P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

『灰になったらキスをして』 アトガキ

なんだか、すごく久しぶりに古キョンを書いた気がします。
ていうか古→キョンです。
驚愕とは全く関係ない上に、多分前も書いたようなテーマでサーセン。

しかも、サ○ンジャーの短編『フラン○の○メリカ兵』のある一文が元になっています。
物語自体は、戦地に赴いた兵士が一夜の安らぎを求め、塹壕の中で母からの手紙を読み返す様子を淡々と描いた一級の戦争小説です。

一応補足……その主役と古泉がダブった、というわけではなく。
読み終わって、ぱっと、古泉が戦い続ける原動力は何だろうなんて疑問が浮いてきたのがきっかけです。
そのあとで、交友関係がまったく見えない古泉を誰が出迎えてくれるのかなと考えて、タイトルがこれまたぱっと浮かんで方向性が決まって、今回の話になりましたとさ。
話の骨格というか、テーマは多少お借りしてます。
ああ、名作になんてことを……。

とりあえず、もし古泉が組織のリーダーだと(驚愕ネタバレ)だとしても、そうでなかったとしても。
少なくとも、キョンには古泉の存在を認めてもらいたいなあと思います。
都合のいい言い方だけど、BL抜きにしても。

……なんでこんなテンション低いんだ?


よし、CP観を書こう!
お暇な方は追記へGO!




古キョンでも、キョン古でも、私の中では悲恋カップル
何の障害もなくラブラブいちゃいちゃする、なんていうのは、ハルヒがキョンに振られてそれを真正面から受け入れない限り無理だと思っています。

あ、読むのは平気です。ていうか大好き!


ハルヒに関係を隠して彼女の思いを裏切るだとか、億に一つの賭けで関係を告白するだとか。
そうしちゃえばいいんだけど、できない。

私の中の古泉は、そんなことをするくらいなら、自分が犠牲になった方が楽だと思うタイプなんです。
そう考えると常々めんどくさい。
でも、面倒くさいのが古泉の魅力なんです。
無駄な長口上とか、大仰なボディーランゲージとか、スキンシップしてくる癖にパーソナルスペースがものすごい広いとこだとか、明らかにキョンに面倒くさがられてる古泉が好き。

閑話休題。
で、周囲に比べたら若干落ち付いているとはいえ年齢相応の精神年齢を持つキョンは、それがもどかしくて仕方ない。
ハルヒ(と佐々木さん)の気持ちに気付いてないから、というのもあるけれど。
古泉を慮るとうかつには動けない。
でも、時に若さで乗り切ろうとすることもある。


相手を想いすぎるあまり、相手を傷つけてしまう。
守ろうとして、一歩も動けなくなる。



そんなんだから、どっちが攻めで受けで、という概念がない。
思いっきり恋人設定にしたり、片方を暗黒面に落としたりすると決まりますが、中々そうもいかず。
キスやセックスさせるより、手を伸ばして触れ合うほうが、私的古キョン古の最大の難関なんです。
読む側にしたら面倒くさくてごめんなさい(・ω・`m)
そんな時は脳内変換だ!


いつか、大学生になって何のしがらみもなくなって、同棲する話を書いてみたいなあ。
その前に、一つ終わらせなきゃいけないのあるんですけどね…。

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/347-f0051f0b


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload