P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

さらば永遠の友よ

詰め込みに詰め込んだ一時間。
期待以上の出来だった。

以下は感想にもならないあらすじ&感想。


・恐竜戦隊を護衛するゴーバスターズ
インタビューで散々言われてるけど、ゲキはいつのまに伝説の戦士に(笑)。
最初からスーパー戦隊の先輩だのゴーカイレッドの話だのメタばかりだった。まあゴーカイジャーがいる限り全ての戦隊は地続きだからなあ。

・ゴーバスターズに助けられるキョウリュウジャー。サポートチーム、おっさんお兄さんチーム、女の子チーム、寄せ集め(笑)チーム、赤チームに分かれてミッションスタート。
く、黒リン…?始まって早々絶句した。あの髪型になんとコメントをしていいのかわからない。陣さん意識?
ともかく、お約束のヒロムウィークポイントをばっちり突いてくれたトリンとそのヒゲを引っ張る黒リンはナイス。
くだけた感じのリュウさんは新鮮なようで、もしかしたらこういう未来もあったのかもしれないという期待を感じるものだった。ウッチーは精神年齢が若いから仕方ないね!
確実に監督の趣味が出ていたJKJD対お姉さんバトル。ごちそうさまでした。おやつ分けっ子、互いを褒め合う、さらにコスプレっぽい制服すべてかわいくて、もっと二人の絡みが見たかった。スカートひらひらのアクションがこんなにいいものとは。エスケイプの復活はもはや心が痛むを通り越したなにかだった。エスケイプとヨーコとアミィの三人で開脚するとは思うまい。縦じゃなく横がよか
緑黒に銀?と首を傾げるのも当たり前、特に共通点のない三人。そういう場でこそ樹液は輝く!お花をさして虫呼ばわりはキョウリュウにないノリで最高だった。
ダイゴと呼び、握手を交わさないヒロム。人見知りだからね、仕方ないね。久々にキョウリュウ初期のノリを思い出したので、そういう意味で後の流れもスムーズになったような気がする。VSエンターは燃えた。「嫌いじゃないですよ」「俺は嫌いだ!」はどこまでも因縁を感じる。「ボルドス様のご厚意で」ということで主人をボルドスに変えたエンター。プログラムの宿命に哀しみを覚えつつ、この人こんな感じで言ったら毎年出られるなとも思う。

・特命。恐竜戦隊の先輩を救出せよ!
最初にリョウガが捕まっていたのは予想外だった。
自分の力が悪に染まり、後輩を痛めつけるために利用されるとは…心中を想像するに余りある悲しみだ。
「13」のメサイアカードを使ってたのはうまいと思った。あれはまさにジョーカーだからなんでもアリ感がある。

・予言と黒くなるガブティラ喋ってかわいい恐竜もいるけど、ガブティラにかんしては喋らないほうがいいなあと思いました。山ちゃんは過去のガブティラの声だと脳内補完するけど。
「親友を死なせるな」という思いも虚しく倒れるガブティラ。振り絞った力が抜けて座り込むキング(そして横座りOさん)。
そういえばピンチにはなりこそすれ、ゴーバスはバディが倒れる展開はなかったなあと思った。それがないように大切に室内待機させてた甲斐がある。

・恐竜ハンター
黒アミィちゃんがかわいくてまあ。
それはともかく、見ているこっちが辛くなる作戦だった。
過去に戻り、自分のパートナーとなる恐竜を滅ぼす。
恐竜が滅ぶのはわかっているのに、その前にとどめを刺す。これぞ憎しみの出来る技。

…それにしてはあまりにもあっさり戻りすぎだとも思うけど。
緑の目を見て正気に返るキングはどれだけガブティラが好きなのか。
これを機に現代に戻ったらより一層パートナーとの絆を深めていただきたい。
恐竜の皆が切り開いてくれた道で、キョウリュウジャーは現代に帰る。
最後に過去ガブティラとキングが抱きあうシーンは、何回もCMで見たけどやはりいいものだった。

・サポートチーム
幸人さん!!!と興奮してたらまさかの戦隊獣電池。共同開発ってウルシェードがすごいの?特命部がすごいの???とにかくすごすぎ!!!
やっぱりサポートチームがいると心強い。
久しぶりの「特命」!自然味溢れるスピリットベースで、というのがちょっと可笑しい。
…しかし何故、幸人はダイノパワーを吸い取られなかったのか。メモリ指したことあるからですか?
「トリケラトプスがピンクとは変わった戦隊だな」…特急で緑斧が『復活』したのを見てキョウリュウは色々なところでお約束をわざと外しているんだなと改めて思った。

・デーボス軍VSゴーバスターズ
デーボス軍が仲良く必殺技出しててちょっと泣ける。
ゴーバスターズは生身でいくらアクションしてても気にならないなあ。バディたちが喋らないのだけが気になった。
そしてそして、陣さん復活!「一度きりのな」なんて言わないでください…。
Jが本当に楽しそうで。被っても突っ込んでくれるの陣さんだけだしね。「遠慮ないな」、がちょっと素っぽくて和む。
狭い中での密集アクション、都会派のゴーバスならではだった。異様に覚えてるのが、ヨーコちゃんがラッキューロの背中を容赦なく蹴り飛ばしたこと。新鮮。
全員での名乗りはこれで最後。シンプルだけどかっこいいバンクでした。
「バディがいたから」という台詞にうるっときた。
デーボス軍は吹っ飛ばされ機械は破壊。邪命力が恐竜戦隊のもとに降り注ぐ。

・闇の連合軍VSキョウリュウジャー
変身できない、でも戦う!
のっさんがやたらボコられてるのが気になる…。しかもキングにメッセージ送るときもやられていたし。
ダイゴを行かせるために体を張る先輩たちはほんとうにいい先輩だ。
で、ダイノパワーがこもった石でガブティラを殴りつけるダイゴはさすがだと思いました。それで起きるガブティラも。

・いざ尋常に、恐竜戦隊!
爆発する機械から四つの手がメダルを取り出したのは良い演出だった。
というわけで。
恐竜戦隊ジュウレンジャー!爆竜戦隊アバレンジャー!の揃い踏み!声ほとんど本物!!!
インタビュー読んだら、年代代表でのっさんとアミィが声を掛けてたのかと勘ぐるレベルのジェネレーションギャップ。
そしてそして、生変身!ダイノバックラー!&アバレチェンジ!
個人での名乗りがホワイトスクリーンバックだったのは何だったの…?合成が間に合ってないんですかね。
名乗りは意外とアバレがシンプルでジュウレンが各自動いてて、キョウリュウは自由すぎる(笑)

挿入歌に串田歌を持ってくる「わかってる」感…。誰だろう手配したの。最高です。
レッド&ティラのチームの安定感といったら。爆発が映える映える。
プテラ集合で飛んでくるとは予想外…メイって飛べたっけ。でもよかった。そしてカラフル。
トリケラトリプルで先輩に敵を浮き上がらせてもらい一気に蹴り倒すアミィちゃん素敵。「イエーイ」って楽しそうですね。幸人がなにか言ってたが聞き取れず残念。
ボーイとソウジは最年少チームか。そして剣使い。なかなか息ぴったりでした。
やっぱりお兄さんばっかりのマンモスパラサイロロフスステゴサウルスチーム。黒黒の共通点と力自慢の共通点をうまく活かした魅せ方だった。
なにより最後の武器合体&横に並ぶ無意味さが堪りませんでした。大人数戦はこれがなくちゃ!

相変わらずエスケイプは爆散し、エンターの高速移動はアーケノロンでキャンセルされやはり爆散。獣電池は反則級だった。地味にウッチーがVSエスケイプのときにアロメラス&ビヨンスモ使ってて嬉しい。最近出番ないから…。


・「荒れるぜレディーゴー!」
「3,2,1!来ます!」とカウントダウンする弥生を三度見位する司令に爆笑。
コクピットがないからってホワイトスクリーンは…。

陣さんが…2回も別れるなんて…。何回も復活してたというGロ見たかったなあ。
泣いてる暇はなく、黒リン…というより仲村さん森下さん他整備班の人々&弥生ちゃんが急ピッチで作ってくれたのであろうゴーバスターズ獣電池の活躍です。

キョウリュウジンで終わるのかとハラハラしてたらプテラゴードンが合体してほっとする。プテラゴードンは拗ねてたのか?
みんながお立ち台でアクションする中立ち続けるゴーバスターズはちょっとシュール。やってもよかったのに。
巨大戦はCG丸出しというかゲームみたいな画面になってて残念。多分スクリーンだからというのが大きいんだろうなあ。

戦いに勝利して、抱きしめ合うピンク&イエローかわいい、ハイタッチを交わすレッド&レッドかっこいい、キメ台詞の最後に「でござる」をさり気なく入れるウッチーあざとい

この間に色々あった気がする。

・別れ
過去のガブティラが帰っていく。それはつまり、デーボス軍によって滅ぼされるということ。
悲しい…。
泣かないでキング、とみんなが集まるところがキョウリュウジャー。キングが泣くのは予想外、だけど逆に言うと彼が泣くのはこういう時くらいなのかもしれない。

思い切りヒロムに抱きつくダイゴ…キング。呼んでもらえてよかったね!
照れ屋さんと見抜かれるヒロムは確かに、初対面では想像できない熱い子だった。
…それにしても、まさかの青兄さんによる「うちの子」自慢が始まるとは思ってもいませんでした。
みんなで「勝利の宴」へ向かうところで〆、それってまさかED?
それを見守る先輩戦士&ダンテツの貫禄よ。

・ED
笑えばいいのか泣けばいいのか。
コマ送りで見たい。
色々言いたいことはあるんだけど、エンターの笑顔が忘れられない。踊れてよかったね!

・オマケ
…………くどい!
と言いたいトッキュウジャー。いちいちナレーションがめんどくさい…。が、あいかわらずキャラは濃そうだ。緑以外。
スタッフ的には期待半分怖いもの見たさ半分。

テーマ : 特撮ヒーロー
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag : キョウリュウジャー 

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/512-a03c65db


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload