P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

運命の果実を一緒に食べよう。

銀河鉄道にのったカンパネルラとジョバンニ。
彼らが目を覚ますことなく、ずっと二人で、どこへでも好きなところへ旅していたらいいと昔から思っていた。
叶えてくれて、ありがとう。



輪るピングドラム、見終わりました。


すごい。
すごいよ。
なにからなにまで計算されていたんだね。
陽毬と苹果のジャケット絵が出てきた時は鳥肌もんでした。OPの手の動きの意味考えてうはーとなったよ。
使い回しだなんて知ったことか。
つついたらボロボロいろんなモノが出てくるんだけど、そんなことはどうでもいい。
最高にステキ。これだけで十年は軽く戦える(なにと)、ファビュラスマックスな作品だった。
ウテナもそうだったんだけど、カタルシスがすごい。クライマックスを迎えた時の快感。脳汁ぴゅーぴゅー出まくりです。


以下ネタバレ感想。
考察をだらだらしたい気もするけれど、それも無意味な気がするの。

   生存戦略
ようやくわかったよ、運命の乗り換えの意味。
やっぱり晶ちゃんと冠ちゃんは運命の双子で。
苹果ちゃんと陽毬は二人の輪の外と中にいて。
冠葉の林檎は晶馬に。晶馬の林檎は陽毬に。
陽毬の林檎は、苹果の呪文で冠葉の元に。
林檎で繋がる私たち。


罰は本来晶馬と冠葉が受け取っていたんだね。
でも引き裂かれた罰は、晶馬と運命の果実を分けあった陽毬に向けられて。
もう半分は冠葉の弟のマリオに罪が引き継がれた。…あの子があまりひどい目に合わなかったのは、運命の果実を分け合わなかったからかな。
本来と違う罰を受けようとした冠葉は、だから血を流して苦しんだ。
桃香の罰を担おうとした苹果から、罰を与えられるべき晶馬は蠍の炎を引きとった。
死なない双子。死ねない双子。


後半で陽毬の部屋を見て、訳のわからない感動が押し寄せていた。
陽毬の夢を叶えた部屋は、冠葉と晶馬を繋ぐイリュージョンだったんだ。
サンちゃんが詰め込んだテディ。
改変された世界に残す唯一のメッセージ。
愛された子供は、幸せを見つけられる。
だから、陽毬ちゃんも林檎ちゃんも大丈夫。幸せになれるよね。
もう、大丈夫だよ。


多蕗とゆりさん。
最後になってやっと、二人のいる意味がわかった。
運命の輪から外れてるから、ちょっと浮いてたんだね。
愛された子供だったから、大人であっても物語に関われたんだね。
ずっと、愛してる。


お遊びはここまでにして、今更最終話の率直な感想。
「生存戦略」とOPEDがなくて寂しかったですよう。トリプルHは夢だったんだね。
それ以外は大満足です。
だってみんなずっと、本当の友達で家族だった。



   銀河鉄道
銀河鉄道の夜がモチーフになっていると知ってから、この現実のようで現実味のない世界観も納得が行くようになった。未だに、活版印刷の下りがわからない。
少なくとも、冠葉と晶馬の関係と生い立ちはオマージュされてるよね。
むしろ、この訳のわからない世界観が良かった。
平凡だと思ってた世界が、薄皮一枚剥がれただけでこんなに嘘つきで不可思議で愉快な世界に変わってしまうのだから。
でももしかしたら、改変された世界はもう魔法も奇跡も幽霊もイリュージョンもタマホマレカエルも失くなってしまうのかもしれないね。



   箱
最期に、冠葉と晶馬は世界の風景から失われたわけだけど。
もしかしたらあのペンギンたちは、高倉3兄弟を助けるために罰を受けて、彼ら以外には見えない存在になったんじゃないかなーとちょっと思った。
…それじゃあ桃香ちゃんが魔法使いだ。
ああ、サネトシ先生が負けたのはぷぎゃーでした。桃香ちゃんみたいにとっとと成仏すればいいのに。



   忘れないよ、絶対に。
いい加減、長くなったので締めましょう。
冠葉がカンパネルラと聞いた時から、終わりが来るのが怖かった。
でも、カムパネルラとジョバンニがずっと一緒なら、怖くない。
二人なら、どこへでも行けるのだから。


アニメ誌で特集組んだら買おうかな…というか、BDBOX出たら買います。

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/382-5721c683


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload