P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

グリード覚書

全く関係ないのだけれど、「真剣ジャーが初ヌード」みたいな記事に爆笑した。
ピンク黄色は絶対ありえない→でも他に誰がいる?→まさか青!?(何故そう思ったのか)→絶句
(水)<殿ォォオオっていう流さんの叫びが聞こえましたYO!



…それはさておき、半分に減ってしまったグリードさんたちについてつらつら考えたこと。
最大の謎は、どこからか現れるあの布だよなあ…





グリードを見るたび、強すぎる快感はむしろ苦痛であるという言葉を思い出す。

   コアメダルとグリードの関係
グリードの性格は果たして、コアメダルのモデルとなる動物に影響されるのだろうか。

カザリは家や仲間を欲しがっていた。
ガメルは愛と自己満足を知っていた。
メズールは生存・繁殖本能が高かった。
ロストアンクはアイデンティティの確率・独立を望んでいたと思う。
で、ウヴァさん。この人が何を欲していたか、明日明かされるといいんだけど…。
でも、何のために生きているのかと考えずただ生きるも、一つの幸福だと思う。
そして、ギルは無を求める。

やっぱり影響あるんだろうなあ。
アンクとカザリは決して気があわないわけではないのに、互いに嫌いあっていたのが、猫と鳥が天敵だから、だけだったらとても寂しくて悲しい。
…………そんな事言ったら、メズール様はカザリの餌か。




   コアメダルとヤミー
ヤミーって。
赤は育成。
灰は自らの快楽。
青は増殖。
紫が無。
だとして、黄と緑が難しい…黄はなにかがしたい緑はなにかが欲しい、かな。
ってあれ?パンダヤミーは違う?
ああ、ちゃんと設定資料集買うべきだった…。




   ガメルとメズールの間にあったもの
グリードたちがなにかを求めるたびに、人間なんて綺麗じゃないと思い知らされる。
食べたい。寝たい。愛されたい。幸せになりたい。
結局、欲望に動かされて人間は生きている。
真の意味で他人のために生きている人間なんていないし、自発行為の行き着く先は快感の獲得だ。


なら、芝居だとしても。
メズールがガメルを可愛がって、庇って、慈しんでいたこと。
それのどこに偽りがあったのだろう。
みっともないわけがない。
愛したいから、愛する。そして愛をもらう。
それでいいのに。




   繁殖あるいは性欲
結局メズールの欲望は、繁殖だったんだろうなと。
損得考えず無償の愛を注げる、もう一人の自分に近い存在が欲しいと。

しかし、愛されたいという欲する女子中学生が欲望の渦に飲み込まれる話って。携帯小説か。
子供番組じゃなかったらR800くらいのどろどろでぐっちゃんぐっちゃんな話が見られたのでしょうか。
つくづく、三大欲求の一つに触れられない事情が惜しくて仕方ない設定だ。

性欲ついでに映司さん。
「欲しいものはなんでも手に入った、叶えられた」ということで、映司は異性にも不自由しなかったのだろうか。
ヤりたい盛りの時期に女を好き放題出来たら、それの行く末は少コミかBLの主人公であると思うのですよ。
なんて妄想を抱きつつ、幼い頃から世界中の人を救いたいなんて思ってたら性欲に割く時間も欲もなさそう。
強い欲求が他にあれば後回しにされる欲望、それが性欲。不思議な欲。





    果てなき欲望
グリードが大したものが味わえないんじゃなく。
欲望が尽きることを知らないだけじゃないかと。
人間はみんな、どこかで限界や天井を知る。そして、妥協しながら生きている。
アンクはそれに気づいてしまったんじゃないか。
それで虚しくなった。とか。

あとは、一度グリードに戻ったことで失望した。人間とグリードの感覚の差に。
当たり前が感じられないグリードの劣等ぷりに。
こんなバカで惨めな存在と自分が同じだということに。

「世界を確かに感じられる」
目的が欲望を満たすことから、確かな感覚の獲得に移行したのは、そういうことじゃないのかなあ。
終わりがあって儚い、けれど確かに「生きている」を感じられる命。






   アンク
いまだに、「この体俺によこせ」といったアンクの気持ちを表現することができない。
「こう考えていたんだな」と推し量ることはできる。けれど、それを言葉にできない。

何故、開店間際のクスクシエに行ったのか。
何故、アイスを味わいにいったのか。
何故、思い出を反芻したのか。
何故、拒否させると知って比奈ちゃんに問うたのか。
何故、知代子さんにあんな言葉を残したのか。
何故、「決めて」いかなければいけなかったのか。

会長の言う、欲望は全ての源だっていうのはこういうことなんだろう。
こんなに複雑な感情を抱き、矛盾した行動をするためには莫大なエネルギーが必要だ。





明日、アンクはどんな立ち回りをするんだろうか。
彼の「決断」は、コアを手に入れるために戦うことか。信吾さんの体を手に入れるために映司を倒すことか。映司と向き合うことか。
でも、映司を倒せはしないだろう。
比奈ちゃんと一緒にいるし、己の欲望は後回しにして映司を助けに走ってしまうと思う。

けれど……。
命を欲しがるアンクの願いは、叶えられてほしい。
でも、信吾さんが刑事として復活しないといやだ。
グリード・ナイトに出席する映司なんて真っ平だ(笑

全部叶えることは現状では不可能。
だから、きちんと選択した比奈ちゃんはとても偉いし、自分の欲をわかっている。
逆に、両方を取ろうとしているであろう映司は、まだ欲望を掴みきれていない。
そこを会長が利用するのか…。
グリードは封印しないだろうし、かといって映司をメダルの器にしてどうするつもりなんだろう?

ああ、会長も謎だらけだけど明かされないんだろうなあ…冬映画は鴻上コーポレーションの謎にせまるでお願いします。



テーマ : 仮面ライダーオーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/361-0592b6fc


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload