた予想のつくストーリーとオチだったのものの、ラスト付近の一言の威力は凄まじかった。言葉は人を殺す。
…素材はいいのに調理法を間違えてる映画だと思う…。途中中だるみしてたので。
と言いつつも、少なくとも、キャストが好きなら見て損はないと思います。


『ネ◯チャー』
ありのままで~が満席だったので代わりに見た映画。
動物系バラエティが好きな人なら大半は見知った知識・映像ではあるものの、やはり大スクリーンは見応えがある。
個人的には一日の間に春と冬を繰り返す高原の話と、水を求め昼夜歩き続ける象の群れの話が印象的だった。
オーシャンについて熱く語った黒歴史を思い出す。


『ありのままで~』
友人から「ラストが納得できない」と聞き興味を持って見に行った。
同社の人魚映画が好きな身として、前半の謎ミュージカルは萌えに悶えた。
………なので、後半は確かに納得できませんでした。はい。萌えを返せ。あの二人も好きだけど。
ていうかありのままで~の曲は投げやりと諦めのこもった曲じゃないですかね。
全く事前情報を仕入れずに行ったので最後の「ピエー◯瀧」を見た瞬間むせた。


『アクト・◯ブ・キリング』
虐殺の「再現」というキャッチコピーに惹かれて行ったら真面目なドキュメンタリーだった。
上記の理由できちんと理解して見られなかったのが残念。
よく考えたら、膝に乗せられるような幼い孫に、自分が犯した虐殺の「再現」映像を見せるあの人のよさそうなおじいちゃんは、どこかおかしいのだろう。そしてそんな人に育てられた人たちもまた。
罪を罰されないのも辛いのかもしれない。咎められないから罪をどう扱っていいかわからない、そんな印象を受けたのだけど、それは法治国家に住んでるからそう思うのだろうか。


チョコレート◯ーナツとブタペス◯ホテルとアデ◯ブルーも見たいなーと思う今日この頃。

Comment

非公開コメント

| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

情報源

ブログ内検索

リンク

『眠っている暇はない』
ここ。リンクフリー。

banner.jpeg


『照柿色の夢の中』
小説等々移転先。GENOの心配はないようです。

banner
携帯変換
QR


『神の火を抱いてマークスの山へ翔べ』
旅、カレー、映画、美術館などなど
※ノーバナー

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。