P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

ブレイブブレイド・24~話26話

キョウリュウジャーの視聴に追われてあまり公式が追えなかった本末転倒。


【剣25・26話】
2425話のストーリーのなさっぷりは逆に好き。
虎太郎がアンデッドと向き合う大事なエピソードなのに「スリップストリームだ」しか印象に残らないってすごい。

「待て、逃すか!」「封印する!」橘さん片言ですがな。
それにしたって面割れ剣崎かっこいい。ていうか面割れがかっこいい。


【虎太郎】
怪我した「ヒト」を放っておけなかった。
虎太郎と剣崎は本当は似ている。

でも、虎太郎は始を信じ切れなかった。
正直そちらのほうが気持ちを理解できる。

【嶋さん】
速水!速水じゃないか!ってなった。シャンゼリオンは最近見始めたばかりだというに。
しかし相変わらずの合成の酷さである。なんでチベットにしたんだろう…。
そして、白井牧場のすぐに人を信じるお人好しっぷりとすぐにヒトを疑う流されっぷりは相変わらず。剣勢はそこがいいところなんだけど。

名台詞「人を愛してるから戦う」
今思うと、それを気付かせてしまったのは果たして正解だったのか。
だが、この時点ではそれが最良の道。

【象さん】
なんで象さんはプールに沈んでるのか…。
強そうな割に、あっさりやられたなあ。ジャックフォームのかませとは覚えてなかった。
他のアンデッドが怖がってる上に嶋さんまで勝てないと太鼓判押すから強さの期待値あがっちゃったんだろうなあ。



【先先週のオフィシャル】
いぱねま:適当にもほどがある脚本。これも監督の責任…?なんにせよ長閑な時代だ。

シャンゼリオン:るいがかわいい。「~なんだって」と他人ごと喋りだったのは偽名だったから?

BFJ:マリアがすっかり馴染んでいる。馴染みすぎてフランスが口説かないほど…。

WSP:三十秒を縮めるために命を賭ける隊長がかっこよすぎる。それと正反対にロボたちがのほほんとしてるのがいいね。
犬爆弾の時限が近くなった途端に集まってくる人達には笑えたがかっこいいからいいや。

ゴーオン:今も昔も範人萌え!いい話なのかどうなのかはともかく、女装で救われた世界…。
当時は気付けなかったけど、相◯パロがそのまま過ぎてで吹く。だがしかし事件の真相はペン回し発電というトンデモである。

デカ:…ブレイクの敵愾心むき出しっぷりに違和感。そもそもバンが単細胞すぎなのはどうなのか。そりゃテツもバンのこと責めるよな、でもテツも説明しろよということでどちらサイドにも感情移入が出来ない。君らは剣ライダーか。
意外とブレイクの武器が超理論だった。

【剣23・24話】
やたらと印象に残る23話と思ってたらカラオケ映像か。

神丘さんは「偽善者!」と言い捨てたけど、偽っているという点では正解。
「誰かを助ける。自分の命も顧みず。素敵なことじゃないか」倒置法なのがより剣崎の誠実さと本心からの言葉だと示しているように思う。
「なぜ、人間を助けようとするのか。」
それにしても、心のつかえを打ち明けてしまうくらい、始はこの頃から剣崎を信頼していたわけだ。
でも剣崎は初めから、始を信じていた。
アンデッドの力を「借りた」というのがいい。逆に言えばこんな剣崎だから融合しちゃうんだろうけど。

【カード】
謎の七並べ!!
剣崎は初めから融合している。普通の人間にはない力が。…ムッキーがフロートだったのもそこに敗因が…。

ハートの2の「CHANGE」。それをさらっと胸元に入れるイーグルは結構キモかった…。
23話ラストでのカリスの後ろ姿は「気持ち悪いから封印したくない」というネタを聞いてから拒絶にしか見えなくなった。


【睦月】
なにこのリア充!いつ見ても微笑ましい。それに比べて虎太郎と広瀬さんのもはや兄弟のような関係といったら…。
「俺強くなってるのかな」からの「あれ~?(震え声」のギャップが愛らしい。
みんなに怖がられてるぞうさん!そしてライダーを押し付けられるぞうさん!

新名はなにがしたかったんだっけ?
走ってるだけなのに辛味噌が流れる橘さんはさすがである。


C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/517-02d5c661


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload