P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

さよならヒーロー【トークイベント感想】

タイトル修正しました。

見てから大分経ってしまった…。
「タ・ト・バ♪」楽しかったです。頭から歌が離れない!
そっちの感想はまた後日。その前に山積みのレポートを片づけなくては…orz


そんなこんなで、ファイナルトークイベントのライダーショー。
日曜日に参加した方、お疲れさまでした。なによりもスタッフ&キャストの皆さんに


あらすじ。
正直この画像で事足ります。
DDD

伊坂シンクロウが手に入れた謎のメモリ、「F」。
しかし「風都を手に入れるために必要な、最強のメモリ」は偶然亜樹子の元へ…。
うっかりドーパントになってしまった亜樹子だが、彼女の「風都を愛する力」が欠けているためにその能力を支配出来ず、メモリの能力により様々な風都の記憶、ドーパントが蘇ってしまう。
伊坂は亜樹子からメモリを取り出そうと、Wとアクセルを倒すための最強のラスボスチームを召還した…!!




誰得?俺得!ドーパント大戦2010ファイナル
霧彦さんがマスカレイドに降格したのは納得いきませんが、各自の冴子さんへの想いが確認できてよかったです。
「(法的に)正式な関係にあるのは僕だけだ」
「あなたのためならば…(恋敵だって守りましょう」
「伊坂先生っ(はぁと)」「サエコー!」
…あれ?

いや、「お義兄さんのそういうところがかわいい」と背中を撫でた若菜ちゃんが見られただけでもよかったです。ええ。ええ…!


あくまで「W」らしさを押さえていて、ふうと市民が出てきたり、ドラマパートが長かったり、やっぱり小物が細かかったり。
でも、「風都じゃない人500円」って看板、適当すぎる!
どうでもいいけど男同士でサンオイル塗り合っててちょっとビビる。


主役(ライダー)をスリッパで叩くマスコットキャラクタ(ふうとくん)。
よくわからない歴史に名を刻みました。

しかし、最強=ふうと(くん)メモリwww伊坂先生はこれを使ってなにをしようとしてたんだろう。
地球に街の記憶があるということは、TokioメモリとかOsakaメモリとかあるってことでしょうかwktk




アクセル&スカルが客席に現れたのがとても嬉しかったと同時に、二階席だったのでちょっと残念。




伊坂先生がお茶目すぎて。
ガイアメモリ、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!!」「サエコー!」etc。テンション高すぎだろう中の人!よくやった!
ていうかですね、「カタカナで“シンクロウ”。別の世界の人間です」ってそんな、微妙に分かり辛いネタを…!世界の破壊者が出てきて「続きは映画でね(はぁと」ってやられるかとちょっと怯えました(笑。
てっきり園咲家の面々もそうかと思ったら彼らは「風都の記憶」でした。ガイアメモリが流通してるんだもの、あってもよかったよね、そんなメモリ。


VS冴子、若菜編を応援する亜樹ちゃん…もといふうとくんを狙うエターナルの卑怯さというかしたたかさに加え。
大人の事情で声すら出せないエターナルとスカルを戦わせるのはとてもいい方法だと。
無言の戦いなんですが迫力があって、亜樹ちゃんのモノローグもじんと来ました。
よかった。例えどんな次元の物語だと知れなくても、亜樹ちゃんとスカルが出会えて。


ユートピアどうすんのかと思いましたが、普通でした。
それよりも特筆すべきは霧彦さん!
なに?戦い舐めてんの?最強のマスカレードとか…なれよ!寧ろなってくれよ!と客席でジタバタしてました。
さっさとやられちゃって残念です。


若菜姫、冴子さんはまあ、普通かなと。
あ、でもトリガーなのに接近戦して「この距離ならバリア張れないな!」だった時は笑いました。トリガーってこういう時不便だよね。


ふうとメモリの真の力。
Wフォーム全召還!!!
燃えました。テラーってどうするんだと思っていたらまさかのマキシマムドライブ3×3×3!
それまでの「テンポ悪いなー」等々の感想を吹っ飛ばす勢いがあった。
特に、トリガーマキシマム×3、メタルマキシマム×3、サイクロンマキシマム×3。
トリガー×3で銃を構えるのも良かったのですが、メタル×3で如意棒を振り回しているのが一番決まっていたと思います。
半分こ怪人なんて言っててごめん!大好きだ!
恐怖の帝王にはそれくらいしなきゃね!本編であんなに苦戦したんですもの。

それからウェザー。
プリズムやっとキタ━━(゚∀゚)━━━ !!!って感じなのですが、止めをトライアルで刺すのが憎い演出でした。
例え別世界の人間でも、こいつの相手はこうでなくっちゃ!


OPがあったり、大人の事情を「今日は特別に、CJ版で検索をはじめよう」と違和感なくさせてしまったり、各メモリの演出をきっちりやってくれたりと、子供から大人まで楽しめたのではないでしょうか。
特にトライアルのカウントダウンが好きです。
テラーのもくもくも、TV版の「こんな奴に勝てるのか…?!」が再来してよかったかなと。


ただまあ、オチが。らしいと言えば非常にらしいのですが。
いや、でもここで「あたしも風都市民になる!」と言われても「え、大阪は!?」となるので、あのままでいいのでしょう。うん。


まだまだ思い出せる余地がある。頑張れ前頭葉!
とうわけで少しずつ手を加えていこうと思います。DVDちょっと買いたくなってしまった。

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/279-33958301


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload