P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

メロンとオレンジのタッグ・ガイム

トカッチがかっこよくて違和感。

・子供なのにレッシャーを見られない
それは自分の想像力を信じられなくなったから。
「イマジネーションはお祈りじゃない」、想像するだけでなく、実行する力、信じる力、その他諸々が合わさった力。なのだとようやく納得。
最後にイマジネーションを取り戻すオチは予想通りながらもやはりよいもの。

・トカッチ夕焼けに死す
そして復活!
あっさり蘇りましたな。てっきり優作さんやリュウさんのエピみたいにてんやわんやになるのかと。
そうならなかったのは五人にイマジネーションがあるからなのだろうか。
明らかに怪人の文字キーが足りてないのはまあ、仕方無い。

・近々にお出まし、闇の皇帝。
人間なのか…。ということはやはりグリッタ嬢も…。
ノア母がシュバルツ将軍を無視し続けているのが気になる。あと触られるの避けてたように見えたのが意味深。


シンケン見返してて気づいた愚痴。
10話過ぎて、小林脚本作品で一人もお気に入りが出ないのは、自分にとっては相当異常な事態。
というのも、キャラの掘り下げが少ないからなのではないだろうか。

メガレンタイム電王シンケンオーズゴバスと小林メイン脚本作品を抑えつつある中、小林脚本の魅力であり欠点は一対一エピソードによるキャラの掘り下げなのだと気付いた。加えて意味深な登場人物or謎。

例えば、良太郎とモモ達イマジンが一対一で絡み、謎のオーナー&ハナさん&桜井侑斗が意味ありげだった電王は幅広い層に大人気だったんだと思うんだ。
もちろん欠点としてはメインの二人しか目立たない、だとか、色々欠点もつきものなのだけど、一年通してキャラに愛着をもたせる腕は素晴らしいと思う。

だけど…。
トッキュウは記憶喪失、故郷がないという設定上キャラの掘り下げが「現時点での記憶」でしかない。しかも五人が仲良しこよしだから喧嘩もしない。
だから何が好きか何が嫌いか、何が得意で不得意で、どんな気持ちで戦っているか、そうした特徴が全くつかめない。
掴んだ特徴すらひっくり返される可能性すらある。

ここは、お得意の「絶望的状況」に賭けるしか無い。毎度毎度どうやったら鬱展開ぶち込めるの女史は。
「こうなってほしくない」展開を見事に広げるからね。恐ろしい。

以上。




ガイム
兄さんのサービスシーンの意義は????

・プロトタイプの実験

戦極博士と高虎の決裂が見られて有意義な回。というか今回面白くて思わず脚本を確認してしまった。
世界を実験台にしたい戦極と、多少の犠牲を払ってでも世界を救いたい高虎。噛み合うはずがない。
絶対戦極ドライバーの量産は倍に出来るよね、やらないだけで。

・ブラボーが好き
地獄の特訓を思い出してヘル実を食べなかったアルフォンスはまさにブラボー。
ぶっとばされてガラスにぶち当たったのもブラボー。
毎話とは言わないが、定期的に息抜きさせて欲しい。

・ミッチと高虎と呉島家
ミッチが人間臭くていい。すぐバレる嘘をついてしまうところとか。
いつか、舞が「ボクの舞さん」じゃないと気付いて発狂して欲しい。コウタと同じように。

相変わらずお花畑なコウタは置いておいて、高虎兄さんと二人で協力。
しかし、「高虎だ」って、名前から名乗ることはないんじゃないか…?
いや、ミッチも本名を隠してチームに居るようだし、呉島という名前は対外的に良くない可能性も…でも兄さん、呉島の血を引く人間だとか言ってたしなあ…。

オバロの区別が赤いの以外つきません。




ハピネスプリキュア

とうとう明かされた神様の過去。
クイーンミラージュは昔黒髪で巫女で神様を召喚して、後に神様に裏切られた…?
そりゃグレますわ。
ついでに言うと、神様は世界中が見られるミラーを持っているのにナイルパワー炸裂のプリキュアに力は貸さないの?いや、元々貸してないか…今回が例外なだけで。
あれ、外道?

めぐみは相変わらずぽわぽわしてるけど鋭くてポジティブで積極性の高い主人公だこと。大好き。
フォーチュンの肩を抑えてポジティブ説得をするめぐみは歴代主人公の血をちゃんと受け継いでました。

「俺はプリキュアハンターだ」とか、「ぴかりが丘のハピネスチャージプリキュアだ」とか、いい声が真面目な声でこんな単語を言ってるのを聞くとシュール過ぎて笑う。

ハピネスチャージってどこまで子どもに受けてるんだろうなあ。
少なくとも、恋愛要素があるっていうのは結構ポテンシャルが高いと思うんですよ、。自分を振り返ってみるに。
ココのぞはいまだに見つけたら本を買っちゃうくらい好き。放映当時はココナツだなんだと言ってたけど結局ココのぞに落ち着いた。ロミジュリ要素はでかい。西南も好きだけど西東のほうが好き。あ、ハトプリはつぼえり大正義でお願いします。
というわけで神様とミラージュのロミジュリだとか、誠司を巡る修羅場を是非…!ていうか山本氏美味しすぎる!

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/542-83393da0


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload