ブログランキング
眠っている暇はない|キョウリュウジャー・最終回

キョウリュウジャー・最終回

2014.02.11 22:35|旧戦隊
一話から見返して、色々不満はありますよ。
あれやってないなこれこうしたらいいのになんでこうなった。

でも、それらの不満を補って余りある面白さだった。
一話見た時に「恐竜+人間」って何言ってんだろうと思ってたのがもはや恥ずかしい。


【最終回?そんなのイヤだよ邪魔しちゃおう!】
ハッピーエンド・ウッチー生存・トリンスピリット化は予感していたけど、果たして綺麗に終わるのかは不安だった。
そんな心配を吹き飛ばしてくれる、喜怒哀楽の集まった最終回だった。
喜:ハッピーエンドでよかった!喜楽コンビも無事でよかった!
怒:アミィの新曲流さないしパフェ食べに行くシーンも無い!
哀:来週からキョウリュウジャーが無いなんて…
楽:ダイアミわっほい!
まさか、これもカオス様の保険…?

それから、書くところがなかったのでここに。
真也の親指ぐっがキュート。出番少なくてエピローグにもいないのは残念だった。せめてラブたっちがどうなったかだけでも…。


以下、不満点も含めつつのながーい感想です。
ダイアミについては追記に。




【ウッチー討ち死に】
あれだけフラグ立ててたら死なないよね。

オチを知ってるので、のっさんの号泣シーンは見返すたびに「お、大げさな…。」と思う。
そうは言っても、イアンが「オーマイ」と言わず「ウッチー…」と呼びかけ、ソウジが言葉を喪うシーンはぐっときた。

でも…ウッチーが仮死状態になるシーンはいらなかったような…DC版出てなにか補足されるのか?
それっていいことなのかなあ…嬉しいけど、一部の人しか見ないわけだし。


【決戦・スピリットベース再び】
ソウジを庇うノッさん、その二人を守るようにさらに攻撃するイアン。いくら強くなってもソウジは若く、彼らにとっては見守る存在で、そして未来への希望なのだと感じた。

なんでソウジくんいきなり「チェンジできるぞ!」と言い出したのかと思ったらブラギガスが教えてくれたのか。
ブラギガスもトリンやダイゴだけでなく皆を守ってくれている。
いつのまにか、獣電竜との絆も「パートナー」とだけのものから「戦隊」みんなで繋がるものになっていた。いいのか悪いのかは置いておいて。
でも、パートナー以外の人間と心を通わせられるのは、パートナーが信頼してる人間だから大丈夫と獣電竜が信じてくれているから、なのかもしれない。


【宇宙と地底の戦い】
まさかプレズオーが最終決戦で飛び立つとは。
ドクターの技術力の高さは異常。ダブルバイオレット見たかったなあ。
でもスピリット&その後継者も同時変身しなかったし決まりがあるのだろうか。

「保険か」に「小賢しい弟よ!」と切り返した時点でカオス様の底は知れた。初期はカンブリ魔以外にはホワイト企業だったのになあ…。
切り離したラッキューロとキャンデリラにしてやられるのは予想の範疇だったけど、まさかあのランタンを使ってくるとは…。確かに地獄へ降りた際にラッキューロが使ってたもんなあ。素直にすごい。
でも\ジャジャーン/には笑った。はずさないね!

その後、キョウリュウジャーが心を合わせて歌ってる横で、「技を合わせて、せーの」→「トリニティストレイザー」「キャハハルバート・喜びの舞」「鉄砕拳激烈突破」「スピリットハンマー」と絵面までバラバラなとどめを刺したのは心の底から笑った。
おかげで、ダイゴ復活で燃え上がり前のめりになっていた心がふっと落ち着いて、「これで終わるんだな」と覚悟が決まった。

今回の「ブレイブにな」指ぱちんといい、トリンは勝手に誰かに役目を引き継ぐのが多すぎるよ!勝手に死ぬなよ!(泣
わかってるんです、勝手に引き継いでくれるステキな仲間に巡り会えてるだけなんだって。


【こんな終わり】
慟哭するアミィちゃんが悲しくもかわいくて。本当かわいくなったなあ…。
寄り添ってくれる弥生ちゃんにはほっこりしつつ、切なくもなる。

「俺と約束したろ、『絶対先には死なねえ』って」→「俺達は戦隊だ!」。ここで持ってくるとは…!!!
キングの一番の理解者であり、実は一番キングに頼っていたのはイアンだったのかもしれない。
「キングはアミィさんを守りたかったんだよ。世界より、ちょっと先にね」ソウジくんがそれを言うか…と感慨深い。
「ブレイブと一緒に託した思い」今回の最終決戦は、なによりそれに尽きる。
恐竜たちの思いが人間のパートナーとめぐり合わせ、彼らのブレイブがデーボス軍を圧倒し、恐竜+人間の全てを託した獣電池がダイゴの手の中にある。
うまく言い表せないけれど。


【真のメロディ】
「ウォウウォウ」はないだろう…ラララじゃだめだったのかしらん。
まさかのカマショーが「真の地球のメロディ」の歌い手だったとは。ということは持田氏は地球の代弁者…?

でも「無敵のスーパースターだ!」は燃えた。本当の強さは、心のなかを探せ。まさにそのとおりだ。
歌ネタで行くと、「大切なモノは自分の手で守りたい」がダイアミにかかってるのもステキだった。
蝶絶神が雑魚っぽいのが唯一残念である。

「超十獣電ブレイブファイナルフィニッシュ」は字幕見ないとわからないレベルの技名。
氷結城ごと破壊されると予告されて若干の不安がよぎったが、直後にミニティラが懐に飛び込んできた時点で大丈夫だと悟る。
「倒した後の目標」はVシネ用?なんにせよ、戦いが終わって平和エンドになるとは思ってなかったからいいのだけど。


【戦いが終わって】
びっくりするくらい日常。
そのくせ街の復興は終わっていなかったり。
リアルだなあ…。

ギャグを飛ばす余裕すらなくなったノッさんにハンカチを差し出すキャンデリラ、しかしその姿は見えず。
憎い演出…!!!しかも髪を上で結んだ戸松女史がかわいくてかわいくてッ!!うらやまけしからん!!!

手をつないでスキップしながら歩くキャンデリラ&ラッキューロは初登場シーンと同じ、しかし今は、人間と手をつないでいる。
なんてステキなシーンなんだろう。
三条氏がキャンデリラを怖いキャラにするつもりだったとおり、実は顔が怖かったり、タナバンタの時や滅びの歌などでカオス様の言うことならなんでも従い結構ブラックな面を見せていたりと悪役でありながら、ガワと中の人の愛嬌ある演技のお陰でそれらが緩和され、それが更に結末まで変えてしまうという、とてもとてもブレイブなキャラだった。
これはキョウリュウジャー全般に言えるのだけど、ある程度の下積みやフラグ、きっかけがほとんど全てに展開に潜んでいるのがすごいところ。幾重にも保険をかけていて、いわゆる「唐突さ」がない。たとえ後付だろうと、こんな技何人ができるだろうか。

ダンテツの「あっ」にちょっと萌える。ドクターやトリンにはそんな感じのちょっと気の抜けた口調で話していたんだろうか。
ダンテツはあくまでダイゴの生存を信じてるから、「キングと呼んでくれ」と言えたわけだ。それはドクターも同様。
大人たちのやり取りで弥生ちゃんもようやく気付く。というか団子頭の弥生ちゃんかわいすぎるんだけど。


【帰還】
キングの帰還シーンはなんのパロだろう、構図に見覚えが…。獣電竜にみんなが駆け寄るのはあきらかにOPのシーンでもう…!

イアンをひっぺがすダイゴにちょっと笑う。せっかくイアンが感情を露わにしたんだから少しは構ってあげて!
ただこのシーン、若干ちぐはぐな会話をしてるのが気になるが、いいか。
弥生ちゃんが一言も喋らないのが、逆にぐっとくる。

ボロボロになった切り抜きにはもう…感涙。帰ってくる間に何回も眺めてたとかだといいなあ。
抱き合うダイゴとアミィを見守るトリン&スピリットレンジャーズが切なかった。いつのまに成仏したのん…?そんなわけないよね。

恐竜を見上げての「やったー!!」
見続けてよかった、応援しててよかったと心の底から思えるすっきりとした終わり方でした。
ちなみに字幕によると「ガブティラ、みんな、元気か?!」と続くらしいんだか聞き取れなかった…。


「史上最強のチームが勝利した!聞いて驚け!!!」
まごうことなき、最強チームでした。
絶望したのが一話だけって。それもダンテツのせいで敵との戦力差じゃないし。
ブレイブすぎる!!!(♪指パチン)

EDについてはなにも言うまい!まさか三条氏が踊れないとは思わなかったけど(笑


一年間、本当にありがとう!!

でも感想と妄想はまだまだ続けたいと思います。


【ダイアミ】
いまだにどういう顔をしていいかわからない。
ありがとうありがとう\宣/
もう大泉に足を向けて寝られない。でもパフェ食べるシーンがないのはどうしてなの。言い値で買いますからどうか出してくれ。


【「お前のメロディーの聞こえる世界へ」】
ニチアサフィルターが無かったらキスしてたよね?!という抱擁シーン。女子力が高まったとかそういう問題じゃない。

今までみんなに平等に接し、美琴や弥生からのラブコールを一切無視してきたキングが、彼らを押しのけてまでアミィと抱きあうなんて…。
ひっくり返るくらいダイアミで大丈夫かと心配してしまった。しかも100年後に子孫の姉弟が出るなんて…!…………直系だよな?実はくっつかなくて100年後に運命というか謎の血筋交流とかないよな?


個人的には戦うヒロインなアミィが好きだったので、戦闘での見せ場がなかったのは残念。



あえて不満を言うなら、ダイアミ展開が急すぎる。
てっきりキングはアミィの「キングの大事な切り札を守りたかっただけなの」発言を「キングを守りたかっただけなの」と空耳(というか脳内台詞カット)したんじゃないかと思うくらい悩んだ。

一話からコツコツコツコツ積み重ねてきた関係が一気に急速化し過ぎててもったいなかった。
前にも書いたと思うが、キングとアミィのフラグとしては目立つ場面だけでも、出会い・嫉妬・大好き&バカップル発言・囮・夢・入れ替わり(&意識)、地味ーーーーーーーな絡みはあったわけで。むしろ嫉妬のほうが唐突だった覚えが。
でもいずれもさらっと流されてるから目立たなかった、というかこんなに大きくなると思わなかった。
そこはもったいないなーと思う。
暫定ヒロインを庇うヒーローを更に庇うとか、並のヒロインには出来まい。



でも三回ほど見返したころに「コイツらお互いが恋愛対象だと気付いてないんじゃないか」疑惑が湧いてきたので、自己完結
最後まで残ったのがアミィだから逃がしただけ・約束したから帰ってきただけ、というニブチンダイゴと、キングの大事なものって仲間&地球のことね・流れで思わず抱きしめちゃったけど普通だよねというニブチンアミィ。
その二人に「なんでそんなに鈍いんですか!」と弥生ちゃん激怒。これはいけるな。



…………はっ!賞金稼ぎの映画でなにかやったらどうしよう!

タグ:キョウリュウジャー

Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

情報源

ブログ内検索

リンク

『眠っている暇はない』
ここ。リンクフリー。

banner.jpeg


『照柿色の夢の中』
小説等々移転先。GENOの心配はないようです。

banner
携帯変換
QR


『神の火を抱いてマークスの山へ翔べ』
旅、カレー、映画、美術館などなど
※ノーバナー

ページトップへ