P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

とうとうフルーツ要素が消える・鎧武22話

火縄大橙DJ銃の語呂の良さが気に入った。ガンじゃなくて銃なところがよし。ただし動作に関しては微妙。
カチドキめちゃくちゃ動きづらそう…。旗振り回すのも微妙…。




トッキュウ
誰がリーダー?みんながリーダー!
「戦隊じゃない」といい、キョウリュウとの差別化が激しい。
トッキュウはなぜか、シンケンと比べながら見てしまう。メンバー構成全然違うのに。
シンケンは赤が絶対的トップというのを逆手に取って色々面白かったな。
トッキュウはライトのバカさ加減やそれを窘め上に立つミオとライトがいるから、トップとは言い切れないし赤を持ち上げてるわけではないのに。なにが似てるんだろうか…?
そういう意味ではゴバスは青黄を押しのけて赤=ヒロムが出張る(心理的な)理由付けがうまかったような。


閑話休題。
とうとうシュバルツと対決。
部下に任せず自ら前線に出てくるとはいい上司だ。今回怪人出なかった。
トッキュウ組の度胸やはったりを認めたり、盗聴していたことをわざわざバラすあたり、悪い人ではないのではないかと思ってしまう。
そしてラストでグリッタ嬢の手を突き放すまでの動作がイケメンすぎて悶えた。次郎さんカッコイイ!(そこ?

タンクでパワーアップってタンクの中には何が入ってるんでしょう。エネトロン?

今回は、よりメンバーの個性が強調されてわかりやすかった。
直感で判断、素直組・ライトカグラ(バカともいう)
理論でフォロー組・ヒカルミオ
思い込み激しい?自己評価低い・トカッチ
トカッチ…。
あえて言うなら知識?でもヒカルより頭が悪いって自分で言ってるからな…。若干浮いてるように見えてたので、今回赤青で仲良くしてた何より。
追加戦士はトカッチよりの性格になるかまったく属さないキャラにしないとバランス取れないような。

最後にこそこそ話し合うライトとトカッチに癒やされる。

ED。「映画に出る列車の紹介だよ!」と言いながら真っ先に映ったのがガブティラで腹がよじれた。列車じゃねえ!
しかし壮絶なネタバレである。段々映画を見に行く意味がわからなくなってきたよ。




プリキュア
未来のアイディアを潰すような世界各国のプリキュアたち。まさか最終回には彼女らも集合してリンチとか言わないよな…?
そしてまさかのみんなも知りたい、私も知りたい。サンクルミエール通信編集長増子美香!
……ではなく、増子美代!!!
なに?姉妹?姉妹なの?サンクルミエールとひかりが丘は繋がってるの?
増子さんがいたから、プリ5たちは人々を守る使命をより強く感じていたのだと思うんだ。大好き。

おかげでパインの印象が薄いんですけど。


姫がかわいかった!からこそ、「信じたら不幸が訪れる」と言い放つフォーチューンの言葉が不吉。
ショックを受けていためぐみに対し、姫は言われて当然のような反応を返していたのが気になる。
昔フォーチューンと姫は一緒に戦っていて、けれどうまくいかなかったとか…?
前半で驕ってたのは確かだから、めぐみと姫の未来が「不幸」なのは頷けた。油断して悪い目を見るのだろうと。でもオレスキーの発言のおかげでもしかしたらその未来も彼らのせいだったかもしれないという一縷の希望が。

オレスキーがすごくよかった。
ファンクラブの告知した時年会費取るのかよ、と突っ込んだら八百円という絶妙な値段で一気に好きになった。会員になって何が出来るかわからないけどあきらかに実費分だけだよね。ヘタしたらマイナスだよね。

お金といえば祭りで300円という、たこ焼きすら変えないという鬼畜お小遣い制度と、もろこし200円とかいう価格破壊の屋台。ひかりが丘商店街、なにものなんだ…。
そして、衣装やテントなどノリノリで決まってた氷川さんはもしかしたらおちゃめな人かもしれない。

それにしても、薄せんべいを六等分して分け合うひめの可愛さといったら。自分の欲求に素直で我慢できない性格だと直前のシーンでわかっているからこそ、このシーンの可愛さが引き立つ。
友達増えてよかったね!!

次回はいよいよ黄色の登場です!!!!か?
タイトルにまったくそんな要素がないんですが…。(フレプリの時はあんなにじらしたのに)
そして、プリキュア二人が激突したおおもり食堂の行末やいかに。




兵器があっさり破壊されたけど、あっさり過ぎてなあ…。
落下しながらカチドキになるシーンは笑ってしまったけど好き。
コウタはミッチのいうことは聞かないけど、(幻覚かもしれない)シドのことは信じるんだね。酷いね。


ミッチのヤンデレ化が止まらない。
「笑顔でいて欲しい」から、相手の傷つくことも平気でこなす。
コウタのことを本当に好きなのかどうかは置いておいて、舞が笑顔で居続けるためにはコウタが笑顔でいなきゃいけないと理解しているのが辛い。
兄さんは信じるべき人を間違えるみたいなこと言ってたけど、呉島家になにが。そして明らかにミッチも信じる人を間違えている。

カイトが森でなにかをばらまいてるのが予想通りプロフェッサーの指示だったのに笑い、中身が辞書だったのに大笑いした。
そんなものスポーツ鞄にぱんぱんに詰めてたら重いだろうに…!

そのおかげか、「強さだけを追い求めてる」とサガラに褒められたカイト。
未来はどちらかしか無いって、こてんぱんにやられる未来しか見えないんですが。

で、そうやってカイトが自分の力で(プロフェッサーの掌の上で踊ってるとはいえ)最強の力を追い求めてるのに、なんでコウタはなんの苦労もなく最強フォームを手に入れるんですかね…。
意味のない主人公補正が強すぎて萎える。
それすらもフラグとして回収されるのならいいけど。

サガラは「未来を見通すことが出来ない」と言ってたが、逆に考えると過去については知ってるということだろうか。
例えば、ループしてる世界についてとか、オバローがいる森の顛末とか。
オル舞と普通に話してたんだけどどういうことなの。

カチドキを見てもプロフェッサーにはうろたえないでいて欲しかったな…。
その程度の人間なのか。




コウタは隠し事や嘘がイヤなのか。
それならそれで、序盤にそういうセリフを言わせるとかしてほしいのだが。

舞が自分を責めると予想出来てさえ、舞を守るためにユウヤを殺したと打ち明けたい。
やっぱり共感できない。ヒーローとしては有りだろう。でもそれはただの子供だ。
「自分がよければそれでいい」

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/539-c60bf3df


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload