ブログランキング
眠っている暇はない|日曜日の呟き【8/29】

日曜日の呟き【8/29】

2010.08.30 06:08|ダブルの朝
最終回見たくない病
たまに、これまでの話の出来がよすぎた作品は「もうここまででいいよ」とラストを見るのをためらう時があります。
パトレイバーTVとかフレプリとかがそんな感じ。
で、Wも見事にCM明けからの展開を見たくありませんでした。
だってフィリップに帰ってきてほしいけどあっさり帰って来られたら困るんですもの。
くじけずに最後まで見てよかった。よくわかってくれてるスタッフで、本当によかった。

そんなWの感想は、長くなりすぎたので収納しました。まずはハトプリから!




胸を張って「がんばったよ」って言えるようになりたいね。


   「メダル…だよね…」
何度見ても針刺しにしか見えない。ごめんねつぼみ。

ドレスかわいい!かわいいよつぼみ!
「新しい自分になれる服」って言うけれど、十分新しいつぼみになってます。
一話の頃なら多分人前であんな服を着なかっただろうし、「かわいい」なんて言われても否定してたかもしれない。本当、変わったよねー。

ただ、この服襟が派手だわとか、色の配色加減に明らかな手作り感が溢れてていいなと思ってたら、グランプリ作品ですか。
なんてレベルの高い幼女なんだ。


   おかえり!
なんだかんだ言ってみんな迎えてあげるこの学校の子たちは、いい子ばっかりです。

カメラっ子久しぶり!OP見る度に寂しくなってたからちょうどいい。
例えウザくても、この微妙なハスキーボイスが好きなんです。

サッカー部(多分)の子が「すげーって思ったのに」って言ってしまった、あれは責められるべきじゃないと思います。
裏切られたって気持ちの方が強いはずだから。

このあと林君の扱いがどうなるかなって心配になります。フィクションだからいいけど。
今ならしょうがないよね、林君はがんばったよって言ってあげられるけど、中学生の時だったら林君を責めてただろうし、多分素直に迎えられないだろうという回顧。


   林君
今回は本当に、一言で片づけるわけにはいかない話でした。

「自分のこと駄目だっていうのは情けない」
「嘘をつきとおせない、真っ直ぐな心の持ち主」

多分両方正解で。
誰もがプリキュアになれるわけじゃないから、強いとこも弱いとこも持ってるんです。失敗もしちゃうんです。

自分のせいじゃないミスをして、結局自分がミスしちゃって泣き面に蜂、そのやりきれなさに地面を殴りつけるその気持ち、わかる、よくわかるよ!
心の花がもっと枯れててもおかしくなかった。
カンフー君以来の共感っぷりでした。

「すごい」って、「よくやったね」って、見直されたかったから。
くじけた時ちょっとズルして。それを誇ってしまった。
「自分は駄目だから」って、自分を甘やかす最強呪文です。クモジャキ―が責めるのももっとも。

でも、後ろめたさを誤魔化さずに謝って、もう一度困難に立ち向かえるのだから、やっぱり林君は情けなくなんかないですね。超いい子。

やーでも、最後に箱根の坂道見て驚きました。正直、マラソンも完走出来ないような子にあの坂道は……。そりゃくじけるって。
手で押すんじゃないもんね。がんばったよ、林君は。


「手伝おっか」って囁く悪魔えりかに「ありがとう、えりか」って笑って返して自分で頑張れるから、諦めないから、みんなつぼみを応援してくれる。
林君もきっとこれからそうなっていくことでしょう。
また出てくるといいなー。


  男は褌!
いい身体…じゃなく。何してんのこの人。
色々と毒され過ぎだと思います。
あと今更だけど、「お出ましぜよ!」ってかわいい。

「ブロッサム、中々気合が入ってイカす」って妙なフラグ立てたー!!
ワカメもこんなことしてた気がしますし、サソリーナは癒されちゃったし、大丈夫だろうかクモジャキー。


   つぼみとえりか
「話す勇気があって!」とつぼみがあわあわしながら林君のフォローをしている時のえりかの見守るような表情が最高でした。
なんだかんだ、2人で1人。互いに補い合っているんだよね。

 
   次回
出たよ妖精回!「わがままダメ!」っていっちゃんかわいすぎる。来週言ってくれないかしら。






「さあ、お前の罪を数えろ!」
やっぱりラストはこれで決まり!



   レジェンドデリシャスゴールデン缶
まさかこれが伏線?だったになるだなんて…。
ミックの餌ですよねこれ。どんだけ豪華なの食べてるのおじいちゃんなのに。
探偵事務所の家計を圧迫しないか心配です…。
で、あいかわらず、サンタちゃんってなにやってる人なの?!


   風の吹く街
「風都タワー完成記念」のポスターが小粋。
午後開始ってことは今度こそ花火かしら。ちゃっかり2011年になってるし。
本当、小道具がよく作られた番組です。

「街の危機は終わる危機は無え」
ミュージアムを倒して財団Xが撤退してもなお、風都はビルが溶け、人が死ぬのがよくあることなままで。
正直、住みたいとこではないです。
街の人たちに不思議耐性が付き過ぎだと思うんだ。

話の入りの不自然さに、ああ、最終回なんだなあとほろりとしました。
……って、先週も映画のCM入ってたし、完全なWBXOPなしで終わっちゃったよ?!!


   あきらくん
鬼になる資格持ちの晶くんの、間違った「Nobody's Perfect」
翔太郎くんの少年時代とは正反対だったんじゃないかとによによ。
ああいう時期ってあるよね。

やっぱり2話かけるべき話でした。
勝ち目がなくても大切な人を守りに行く。それがハードボイルドだって感じなのはわかるんですが、廃工場での「1人で踏ん張ったんだな」がちょっと納得いかない。
あと、EXEが彼を呼びだした目的がはっきりしないので不自然な感じです。
せめて、メモリとお姉ちゃんを引き換えに、とか、来なかったらお姉ちゃんが云々とか見たかった。
でも、お姉ちゃんを守るために戦ったのは偉い!怖いだろうにがんばった!ていうか不良弱い!



   EXE。
拡張子?売ってるのガイアメモリだし、狙った名前ですよね。

オーシャンの能力がせっかくみられると思ったのに!勝手に妄想してるぞ!

アノマノとコックローチはどんな基準で選ばれたんだろうか…確かに、バード並に人を選ばなそうなメモリではあります。
いくら廉価盤とは言え、ケツァコアトルとかパペットとか出されたら困るもんなあ。
あと、元々の変身者がレギュラーメンバーと係わりがないのも共通点でしょうか。印象が薄いような薄くないようなそんなメモリ。
しかし、アノマノたんは水中じゃないと役に立たないと思うので不憫です。

まさかのユイちゃんお咎めなし!?弟にメモリ持たせてたのに?!こんな悪い奴らと関わってたのに!?
悠々と素知らぬふりで帰っちゃって…風都名物の悪女になりそうで、将来が楽しみです。
もしかしたら最初の一個を売っただけかなと思ったんですが、つるんでるしメモリ隠したままだしなあ…どうなんだ。
まあ、Wらしいですね。

晶くんが呼びだされた操車場、ものすごい見覚えがあるんですが…なんだったっけ。電王?



   『EXE・探偵には見せるな』ってちょっとサブタイっぽい。

名前も出ないペットショップ店員は、もしかして元ミュージアム関係者だったんだろうか。そういう残党がうようよいそうです。
カリスマ性がある偉大なお方だとは到底思えないのですが。

結局、風都一の男になりたかったでいいのかしら。
園咲家のように風都を裏から支配するくらいの権力を持ちたかったとか。
無理だって。



   一年前
刃さんと抱き合うナマクラさんかわいい。…いや、そんな場合じゃない。出番があれだけだったのが問題だ。
若菜ちゃんがただの貞子で違う恐怖を覚えました。

竜くんの「この街は汚れてなどいない!そう思うのは、お前の心がか歪んでいるからだ!」にほろり。
昔の自分そのものだもんね。成長したねー!
あと、その後ろで「あっちゃー」って顔してる翔ちゃんがよいなあと思ってたら…。
今までもこれからも口を滑らせ続ける翔太郎くんに、乾杯。肝心なところで駄目なんだからもう。
その後の「あ、やべ、言っちまった」って演技が最高でした。




   再起動の手がかり
なんでシュラウド座ってるのかがわかって泣いた。
命尽きるのを知って、でも、限界まで若菜姫を待ってたんだね。
唯一、家族同士で看取ってもらえた人でした。

お父様を失い、冴子さんに助けられ、お母様の最期をみとり、弟を助けるために、ようやく若菜は本当の若菜姫に戻りました。
よかった。本当によかった。

自分のために起こした逃亡劇は失敗し、他人のために働いた黒化~エクストリーム化や新・ガイアインパクトは見事に成功。
神の依り代・クレイドールは伊達じゃなかったのかもしれません。
地球に選ばれた家族は、結局何のために生まれたのかなって考えると切なくなります。


よーく見たら別基軸だとわかるんですが、物語の筋を追うので精一杯だった身としては若菜ちゃんペットショップが同時進行にしか思えなくて???ばっかりでした。



   一年後
「相棒に連絡だ」ってあんまりにも気取った言い方だから演技かと思ったらですか。
それに加えて、一年経っても「行くぜフィリップ」って言ってしまうのが。まだフィリップの分もがんばるから、とかならいいのに、それが「癖」なのが痛々しくて、悲しくて。

流れるフィリップの声と、BGMと、楽しそうに笑う亜樹ちゃんと晶くんに、そんなはずがないと思いつつも翔太郎くんと同じくらい騙されました
その後の亜樹ちゃんの必死さも、翔太郎くんの正真っぷりも全部、スタッフやめて!かわいそうすぎるわ!って違う意味で泣いたところです。
見るのが辛い。

あと、翔太郎くんのハードボイルド(決め)声が多かったのもショック。
今の翔太郎くんが素ではなく、やせ我慢してハードボイルドを気取って演技しているだけだと気付いて、やるせなくなりました。


でも、亜樹ちゃんや竜くんが一番いたたまれなかったんじゃないかなと思います。
一年経ってもまだフィリップのことが忘れられないのなら、この先どうなっちゃうんだろうって。
だって、翔太郎くんはありもしない幻想に縋って、自分で傷を癒そうとせず、決して風化させないと決めて、傷を毎日抉り出してほじくり返しているんだもの。無意識だろうと自覚的にだろうと。

……ようく考えると、言い訳が「海外留学」な時点で帰ってくること確定でしたけれど。
あー…、「いつフィリップくん帰ってくるの?」だの「手紙送りたいんだけど住所は?」だの聞かれたとしたら、それはそれで辛い。

どうでもいいけど、三つ編みが一番かわいいよ亜樹ちゃん。
今回の衣装はセクシーでした。



   復活!!
誰か!誰かエクストリームに気付いてあげて!めっちゃ上に乗ってる!
竜くんは多分気付いてしまって、「はっはーん…え?」になってたんだと思います。妙に冷静だったから。


なにごともなかったかのように現れたのは、フィリップも気恥ずかしかったからじゃないかなと。
あんな風に別れたんだもんね。それに対して翔太郎くん他がどんなに心を痛めたかも知ってたから。
ちょっと気取って晶くんに絡んでたのも、そのせいかなと邪推してます。

しかし「ずっと見てた」って!!
臭いくらいハードボイルドしてるとことか、鏡の前で決めポーズ練習してるとことか、恥ずかしい独り言とか、フィリップがいなくて泣いちゃったとことか全部!?
…私は翔太郎くんを何だと思ってるのだろう。



   「さようなら、ありがとう」
人類の未来のために、地球を変える。
それが、園咲家の務め。
道具でもプログラムでもなく、来人はようやく家族の一員になれました。
でも、もう誰もいない。会うことも、触れ合うこともできない。

やっぱり、イービルテールの日から家族が離れ離れになるのは決まってたんだなあ…。


死ななきゃ、仲良くなれなかった。
一緒にいられなかった。
死んで初めて、素直になれた。

それが悲しすぎて悲しすぎて。

ようやく、姉妹で抱きしめ合えるね。
やっと、我が子を抱けるね。
また、夫婦で踊れるね。
これからはずっと、みんな一緒にいてください。


「風都を守る風でいなさい」でうっかり灰になった人を思い出してしまってorz


   
   仮面ライダージョーカー
もしかしてJと同じで、変身の時に指先でJ作ってますか翔太郎くん。

映画でもパンチが主だったりとジョーカーでキックをあまり決めたりしないのは、半分こCJエクストリームキックがWの決め技だからでしょうか。だったらかっこいいなあ。

生身で戦う竜くんはもしかして、ジョーカーと同じくらい強いのか!?さすがアクセルブレイド振り回してただけある。




   お疲れさまと、正義の花束を。
翔太郎くんの、全身全霊を込めた叫びが切なくも嬉しくて。
満面の笑みになるフィリップにほっとして。
竜くんに抱きつく亜樹ちゃんがかわいくて。
笑顔で翔太郎くんとフィリップの変身を見守る竜くんが愛おしくて。
最後の変身が懐かしくて。
嬲り者にされるエナジーがちょっとかわいそうでした。


ああ、これからもこの4人は風都を守り続けるのだなと、ほっとしました。
風都も、そこに住む人たちもみんな、これからも変わらずここにいてくれる。
最後の最後まで物語を予感させる、素敵なラストでした。


ありがとうW。これからも大好き。
冬の映画でまた会おう!

テーマ:特撮ヒーロー
ジャンル:テレビ・ラジオ

Comment

非公開コメント

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

情報源

ブログ内検索

リンク

『眠っている暇はない』
ここ。リンクフリー。

banner.jpeg


『照柿色の夢の中』
小説等々移転先。GENOの心配はないようです。

banner
携帯変換
QR


『神の火を抱いてマークスの山へ翔べ』
旅、カレー、映画、美術館などなど
※ノーバナー

ページトップへ