P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

よろしく勇気! 【映画感想】

見てきましたよ、宇宙海賊VS宇宙刑事!!!


最高だった。
ギャバンを見たことが無いので断言することは出来ませんが、どっちのファンも非常に楽しめる作品だったのではないかと。
「蒸着!」がひたすらかっこいい。
そして傷だらけのおじさま萌え。

全体的にハカセの出番と言うか、美味しいシーンがやたら多くて俺得でした。本当に。姿は見えないのに声がする例のシーンとか、シリアスになればいいのか悶ればいいのかわかりませんでしたYO!


他にも見所はいっぱいありますが、ネタバレしない範囲だと鎧ですかね。パンフで書かれてるんですが、お前は野生児かと。
ギャバンにあんまり反応しなかったのは、「スーパー戦隊」ではないから??でも中の人ともどもばっちり押さえてるのはさすがだ。
あとは、某シーンでの懐かしさが異常だった。みんな助かってるといいなあ。

ネット回ってたら「脚本ヒドすぎ」的な声をよく見たんだが気にならなかったなあ。
勢いで乗り切れたらそれでいいと思う。大画面の映画だし。そもそも特撮は、お約束と不思議なことがはびこる世界だし。正義が勝てばそれでいい。
ていうか、DCDの映画と最終回以上にひどい脚本はないからキニシナーイキニナラナーイ。


ただひとつ、タイトル詐欺じゃねえかとは思いましたけど。
ゴーカイも正義の味方だしね。デカにも認定されたしね。



以下ネタバレ感想。
どうでもいいんですが、「通りすがりの」が二回くらい使われてて笑った。
そのセリフ聞くと脳内に破壊者が現れるんだよ!
「すべてのライダーは俺が倒す!」(二回目)



  受け継がれるもの
命を救われ、「覚悟」を受け継いだ息子が、正義を貫く父を助けに現れる。
ギャバンはまるで、マーベラスの父でした。

勇気を奮い立たせる「よろしく勇気」の言葉もそうなのだけれど、それよりなにより、抱きしめられた温もりが効いたんじゃないかな。
「たった一人きりで乗り込んだ」貨物船。
マベがいつから、どういうきっかけで宇宙を旅し始めたのかはわからないけれど、10歳前後の少年にはちょっと荷が重すぎる。
そんな中で出会ったギャバンの姿は、少年の心にしっかり刻まれたのだろう。
マーベラスがなにより仲間を大切にするのも、「ゴーカイにいく」のにも、納得がいきました。
素敵な設定。

成長して、今度は自分が助ける番になって。
ゴーカイな脱出に身を預けるギャバンと、誇らしげにしてるマベが微笑ましかったです。
しかし、あの脱方法はすごい。何かの歴史に残る。




  「蒸…着!」
一人で5人を相手にしてノシてしまう実力。
権力に屈しない正義感。
拷問に耐え続ける精神力。
10年前に助けた少年を覚えている人情。
どれもすばらしい!!

ギャバンに関しては、なんと言葉にしていいんだろう。
大葉さんの生身アクションに、正直惚れました。
キレが、他と比べものにならないくらいのキレが。「あ、この人なにかやってるな」と思ってたら、この御方元スーアクなんですか。さすがだ。
パンフでは謙遜してるけど、その年齢であのキレは国宝ものです。

「ギンギンにいくぜ!」が霞むくらい、ギャバンはきらっきらして。
それが夜だと映える映える。
ギャバンVSブートレグは凄まじかった。でもギャバンのが好きだな。
「能力をコピーしただけの機械に人の心を持つ俺が負けることはない!」
ですよねーお約束お約束。

あえて文句を言えば、「あばよ涙」のクサさですけどね!逆に、昭和っぽいクサさでよかったのかな?どうだろう。
でもすごい印象に残るよね。
あと、「ではその変身プロセスをもう一度見てみよう」はもうちょっと!尺が欲しかった!




  「野生の匂いとアンパンの匂い」
匂いなのか鎧!?
っていうのはともかく。
大葉さん揃い踏み変身は素晴らしかったです。
失礼ながらどれも見た事無いんですが、それでも感激だった。
最後の天の声も詳細を知ったら余計に増した。

三人が同時に喋ってるシーンはどれも違和感なかったです。相当手間かかってるなあ。




   おひろめ
バスコの姑息さもそうだけど、何の対策もしてない海賊に笑った。
いやー、清々しいくらい悪党だね!
で、バナナで転ぶさっちゃんが最高でした。切なかったけど…。
殴られて置いてかれてメロンを差し出すさまもまたかわゆく。

ゴーバスターズ!は、別世界なんですね。
三人の戦闘スタイルがそれぞれ確立されてるのもまたよかった。年齢バラバラなのもいいね。
気になるのはスーツの皺くらいだろうか。
「強いもんね」「負けないくらいがんばらなきゃ」の台詞に、すなおーに応援する気が出ました。
三人は最初から仲良しなのかな?




  魔空世界と監獄
結局、ドン・ホラーの子孫は本物だったのか。
それはともかく、宇宙警察はどうなったんだろう…。
あと、潜入容易すぎ。
6人のコソコソ潜入はかわいかったですが。どんなにハカセ(とか)が遅れてもジョーが常に後ろを取るっていう気遣いがね。
ハカセといえばハカセの過去は結局明かされじまいか。

まあそんなのはどうでもいいんです。
問題は囚人だ!!!!!
ジェラシットがいるっていうのは小耳に挟んでたんですが、出た時はリアルで吹いたよ!パンフ見て二度びっくりだよ!!!長いエピソード聞きたかった。テレビは無理かもしれないけど、OVAとかでやればいいじゃん!ね!?
ダークシャドウ群も懐かしく、あ、ちょっと写真集欲しいと思ったり。
ヤツデンワニは、本編での活躍を全然覚えてないのに「こいついた!!!!!!」と笑い転げるくらいインパクトがあった。女好きなとことかね。あのシーンは興奮してて記憶が定かではないんですが、ルカとアイムが助け合っていたよーな萌。

ガイアーク三大臣とバエとバンキュリアがすごーく嬉しかった。
「狭い所が苦手で…」とか言う真殿キタネイダスに萌える。そんな日々。「ゴーVSシンケン」見てないんだけど見ようかなあ。歴代戦隊で一番好きな敵です。一生忘れない。
ケガレシアとシズカでハカセを取り合ってた時は思わず「代われよ!」と思ってしまいましたよ。あいかわらず美味しいキャラめ。

バンキュリアって「ナイトメア」だと思ってた。ウン年ぶりの衝撃。一人だと色っぽいんだよね、ジョーに色目使ってたし。ヤツデンとかバエ的に対象に入るんだろうか?

バエはなんで投獄されてるんだ?!いや、確かに本編でも的なのか味方なのか立ち位置微妙だったが。
ゴーミン来てシーンとなってる時に、「ああ、もっと踏んで」の声が響いていたことを私は忘れない。

とにかく、ザンギャックにとって残虐でない怪人たちがOUTってことでしょうか。だからって死人引っ張ってくることはないだろうもっとやれ!
ヤバイここだけ長い。





ゴーカイ勢についてはどっからなにを話していけばいいのか。
あいかわらずみんな仲良しで。
誰かのピンチをみんなで助ける。
五人でサイクルして武器を交換する場面にそれがよく出てるなと。あれ、時間かかるけど面白いよね。

魔空空間に一人で乗り込もうとするマベに、皆でいこうよというシーンがこの映画で3番目にお気に入り。
「やりたいことをやる、それが海賊でしょ」「確かめたいじゃん」「マーベラスさんの原点ってことは、俺たちの大いなる原点」。
ギャバンともども、主題歌が効果的に使われてましたね。


仲良しといえば、ギャバンが魔空間に閉じ込められた後の船内でのキャッキャウフフですかね。
あれはよかった。非常に良かった。
皆の息子鎧くん。鎧くんには容赦ないハカセ。二人をいじるルカ。頂点に君臨するアイム。
マベの胸のつかえをとらせるきっかけがジョーで、「聞かせて下さいませんか」と強要するのがアイムなのも尚よかった。


先に書いたけれど、戦闘シーンがまた良くて。
1,魔界監獄で、ジョーと鎧がまっさきに「先に行け」&アニィ!!
2,「ここは僕とルカで」「え?!」
この空間もカオスだった…。エルダーと妹のところが特にね、意味わからんかった。勢いで突っ走っていた。「お兄さま、合体よ!」でごろんごろんと妹を曳いて行く様とかすげえの一言です。
3,最後は、背中を任せられるくらいの実力を付けたアイムのお披露目でもありました。
4,無事に到着&豪快すぎる脱出方法。マーベラスの射撃精度高すぎ。
6人が意図とタイミングと場所をわかってるっていう連携ぷりにまた萌える。

あとはあれですかね、一斉変身。
オールピンクってすごすぎる。歴史的だ…。
DC版ではちゃんと音声付くんだろうか。土下座するんで付けて下さい。


   「派手に」集。
「派手に飛ばせていただきます」←ギャップ萌え
「派手に…落ちてるうぅ」←それでいいのかハカセ!?
「派手に斬らせてもらう」←さすがジョーさん
「派手に……ゴニョゴニョ……派手にぃ!!」←それでこそ。ちょっと外れてるゴーカイジャー。
「派手にいくぜ!!」←はいよろこんで!!
だめだルカ忘れた。ごめんルカ



  最後の最後でパンフ萌え。
各キャラの紹介台詞が非常に。俺得。
・「変身後も手汗が気になる様子」に爆笑した。そっか、これが伏線だったのね。ついでに言うと「以外に効果的」も、スタッフGJ。しかし紹介文短すぎですよ。
・「アイムの描いは決して『なくしたくないもの』」だよね!
・鎧くんほめられまくり。鎧用のサインの「筆跡も似ているようだ」には吹いた。鎧の家に行きたいです!
・ルカの紹介は切なくなり。たまにルカって一歩引いてるよね。
・ジョーの紹介詳しすぎだろう。マベちゃんより長いよ。
その他、歴代囚人やギャバンの説明があってよかったです。ネタバレ覚悟で先に読んどいてよかった。


あー楽しかった!!
元気というか、笑顔になれる映画でした。

テーマ : 特撮ヒーロー
ジャンル : テレビ・ラジオ

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/391-472e24b7


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload