P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

Go Over TIME & Space…  33~36話感想

戦隊感想まとめて更新。

ユウリと竜也の仲が一気に進展した4話。
ドモンとアヤセの未来での女性関係もなんとなく垣間見えたり見えなかったり。
33話や36話を見るに、アヤセの女性経験は豊富そうだ。


改めて、ロンダーズとタイムレンジャーが日常生活に溶け込んでいるこの世界観を創りだしたのはすごい。そしてとんでもなく面白い。




第33話「リトルレディ」
珍しく病気が関係ないアヤセメイン話。

「ねえ便利屋さん、ボディーガードにならない?」
朝霧山まで送って欲しいとアヤセの車に無理やり乗り込む少女。
熊を抱いたエミリは、何者かに追われていた。

アヤセのドモンに対する扱いが相変わらず雑で、なぜかほっとする。

竜也・ユウリの偵察コンビのカットにすごい萌えた。仲直り回からの親密っぷりと言ったら。

急がせるために危ない人に喧嘩を売るエミリは、頭の回転早すぎる。一方で宝石の件に関しては歳相応だったり、

エミリの父は借金まみれ。
しかも借金の相手はロンダーズの囚人だった。脅迫の現場を視察するロボター。
アヤセの車は囚人に襲われるが、なんとかたどり着いた朝霧山を見た途端エミリは駆け出す。
山の中から掘り出したのは、幸せだった頃に家族で見つけた「宝石」。
母を失い、父まで消えてしまいそうな不安にエミリは怯えていたのだった。
「人は死んでも大切な人のそばにいるんだ、ずっとな。…多分」

アヤセの運転と生身アクションの無茶っぷりに目を見張った。
激情した後の回し蹴りがかっこよすぎる。
繋いだ手、離される手。依頼費は「宝石」。
最後の会話ほど恥ずかしいものはないが、ハードボイルドっぽいアヤセに似合ってると思う。

米やら水やら重いもの満載なのに事務所に辿り着いたドモンには拍手を送りたい。



第34話

バラのつぼみを目印に依頼を引き受ける暗殺グループ。裏に潜むのはやはりロンダーズ。
首謀者の囚人アベルはユウリのストーカーで、逆恨みから犯罪者になったのだった。

裏情報に詳しいおじさんて。
ストーカー→通報&クビにされたことにキレる→犯罪者になって追いかけさせるって、トレンディなようでゲスな犯人だな。

アベルに攫われ、精神コントロールをされたユウリは暗殺を強要される。
「誰か止めて…竜也!!」


子供番組じゃなかったら!大人番組だったらと思うとgkbrする展開である。アレなフラグ立ってるっつーか立ちすぎ。
でも、ユウリを犯罪者に仕立てあげたからといって、ユウリはアベルと生きることはないだろう。拒絶するか、自ら命を絶つかのどちらかだと思う。

「ユウリに何かあったら俺、あなたを許さない」
激昂して詰め寄ってるのに、「あなた」なのがいいよね。Y子さんは育ちのいい主人公が好きなんだろうか。

「お前なんか全然ユウリのタイプじゃないだろうが」に受けた。やっぱり好きな男性のタイプは坊ちゃん育ちで人が良すぎて仲間思いの空手がうまい現代人ですか?
照れ隠しのオチ、「抱きしめた感触が~」にはにやけるしかない。
アベルのユウリ所有物宣言に竜也が返した「は?」の凄みにユウリは気付いていないだろうけど、ユウリが自分の気持を自覚したことで、二人の仲は一気に進展していくんだね。

さりげなく、直人がなんだか歩み寄りの兆しを見せている。
圧縮冷凍、譲ってくれたしね!

犯罪は無くせないのかな。
それにそんなことないよ、と返せない虚しさを感じつつ、〆。




第35話「明日が来ない」
エンドレスエイトの長門、もしくは手抜き。

研究所でいつものように検査を受ける直人。
竜也に連れて行かれた病院で出会ったタイジはタイムファイヤーの大ファンで、心臓の手術を控えていた。だが、タイムファイヤーが現れないことに業を煮やしたタイジは叫ぶ。
「明日なんて来なければいい!!」
病院のシステムが囚人ハッカーにハッキングされ、患者たちが危険にさらされる。
タイムファイヤーを狙うとどめの一撃。だがその瞬間、滝沢直人は検査室に戻されていた。

子供のために土下座すら厭わない竜也はただの嫌味である。

タイムレンジャーが病室に来てくれるとかなにそのご褒美!!!
そのうえタイムファイヤーじゃないとイヤだなんて贅沢な子!


新しいアイキャッチがダサいんですけど…。

検査、病院、襲撃、そして…。
繰り返される10月22日。
直人は無事に明日を迎えられるのか?!

直人が思った以上に精神的に弱かった。
「これは運命なんだ」と諦める直人に、「運命は自分の手で変えられる、絶対にね」と諦めない竜也がフラッシュバックした。

赤が二人並んで重なって、かっこいい。
レッドとシャドウ、連携プレーができるじゃないですか!!
Vレックスパンチでタイムシャドウの目が本当に冷めててわらった。

子供に絡まれてあたふたする直人が面白すぎる。




第36話「素顔のままで」
「あなたがタイムイエローだったんですね」
もう用のないパスケース。
今度こそは素顔で生身のまま。

ホナミのパスケースを巡り悩むドモン。
だが、ロンダーズから奪いとったトランクの運びを依頼され、ドモンとアヤセはロンダーズに追われることに。

ドモン・ホナミ回と見せかけて竜ユウ回だった。
竜也とユウリの距離の近さ!!
残り三人が帰ってきた時の姿勢の正しっぷり!!!
無意識でやってたらかわいいなあ!無意識じゃなくてもかわいいなあ!!!
おかげで、スーツ着てからの赤ピンクもなんだかいちゃいちゃしてるように見える!!


さりげなくアヤセ・ドモン回でもあるわけで。
まさかこんなに息が合った連携が取れるだなんてなあ。
なんだかんだ、半年以上一緒に暮らしてきた仲間だしなあ。
今までの相性の悪さは、似てるが故の反発に加えて、それでも尊敬できる部分がある悔しさから来てるんじゃないのだろうか。

運ばされている依頼品はなんと爆弾。リモコンをロンダーズに奪われ、ますますピンチに陥るアヤセとドモン。
ドモンはホナミを諦め、アヤセに託そうとする。

居残り組はパンケーキもぐもぐしてるんじゃないよ、緊迫してる中で!

バンジャンの攻撃がww地味wwww
なんだか憎めない囚人なのはこれが原因か。

実はすべて、シティガーディアンズの仕組んだ囮捜査だった。
ところが囚人バンジャンは事務所ごと爆発しようとあがく。
爆発の直前、ホナミをかばったのはドモンだった。

まさかのたっきー登場、意外とノリノリだった。

シオンがいいとことりしすぎ!さすが、頭脳派!
「無駄にならなくてよかったです」ってお前…いや、一番の功労者なんだけどさ。

全部わかってる、という顔でドモンとホナミを見てるアヤセが印象的。
ドモンが走りだすシーンが綺麗にまとまりすぎて、このまま終わるのかと思った。
JIKUはもしや、人間関係における節目の度に流れてるのだろうか。前の仲直り回で燃えたのが記憶に新しい。

「決まりかあ」じゃないよ竜也の馬鹿!アヤセとシオンがTM事務所に帰った時が気まずいでしょうに!!!
告白シーンはTV本編で放映されるのでしょうかwktk



そういえば、何故この回は冬服に戻っているのか。もう10月だからか。

テーマ : 特撮ヒーロー
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag : 未来戦隊タイムレンジャー  神回 

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/425-0431d945


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload