P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

日曜日の呟き【6/5】

ゴーカーイジャー
確信した。
ハカセが一番好きだ。
でも、みんなから愛されてるマーベラスも好きです。

来週どうなるのかな。
まさか、6人目が戦隊オタクだと思わなかった。



オーズ

開始ナレ―ターが深刻だ。
でも、伊達さんにかんしては冷静に見られるらしい。よかったよかった。
先週先先週はいまだに頭がぐるぐるして冷静に見られません。
二週目まで、すごいことになってたの気付かなかった。


   アンクちゃん
アンクの「あいつ、なんで」の声に棘がないのに驚いてしまった。
出されたもの大人しく食べるし。
北村の話の時は、「アンクが人間らしくなっている」が否定されていたけれど、今はどうなんだろう。
少なくとも、「信吾に近づいている」気がするんだけど。
……人間らしく、ってなんだろう。
メズールとガメルの関係を見てると、彼ら十分に人間らしいと思ってしまう。

そして、毎回思うんだけど、アンクはもったいぶりすぎ。
何回セルメダルを横取りされてるんだか。
様式美と言えばそれまでですが!



   今週の癒し
比奈ちゃんとメズール様の超絶ミニは誰の趣味なんだ。
いいぞ!もっとやれ!

俺の真木組がこんなに癒しなはずがない。
ってくらい、彼らが移ると和む。
お兄ちゃんとお姉さまと弟2人。
そのうち弟2人がボール遊びをし始めるんでしょうか。想像しただけで転げるくらいかわいい。
しかもおっさんが2人に増えて。
大家族ですね!
…なんとなく、真木さんはご飯(完璧な栄養食)を作っているイメージがある。
グリードって食事できるんだろうか。みんなで食卓囲んでたらいいなあ。

「紫の坊や(ツーッ)」に萌えました。
がめたんの嫉妬もかわいい。
年端もいかない少女(見た目)から「坊や」とからかわれる!なんというご褒美!
というわけで、メズール様復活して心底うれしいです。

メズール様はこの屋敷の中で精神年齢が誰よりも高いと思うのだが、カザリに騙されてしまうんだよね。
賢いとズル賢いの違い故なんだろうか。
心の穢れ具合?


   寝れないってキツイ
お尻イタッ→待つわけないじゃーんに大爆笑しました。
久しぶりにギャグ入った戦闘を見た気がする。
プトティラが制御できるようになったから、映司にもアンクにも余裕ができたのかな。
どうでもいいけど、鉄骨に座って待つオーズかわいすぎ。

あと、サソリさんがまさかあんな場面で出るとは思いませんでした。
あれって出すの大変じゃなかったっけ?


   師匠と弟子
「いい加減にしろっ」は心底驚いたので、多分後藤さんも思わず手を離してしまったんだろう。
死なせないと、バースにさせないと思うなら、後藤さんはもっと早く止めるべきだったよね。
敵を目の前にしてそんなことしちゃいけないよね。

それと対比して、「火野もあちこち、回ってたんだったな」の時間があまりにも穏やかで、ほっとした。
でも後藤さんにとっては悔しいんだろうな。
伊達さんを理解してあげられない自分が。

「死なせません。」の台詞を互いがどう捉えて、どう食い違っていたかを想像すると悲しくなる。
もしものことがあっても、後藤さんが戦えるように、後藤さんに強くなってほしかったんだ。
決意してあげた顔が、思いつめているようにしか見えなくて。
そう考えてみたら、「自分がいなくなっても残る」の台詞が重すぎる!

……昔、伊達さんは映司を叱っていたけど、人のこと全然言えないじゃないか。
あんなこと言うから、自分の命は大切にしてくれる人だと思っていたのに。
それで、映司を諭してくれると思ってたのに。




続きというか、嘆きは追記から。


   命の重さ
自分が去った後も、現地の人々が健康で暮らすために。
伊達さんは結構利己的(?)な人だと思っていたから、一億円が他人、しかも名前も知らない大勢の人のためのものだとしたら驚きます。
それが悪いとは思わない。
でもさ。
“世界”に関わると、どうして自分の命が軽くなってしまうのだろう。
あんなに映司のことを叱っておいて、「死なせない」と約束した後藤さんを拒絶するなんて。
そりゃ、1人の命で100人が助かるなら、大局的に見たら犠牲を強いた方がいい。
でも、その1人を想う人が100人いることを、忘れてはいけないと思うんだ。



   予告
「でもこれ、正真正銘のお仕事だから」
「だったら俺が伊達さんを止めます!変身」
“正真正銘”の意味するものと(里中くんに言ってるのか?)、「変身」の静けさが気になってしょうがない。
あの映像は※イメージ映像ですだよね!?

あと、映画でコンボ勢揃いしてたのが気になる。
電王みたいに地道に映司を集めるのか?!



スイプリ
今回、響と奏が仲良くてかわいくてかわいくて。
甘えたい、でも甘えられない響と、それを見守る奏のバランス。
「1、2、3、フィナーレッ」のかわいさには負けますが。

響の家は普通のおうちとは違うけど、愛情は人一倍です。
家事出来る人はいるんだろうか。あれだけ有名人なら家政婦さん雇ってもいいと思うのだけど。

今後は、まさかのセイレ-ン→王子に期待です。
男の子のために寝返るって燃える展開じゃないですか!

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/344-ea269695


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload