P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

風にその名を呼んだなら… 31~34話感想

32話の神回っぷりといったらないね。



第31話

「お前の命を無駄にしない」
病や事故から人間を救うラモンとゴーグ。だがその目的は、人間を果実にし食べることだった。
大ピンチにもかかわらず戦いの場にいない凱と香は、乗馬デートに勤しんでいた。
「自分を犠牲にするのが戦士の使命だ」と説得をする竜に、凱はクロスチェンジャーを押し付ける。

あれ、ラモンたちっていいやつ?と勘違いしただけに、パイナップルジュースのインパクトはデカかった。うへえ…。

凱と香が、まるで浮気が見つかった夫婦のようだった。そりゃ気まずいよねー。
でも、凱の言うとおり、「俺の気持ちはどうなる」わけで。
二人とも戦う動機が完結してしまったから。
香は竜のために戦士になった。凱はそんな香を守りたかった。香の気持ちが竜から離れ、二人が共にいる以上、凱と香に戦う理由はないわけだから。

そういう意味では、私欲から始まり、今では人類のために戦っているアコと雷太の成長っぷりは素晴らしい。

ラモンの攻撃で、マリアの姿から蘇ったリエ。マリアとしての記憶を失い、不安定なリエは竜にすがりつく。
新マシン・テトラボーイが完成し、ジェットマンは巨大化したラモンを打ち倒す。
だが、現れたラディゲにより、リエはマリアに戻されてしまう。

マリアという一縷の希望があるから、竜はリエを忘れられないのか。今まで散々ぶーたれてたけど、竜が一番切なくて辛い立場だった。リエがいない今、戦士に徹するしかないもんな。
予告の「心を閉ざしてしまった」を聞いて涙が出てきたよ…。

…それにしても、テトラボーイの肘膝が曲がらない走り方は何なんだ!!そしてまさかの自立マシン(リモコン)!
この落ち着きのない動きはなんなんだ…。
某レックスを思い出したが、音声操作になった分さすがに3000年の技術は進歩してるのか。




第32話「翼よ!再び」
それにしても毎回毎回、竜とリエのバカップルを絵に描いたようなデートは何なんだ。誰が考えてるんだ。

リエがマリアに戻った事態に錯乱し、心を閉ざす竜。
そんな竜の姿を見た凱と香は再び戦う。
だがバイラムの策略によりラモンは力を増し、ラディゲの支配下に置かれた。
強大なラモンに倒れる四人。その前に現れたのは、目を覚ました戦士・竜だった。
「これから始まるのかもしれないな、ジェットマンとしての本当の日々が」

リエ=マリアを呼ぶ竜の悲壮さに、改めて中の人の成長を感じた。
竜が無意識化で逃避していることに気づいていたように、マリアもリエであることを薄々感づいていているから、執拗に竜を追うのではないか。

「竜を貶していいのは俺だけだ」
この捩れているようでまっすぐな友情を、竜も凱も理解しているはずだ。もちろん香も。
生涯のライバルであり親友である竜の腑抜けた姿を見た凱の苦しそうな表情。「待っている」という叫び。自嘲する凱の背中に頬を寄せる香。
ブランコからバイクで出動する一連のシーンの奥深さといったらない。

OPが流れ、久しぶりにしっかりした名乗りをし、5人が連携して敵を倒す今回の戦闘シーンには、ただ一言を捧げよう。
おかえり!!

戦士でリーダーでい続ける竜、彼に対する見方が変わった魔神編(?)だった。

リエの墓の前で誓い合うように手を寄せる5人には胸が熱くならざるを得ない。
そんな感動の次の話は「ゴキブリだ」。
それもまた、戦隊のいいところ。





第33話「ゴキブリだ」

高速で動き、身のこなしが軽く、粘着性の液を発するゴキブリにはジェットマンの攻撃が通じない。
ゴキブリを倒すための新兵器は未完成、その鍵を握るのは設計者の娘・ミカだった。

凱と竜の仲直り。今度こそホットミルクではなく、お酒で。凱だけでなく竜も照れくさそうにしてるのが新鮮。
乾杯はしなかったけれど、心と心は結ばれてるはず。

ゴキブリに攻撃が通じないと分かった瞬間にオウルがホークをかばうように前に出てきたのが好印象であり意外だった。竜は守る人、ではなかったから。やはり前回の影響が大きかったんだろう。

旦那を待つ新妻のようなんだが、みかちゃん。デリカシーないというか、性善説は相変わらずか、竜。

街で暴れるゴキブリ怪人。
設計図はミカの潜在意識に残されていた。
異様に生命力の強いゴキブリ怪人に苦戦するジェットマン。その時、長官が新兵器を持って現れた!!

「父親への誤解が~」というけどさ、家にいないわ邪見にするわ、その上勝手に潜在意識に設計図を刷り込むとかひどすぎる。
ていうか今回の話の流れがひどすぎる。色々と、雑。
将来相沢博士みたいになりそうだな……なるなよ竜…。

バースバスターを思い出し、平然と撃ってる長官すげえとなると同時に戦隊における武器開発の早さには毎回度肝を抜かれる。
ビークスマッシャーの強さは反則じゃないか?!(しかし次回の出番はないのであった)





第34話「裏切りの竜」
前々回の流れから一転、なにが起こったと言うのか?!まあ普通に演技なんだけど。

テトラボーイの機密図を盗み、グレイにマリアとの交換を持ちかけた竜。
運命が竜を変えたのだと、凱たちと戦い始める。
だが、竜はグレイに撃たれ、ブレスも壊されてしまう。
バイラムたちは手に入れたテトラボーイを次元獣化しようとしていた。
自らの意思で動き出すテトラボーイ。

それにしても、アコちゃんにはヒロイン特有の悲壮な声がよく似合う。
つうかいつの間に髪が伸びた。

案外騙されやすいんだなあ、バイラム。
でもこれを生で見ていたら、騙される自身はある。
そしてアイキャッチ後の孤独な(しかし自業自得な)竜のピンチが手に汗握る思いをしただろう。

バイラムの基地に潜り込む竜。次元獣が送り込まれる時限装置の中には、ジゴクメデューサが潜んでいた。
それだけでなく、バイラムの幹部にまで攻撃される竜。
だがすべて竜の計算だった。

それにしても、まだリエに固執するか竜よ…。よく考えたら、諦めたなんて一言も言ってないもんなあ。

あ…アンドロイド、だと?!どんだけ技術発展してんだよ!?いろんなもの超越してんなあ、鳥人戦隊。
そして微妙に爪が甘いのは相変わらずで。

それにしても、敵幹部の基地に乗り込んでるにもかかわらず自らの基地の居場所が知られていないっていうのはものすごいアドバンテージな気がする。


竜がこの作戦を実行できたのは、五人が本当に団結できたから。
心から信頼出来る仲間だとわかったから。
初期では考えられない作戦だった。
そして、この絆がバイラムに勝利するための重要な鍵になる。

テーマ : 特撮ヒーロー
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag : 鳥人戦隊ジェットマン  神回 

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/424-1f4cdac3


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload