ブログランキング
眠っている暇はない|ブラックホールに消えたヤツがいる 1・2感想

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックホールに消えたヤツがいる 1・2感想

2012.03.29 21:04|旧戦隊
なんだろう、くだらないのに見てしまうこの感じ。
ゴーカイの時に聞いてはいたけど、本当に噺屋から始まるんですね。
もしかして今回の配信は(ジバンは違うけど)後半テコいれして雰囲気変わった妖怪ものなんじゃないだろうか。

来週のケイン登場回が楽しみ。
1994年か…これ放送してた時は物心ついてもないのに、ケインだけは覚えてるんだよなあ。




第1話「忍者でござる」
↖カッパ↖アズキアライ↖ヌリカ(以下略)

先祖たちが命がけで封印した妖怪・ぬらりひょん。
その子孫であるサスケとサイゾウは、あやしい男に大金をとある稲荷神社に運ぶよう頼まれる。
なぜか突然忍者に襲われる二人。
追いつめられた二人は、封印の扉を開けてしまう。
それは河童男の策略だった。

島にいた少年少女の下りががちでトリハダ立ったくらいこわかった((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
…………って、踏んだだけで開くってどういう作りよ、封印の扉!!!

妖怪の説明が出るのに驚いた。あんまり説明していないけど。あ、この戦闘員覚えてる…。

混乱する彼らの前に現れる三太夫。
飛ばされた先で24代目鶴姫に導かれ、サスケ・サイゾウは忍者戦隊カクレンジャーに変身する。

剣を抜いたらまさかの巨大ロボ登場。しかも喋って動いた?!!!
そして「ドロン“チェンジャー”」。発光オーダイド。なんというロストテクノロジー。
でも変身シーンがかっこいいでござる。天然気味なご先祖様にも萌えたでござる。
鶴姫とサスケ達は知り合いっぽいけど、どういうことだろう。

次回までひがみっつ、ひーみーつ。




第2話「危ないおばさん」
え、もうカッパ退場?

もう一人の仲間を探しにゲーセンへ向かうサスケとサイゾウ。
一方独自に動く鶴姫は、妖怪エネルギーの渦は、人間の怒りや悲しみを吸い込み、巨大化して人を襲うと知りネコマルを走らせる。

サファリバス……?
猫丸ってどうみてもライオンじゃねえか。

だー……り、ん?
河童たちの子供は3年前に人間の毒にあたって死んだらしい。いや、それはいいんだけどね、無駄に重い設定なのに太腿撫でてあうあうな感じのかっぱはなんなのよ。
ろくろ首怖いよ。毎話毎話涙目だよ。
ろくろ首があんな姿なのは時代の変化らしい。いや、京極理論だと正しいか。

セイカイを助けるため、単独戦うサスケ。
三太夫に連れられ、レッドサルダーの力を手に入れる。
一方セイカイはサイゾウたちに連れられ、カクレンジャーに変身した。

ぶっちぎるぜえ。
「性格の悪いところだけわしにそっくり」「インスタントばっかり食うなよ、米食え。」黄色のご先祖様おちゃめ過ぎる。

サルダーとカッパたちの戦いに一体なにがなにやらなんだけど、ついていけない私が悪いのか?首がとりついたり鶴姫が身体を倒したり、いろいろあっさりすぎると思うんだけど。あ、カッパ夫婦死んだ。

そしてカクレンジャーは、ネコマルに乗り妖怪退治を続けるのであった。
やっぱり突っ込みどころが満載である。セイカイ、学校は?シンケンで千明が怒られてたのは健全だったんだなあ。

つがふたつで、つ・づ・く。

テーマ:特撮ヒーロー
ジャンル:テレビ・ラジオ

タグ:忍者戦隊カクレンジャー

Comment

非公開コメント

| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

情報源

ブログ内検索

リンク

『眠っている暇はない』
ここ。リンクフリー。

banner.jpeg


『照柿色の夢の中』
小説等々移転先。GENOの心配はないようです。

banner
携帯変換
QR


『神の火を抱いてマークスの山へ翔べ』
旅、カレー、映画、美術館などなど
※ノーバナー

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。