P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

マージ・マジュナ・5話6話

マジレン
正ヒロイン山崎さんktkr!!
いつ見てもかわいい。ゴーカイに出てくれて本当にありがとう平田さん。
魁が好きな山崎さんがマジレッドに惚れるという変身モノの王道展開をしてくれたマジはやっぱり名作。
五話からのセルフ三角関係を引っ張るものだから、最後までやきもきさせられたものだよ。映画見たいなー。……正直言うと告白してたの覚えてませんでした、はい。
とりあえず6話の見どころは、
「見た?」
うん!…見てない見てない!」
コレに尽きる。

「今度は芳香が夢を運ぶんだって」
前向きでひたむきで時に空回りするかわいいかわいい芳香ねーちゃんはスイーツ脳なところが一番かわいい。
ナイトメアになって擬態をおびき出す作戦を考えちゃうんだもの。と言ってもやっぱり、芳香ねーちゃんの変身といえば扇風機である。
そういえばシンケンでも茉子ねーさんが扇風機に変身させられてたな…あれはピンク繋がりのネタだったのか。

ウーザ・ドーザ・ウル・ザンガ
最後のナイとメアの小芝居がかわいい。
後から考えれば、マジレンジャーでもないのに呪文を紹介されるウルザードの優遇っぷりってすごい。

というわけでネタバレ:6話は佳境と見せかけて盛大な親子喧嘩。と思うと笑いが漏れてくる。実際はもうちょっと悲惨な話だけど。
一番接した時間が短いはずの魁がウルザードのことを一番理解し通じあってるのは皮肉な話。

夢を信じてもらえなくて拗ねちゃう魁ちんかわいい。
冒頭の昔話といい、これぞ兄弟戦隊の醍醐味。

闇の覇王・魔法騎士ウルザード
暮れゆく夕陽の中、倒れていくマジレンジャー。
夕陽は絶望のイメージであり、勝利のイメージでもある。今回は前者だった。
騎士道を優先して味方を危険にさらすウルザードはどうなのそれ。

ぼくちん翼の滑舌の悪さが癖になってきたでござりますです。魁の気合の入ったダミ声も好きでござりますです。
そういえば一時期この口調が家庭内ブームになっていたなあ。

メモ:コメント見て気付いたけど5話part2は2:21と言わず18秒位から崖の上のスタッフが写り込んでいる。確かに気づくとちょっとホラー。
あらすじが二話連続で「ある日のこと」始まりだ。



キバ0910:ゆりさんが次狼にでれでれ期。ある意味で惚れっぽいお人であるが、そこが好き。
バイオリンの師匠・イクサ爆誕。フィストオンの音声はロマンがあるけどダサい。
大村の音への執着と音也との共鳴で、ようやく、ちょっとだけ頼もしく芯の通った音也が見られるように。
大村の死がイクサとの亀裂を深めていくのか?それよりブラックダイヤモンドの行く末が気になって仕方ない。
そして次回ジンジン登場。リアタイだとこのへんから見なくなったんだよな…。

WSP:この番組のおばあちゃんはいつもパワフル。いや、正確にはおばあちゃんではないけど。
取り調べの途中で情にほだされちゃうバイクルも、そのやり取りにくすりと笑う竜馬さんもかわいくて仕方無い。ていうかあのワンカットはたまらない萌えだった。
それにしても、WSPのアジトって誰でも入れるんだなあ。JPの時とは偉い違いだ。

ぱいぱい:11話シンゴの「ウケを狙って」「同情されたくて」に大笑いした。いい性格し過ぎだろう!
脅されたとはいえ、ちゃんと振りをしてあげる父と兄は末っ子に甘い。
ちゃんといぱねま時まで付き合ってるんだから、さやかちゃんとはうまくいきたまえシンゴ。

12話で高山家の没落理由を初めて聞いて笑いが止まらない。トイレットペーパー一揆w脳みそをどう掻き混ぜたらそんな発想が出てくるんだよ。
…あ、ぱいぱいが飛び込んだ風呂屋って魔法組で出てきたところだ。ここは未だに営業してるらしいので行きたいロケ地の一つ。

その上更に何言ってんだこいつな台詞が出てきたよ…>>「妻のチャーハンです」
と思ってたらもっとわけわからない展開が来た。久しぶりに浦沢ワールド特有無機物会話&恋愛を見せられると…こう……面白すぎるわ。
ラーメン×チャーハン(しかもNTRとか、腐女子の妄想の10年先を行っているに違いない。
おかげさまでチャーハンが死んでも(?)笑っちゃったよ。しかも墓まであるんかい。面白すぎる(二回目)
とりあえず撮影的な意味で言うと手抜きよね。と思ってたら微妙に大変そうな踏切ロケが来た。この作品の力の入れ加減がわからん。


55V・1112話:なんということだろう(低音)が妙にツボった。それにしてもよく危機に陥る戦隊である。

カクレン:いや~んなサイゾウ回。子どもの強かさは昔の話ならでは。懲らしめられもしない展開は結構好き。
座敷童子回はちょっとしんみりしつつ、この世界にも「いい妖怪」もいることがわかってほっとする。この回の鶴姫が薄着でかわいい。

メガレン:次郎たちが出てきて嬉しい。みく命のジャケットが欲し…いか?
街の人々に思いを裏切られ、強固な敵が出てきて、徐々に終末の雰囲気が醸し出されてきた。

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/548-ba1308fa


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload