ブログランキング
眠っている暇はない|Go Over TIME & Space…  29~32話感想

Go Over TIME & Space…  29~32話感想

2012.05.07 21:02|旧戦隊
やっと出ましたタイムファイヤー!!
登場話数が増えてもちっとも好感度が上がらない不思議。



第29話「炎の新戦士」
てつを並の濁音ボイスが気になる…。

時間異動実験で行方不明になったVレックス。
時間流を彷徨う際、制御装置が外れてしまった。
どこかに落ちている制御装置を目当てに、探し、戦うロンダーズ・タイムレンジャー・そして滝沢。
ゼニットが攻撃した制御装置は暴走し、滝沢直人を「タイムファイヤー」と認識してしまう。
炎の中現れたのは、タイムレッドと瓜二つの戦士・タイムファイヤーだった。

直人が変身するのはわかってるので、どうして変身できるようになったのか?を予測しながら見ていた今回。
まさか誤作動とは…てっきり制御装置を持ち帰る→現代で開発→変身&さっそうと現れるだと思っていたのに。
オペレーション付きのクロノチェンジャーが親切ながら、ノリノリの直人がちょっと面白い。

マスクの中のモニターってこうなってるのか、他のメンバーも同じなのかな。よく面割れしたまま竜也は戦えたこと。

何故草加雅人は愛され、滝沢直人は嫌われるのか。
いまのところ、直人は嫌いです。あの5人と一緒に戦ってほしくないなあ。




第30話「届け 炎の叫び」
「ジ・エンド」…直人さんかっこつけすぎです!

Vコマンダーを取り戻すなら俺と戦え、直人は竜也に戦いをけしかける。
浅見グループは、タイムレンジャーをシティガーディアンズに招き入れようとする。

野心VS野心。直人と浅見父が全く噛み合わないのは何故なんだろう。
竜也とかかわりが深すぎるからか。抱く感情が真逆だからか。
竜也を「おぼっちゃん」呼ばわりする直人はむかつくものの、その言い草がわからないでもない。レールに乗ることを強いられる竜也と、レールから降ろされる直人。
本来なら、出会うはずがなかった二人。
なのにまさか、浅見父との賭けをしたインターハイの相手が直人だったとは…。因縁が深すぎる。

何故、時間保護局はなにも教えてくれないのか。ロンダーズファミリーの氾濫以前にデータが書き換えられていたというアヤセの推測の真偽は。
あんまり知りたくない、な。

回復し、再び暴れだすVレックス。
タイムレンジャーは再び結束を強め、バーチャルネットでVレックスを抑えようとする。
だが、直人の声紋認証が認識され、Vレックスはタイムファイヤーのものに。
「動いている、確実に…」

今回の「JIKU~」が流れる下りが熱くてしょうがない。
ロボと一緒に走るその姿がOPと被るからだろうか。なにがあっても竜也と一緒にいるという決意が伝わってくるからだろうか。
5人の不安定だけど強固な絆のかたちが非常にツボ。
結局リーダーはドモンになったのか。…そっか…。それが10年後の未来につながるのかな。
「ただいまっ」に返したい。「おかえり!!」

Vレックスロボかっこよすぎる…!!!
でも直人乗らないのね。自動制御なのか、Vレックス。
というか、乗ったらぐらぐら揺れて酔いそう。

浅見父、なんでもやりすぎ。フットワーク軽すぎ。
意外と現場出身なんだろうか。






第31話「迷想ゲーム」
「合格」の映像のうさんくささ。


公式発表されたタイムファイヤー。それを追うホナミ。
彼女からのメールに右往左往するドモン。
ギエンの勝手な行動にキレたドルネロは、「おしゃぶり」を持ち出す。
一方、患者をもてあそぶ囚人カウンセラー・ゼクターを逮捕するため侵入するタイムレンジャー。

ドモンとホナミ、竜也とユウリ。いつか離れ離れになってしまう二人。
「鈍感なやつめ」がどこにかかっているのだろう。
でも、振り返ったドモンは笑顔だったから、なんとなく安心できる。

治療のため、精神世界にとらわれるドモン。
だが、プロファイターの底力で抜け出し、圧縮冷凍にする。
ホナミとドモンは相変わらずすれ違い、ドモンはとうとうホナミのパスケースの中身を見てしまう。

会いたいと思った時間は、あっけなく消えてしまう。
出会ったことは事実で。消える前に、別れる前に、なにか残して伝えなきゃ。
ああ、吹っ切れちゃった。いろんな意味で。

「がんばれ、ドモン」。
確かに応援したくなる展開だ…。



第32話「犯罪者を救え」
てつを並の濁音ボイスが気になる…。

「もう二度と人の道を外れたくない」とドルネロに協力を拒んだDDラデスは、ギエンにより精神作用装置を取り付けられてしまう。
ところが調整がうまくいかないおかげでラデスは脱出に成功する。
ギエンたちに追われるラデスを助けるシオン。

結構ハラハラする。ラデスが本当に“いい奴”なのか、演技なのかどうか。
ドルネロとギエンの「嘘をついたことがない」「ないぃ?」「…ちょっとだけしか」のやり取りが笑える。

ラデスとシオンをかばい、直人と敵対するタイムレンジャー。
「見た目が地球人と違うから、撃つんですか?」
「僕達の使命は、命を奪うことじゃない!」

ラデスがいいやつだった。きちんと罪を省みる犯罪者は何故だろう、好感を持ってしまう。不良と子犬の原理だろうか。
むしろシオンが、抵抗を促すとは…。
笑顔で直人に「撃ってください」と言い放つシオンはちょっと怖かった。
直人の性格が読めないだけに。

…直人がシオンにデレた!!
ただ単に、竜也に敵対してるだけで他のメンバーと禍根はないというだけなのだろうけど。
こうやって少しずつ、タイムレンジャーのことを知っていけばいい。
………というか、タイムレンジャーって囚人を殺してるように世間では思われてるのか。悲しいことだ。

「カップラーメン後一個」「…「早い者勝ち!」」
相変わらずかわいいオチだ。

テーマ:特撮ヒーロー
ジャンル:テレビ・ラジオ

タグ:未来戦隊タイムレンジャー 神回

Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

情報源

ブログ内検索

リンク

『眠っている暇はない』
ここ。リンクフリー。

banner.jpeg


『照柿色の夢の中』
小説等々移転先。GENOの心配はないようです。

banner
携帯変換
QR


『神の火を抱いてマークスの山へ翔べ』
旅、カレー、映画、美術館などなど
※ノーバナー

ページトップへ