ブログランキング
眠っている暇はない|Go Over TIME & Space…  19・20話感想

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Go Over TIME & Space…  19・20話感想

2012.03.25 23:48|旧戦隊
胃がキリキリする今週の二話。



第19話「月下の騎士」
「もう一人の自分」の登場。何かが始まった、そう予感させるにはあまりにも重すぎる幕開け。

リラとドルネロがバカンスに行っている間にλ2000からエネルギー・Z-3の生成をたくらむギエン。
一方第三研究所ではドルネロファミリーに対抗すべく、雷鳴を開発していた。
タイムレンジャーの周りでは時間の流れが止まり、もう一人の自分が現れる。

「あぁ~ん、リゾォト~」のリラのはしゃぎっぷりと、「バカンスバカンス」と楽しみなのが隠しきれないドルネロに萌える。いやいや、こいつらユウリの家族の仇だから。悪だから。
4人で一斉にコーヒーを飲むタイム勢もかわいい。
(肩ポンして)「太りましたよ」、シオンはどの方向にいきたいんだ。でも誰もドモンが太ったことを否定しないのね。
って楽しまないと押しつぶされる、今週は。

破壊を好むギエンが放った破壊兵器ノヴァ。
だが、プロバイダーベースはタイムジェットを出動させない。為す術もなくやられるタイムレンジャーと雷鳴。
そんな中突然現れるタイムシャドウ。暗闇の中、月下の騎士はノヴァをあっけなく倒す。
そしてタックは、ギエンが動いたことで時空の乱れが生じたことを5人に告げる。
なんと、雷鳴の開発には浅見グループだけでなく、内務省治安維持局までもが関わっていたのであった。

なぜリュウヤはタイムジェットを出動させなかったのか。
内務省の長官や浅見父はなにを企んでいるのか。
ドルネロファミリーという敵だけじゃなく、周囲の人間すら味方とは言い切れない。
こんな状況でよく頑張っているよね。未来人も、現代人も。

最後のギエンの高笑いとCASEFILEの赤い文字が相まってものすごい恐怖を覚えた。




第20話「新たなる絆」

3010年に開発されるはずだったタイムシャドウの投入。20世紀で作られるはずがなかった戦車。
歴史が変化しているかもしれない。
タックの推測に焦るドモン。
「タイムレンジャーって言っても、僕らには、歴史とか未来とか、何も見えないんですね」
だが、ギエンはヘルズゲートからブラスター・マドウを解放し、人々を襲わせていた。

「ちょっとくらいなら変わったっていい歴史もあるんじゃないかな」とアヤセを見ながら言う竜也。二人の関係がわからないから余計に苛つドモン。なにも言えないアヤセ。
今までにない険悪さに、冒頭から涙目。
とにかくユウリがしっかりしてて、シオンがドモンを慮ってくれてよかった。

笑顔で人々が襲われている現場を実況するアナウンサー…。
タイムのスタッフはマスコミに恨みでもあるのか?と勘ぐるくらいには、扱いが悪い…ホナミさんのことを考えると、出番があるだけいい扱いなのか?

エネルギーの流れが見えるため、攻撃が通じないマドウ。
ボロボロになり、死にそうな目にあい、時間保護局に見捨てられたのではと狼狽するドモンは問いかける。
「自分でどうにもできないなら、タイムレンジャーやってる意味なんてあるのか?」

「殺してもいい?答えは聞いてな(ry」
プトティラの時といい、今までわりと人間に危害が加えられてなかったのに、急に殺人が起こるのは嫌だ。急転直下すぎてついていけない。
こんな凶悪犯でも圧縮冷凍。死刑制度の是非は難しいなと変に考えてしまった。
どうでもいいけどマドウは半分こ怪人

「今更立ち止まったって、それこそ意味あるのか?」
「歴史がどんなに変化しても、ドルネロファミリーを逮捕するのに変わりはない。」
「僕、みんなで一緒にやるタイムレンジャーが好きなんです」
「思ってることはバラバラでも、みんな、目の前で襲われてる人を放っておけない。
自分で選んだ道なら、その意味も結果も自分で掴めばいい。」
だから、「クロノチェンジャー!!」

他の未来人3人は未来に執着なさそうだけど、ドモンは違う。
ホームシックにかかったドモンだから、未来がわからなくなったのが不安で仕方なかった。兄弟6人に両親まで残してるんだもんね。
その不安を吐き出したことで、4人…いや、5人に改めて、「なぜ戦うのか」を問いかけた。

アヤセが一番初めに歩き出したのが感慨深い。
「未来はいい方に変えられる」それを一番信じてるのがアヤセだから。
そして、やっぱりブレないユウリ。
『仲間』を何より大切にするシオン。
良い意味で一歩引いた目線でタイムレンジャーを見ている竜也。
誰よりも人情が厚く、誰よりも3000年の未来を愛しているドモン。
5人の進む道が見えた今、ますます絆が深まっていくことだろう。
……ああ、タイムファイヤーの登場がすごく不安。

結局ドモンの作戦がなんなのかよくわからないかったけど。

タイムシャドウと合体して、新たなるフォーメーション・シャドウベータが発動する。
だが、圧縮冷凍を済ませるとロボットたちはあっさりと帰ってしまった。
本日のねぎらいに、シオンはすきやきを振る舞う。
勝手な行動をするギエンを叱るリラとドルネロ。だが、全くギエンは懲りていなかった…。

うーん、タイムロボ・αのほうが好きだ。再登場はあるんだろうか。時空剣は誰が治すんだ。
タイムレンジャーが投げ出されたときは、ドモンと同じように( ゚д゚)ポカーンとした顔をしてしまった。

「アヤセ、ネギくらい食べなさいよ」にやっと和むことが出来た。蕎麦好きなのにネギは嫌いなのかアヤセ…。
シオンは本当に泣けるやつ。でも19話冒頭といい今回のオレンジジュースといい、もしかして食にあまり執着がないのかもしれない。

前言撤回して。ドモンはお父さんより長兄だった。
なんだかトゥモローリサーチは、上からドモン、アヤセ、ユウリ、シオンの兄弟に竜也が居候してる(でも一番仕切ってる)感じになりつつある。
でも稼ぎ頭は末弟っていう。

バカンス帰りのリラちゃんがガングロになっててびびる。美白て。あれ、リラって人間?怪人?異星人?
また、ギエンがなにかやらかす予感。
ドルネロでさえギエンは抑えられないのか…。
どんどん不安要素が溜まっていく。


…と思ったらこの予告である。
明らかに酔っ払ってる展開なんだけど、いいのか子供番組?!(今更

テーマ:特撮ヒーロー
ジャンル:テレビ・ラジオ

タグ:未来戦隊タイムレンジャー

Comment

非公開コメント

| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

情報源

ブログ内検索

リンク

『眠っている暇はない』
ここ。リンクフリー。

banner.jpeg


『照柿色の夢の中』
小説等々移転先。GENOの心配はないようです。

banner
携帯変換
QR


『神の火を抱いてマークスの山へ翔べ』
旅、カレー、映画、美術館などなど
※ノーバナー

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。