P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

あんにょん、由美香

今週しかやってませんので、是非「ポレポレ中野」に足を運んでみてください。レイトショーですが。
なんだか最近映画づいてるなあ。

DVDを見て、きちんとした書きたいと思いますがとりあえずの感想。


あんにょん由美香』を一言で表すなら、「自分勝手な作品」でした。


林由美香さんという、ピンク映画、テレビ、映画、多くの作品に出演している女優さんがある日亡くなりました(まだ若いのに!)。
その由美香さんに「まだまだだね」と言われた、その上結局一本も彼女主体で撮ることが出来なかった松江監督は、由美香さんが主演した『東京の人妻 純子』を見て、「何故この映画に出演したのだろう/誰が作ったんだろう」と思う。


題名の通り、R18ポルノ映画です。
しかも、日韓共同。おそらく世界(?)初。
その映画の内容、言ってしまえば酷いモノで。
登場人物は日本人も韓国人もいて、でも喋るのは全部日本語。超カタコト。対象は韓国人なのに。
ことあるごとにセックルセックル。
よくわからない演出(フェ○シーンのBGMが『剣の舞(多分)』とか!)。要所要所で笑ってしまって抜くどころじゃないんじゃないかと心配してしまう。
内容もぶっとんでいる、というか王道詰め合わせ。
日本人誤解されまくり。
なのに、何故か微笑ましい

何故、由美香さんはこの映画に出演したのか。
何故、この映画は日本語で撮られているのか。
それなのに何故、最後の最後は韓国語だったのか。
何故、ラストシーンがカットされたのか。

それから、「林由美香」という女優について。


全部を突き止めようとした三年がかりの壮大な旅。
『あんにょん由美香』はそんな映画です。


で、自分勝手と言ったのはまあ、死んだ人についてのインタビューしてるからですね。
由美香さんに対する思い入れや、その死に関する記憶は人それぞれで、それを語ってもらっています。
冒涜と言いたいのではないです。でも、それって色々な気持ちに踏み入ることになります。
もし自分だったら答えられたかなと、取材自体受けられたかな、と。
たまにそんなことを考えました。

でも、ほとんどの人は嫌なそぶりを見せませんでした。
それは多分、この映画を由美香さんは喜ぶと知っているから。
これは、追悼ではない。由美子さんの為の新作映画です。

由美香さんについて語る人たち皆、由美香さんが大好きでした。
自分を大切にしない人だから、人から大切にされたのかもしれない。
インタビューされるのが監督やプロデューサーの方なんですが、「由美香の為に撮った」という言葉を三回程聞きました。
それって、すごいことなんじゃないのかなあ。


会ってみたいな、と思いました。
仕事に一生懸命で、ひたむきで、多分惚れっぽくて、その分皆に愛されていて。
わかりやすい人。中身がぎっしり詰まって、常人では考えも及べないような人。

なんだか、本当にひょっこり出てくる気がします。

由美香さんが亡くならなければこの映画は撮られなかったわけで、でもこの映画はなんの躊躇いもなく「見た方がいいよ!」と勧められるくらい素晴らしいもので、考えると複雑な気分になります。
でも、一回も会ったことのない、これからも会うことのない人のことを「好き」と思えたから、見てよかったと大きな声で言える。



川本真琴さんが挿入歌歌ってるのも結構大きかったです。
やっぱりいい歌でした。
思わずPV入ってるDVD買っちゃいましたヨ。






監督は『童貞。をプロデュース』を撮った方。結局見られなかったなあ…。
公式サイト見ればわかるのですが、迷いに迷ったものをそのままぽんと出してきた、そんな終わり方でした。
いい加減という意味ではなくて、結論があんな風に出てしまったのだから、今までの迷いをぽんと置くしかない。

あのラストシーンがあってこそ、奇跡のような終わり方ができた。
奇跡だから、前後の結びつきがちょっと弱くて、物語は一見すると唐突に終わります。

でも、迷いに迷ったからこそ、誤魔化しは一切無い
キミに上手く言えなかった
そんな想いを全部詰めた映画。


あと、個人的には韓国のAV事情が面白かったです。
大変だなあ…。

テーマ : ドキュメンタリー映画
ジャンル : 映画

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/235-34df534b


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload