ブログランキング
眠っている暇はない|一緒に過ごす二回目の・前半戦

一緒に過ごす二回目の・前半戦

2010.02.15 00:00|その他作品感想
書きたいもの全部終わったー!!

ということで、ベビプリバレンタイン日記です。
何故二回目かと言えば、確か一昨年のクリスマス頃に彼女たちと出会ったからですちくしょう。


前提として、トゥルー俺と姉妹たちは血がつながっているのかいないのか。
プロローグを読むとどう考えても繋がってないわけですが、皆の反応を読むと謎。なんだろう、養子入りしてるのかな。
まあそんなことはどうでもよく。

いつものように小さな子が起こしに来てくれることも今日から五星ジャーが始まるのもすっかり忘れて寝こけていた自分を叩きのめしながら、今日一日の姉妹日記を振り返ろうと思います。
ちょっとずつあげてきます。今は青空ちゃんまで。
って今日もう終わりじゃん!!!

ちょっと改定、あと長すぎたので2つに分けました。
19人一人一人を考える良い機会になりました。たまにこういうことやろうかなあ。
後半になるにつれてどんどんテンションあがっているので我ながら気持ち悪いです。注意。



SHT感想は多分明日(ボソ


8:00 目覚めの天使
>にじこのことも、むしゃむしゃむしゃ
>ぜーんぶもぐもぐたべちゃうの!


そんな言葉どこで覚えたのにじちゃん?!!
朝から過激すぎます。鼻血出ます。
霧賀先生の絵を見ると、今日のにじちゃんはさながらサンタですね。

>おにいちゃんのおなかの中、
>とってもとってもいいきもち!


という言葉は、後々の霙姉さんの発言にダブってちょっとぐさっと来ました。いや、そういう意味じゃないけどね。
あったかでイイきもちですけど、お布団ベタベタにしちゃったんだろうなあ……。
というか、起きてなくて本当ごめんなさい。



8:30 不機嫌な目覚まし
>いつまで寝てるのよ、
>このアホ下僕!
>(以下略)


ああああああ本当ごめんなさいごめんなさい。
起きた時間を言った途端、それこそ

>もう、この頭脳の思いつく限りの
>あんなことやこんなことや辱めを――


受けさせられそうです。
しかし、寒がりのトゥルー俺の為に着替えを温めてきてくれる氷柱ちゃんは本当下僕冥利に尽きます。
だからこそ、

>バカ!!
>バカばか!!!
>もう知らない――


きっと涙目で出ていっただろう氷柱に土下座しなきゃいけないかと。
起こしに来られた時、あったかイイ気持ちも吹き飛んで冷や汗ダラダラだったんじゃなかろうか俺。
いや、きっと気付かず眠りこけていたんだと思います。




9:30 一番初めに伝える思い

>小雨はお兄ちゃんのことが大好きです!


引っ込み思案な小雨だから、他の姉妹よりずんと言葉に重みがあります。
「お兄ちゃん」に関する彼女の積極性は驚くほどなので、できればそうやってもっともっと範囲を広げていってほしいなあなんて―――

>こんな小雨は、やっぱり――
>独占欲の強い、いけない子でしょうか?


思いたいけど、俺だけの小雨でいてほしい気もします。

よく考えたらこの日一番初めのプロポーズですね。
1人占めできて嬉しいのは、こっちも同じです。

>お兄ちゃんの妹であることが
>小雨の1番の誇りです

>小雨は1番に、
>お兄ちゃんのお嫁さんに
>なりたいです


妹でありたいけれど、お嫁さんになりたいなんて矛盾してると思ったけれど、小雨はよく考えたらまだ小学生なのですよね。
トゥルー俺は、お兄ちゃんとしてきちんとやれているんだと安心しました。

しかし、1番って、引っかかるなあ…。



10:30 未知との遭遇?
>そうじゃ、オノコとオナゴが――
>行く末を固く契ることじゃ。


虹子に負けず劣らず、エロい。
契るったって、契約や儀式的な何かなんでしょうけど、後戻りできないと言われちゃうと本当、止まりません。

>わらわはまだ5歳じゃが――
>ゆくゆくは子孫を残さねばならぬ。


いやもう、この子全部わかってるんじゃないか。
オーラとか関係なく全部知ってて言ってるんじゃないか。
耐えろ、耐えるんだ俺!!

>ほうほう、お利口さんじゃのう――

しかしそんなこと言われちゃうとかわいすぎて押さえられない!!


>ややや!
>兄じゃではないか――


……冒頭に戻りますと、観月に会う度に驚かれている気がします。
彼女はよくトゥルー俺を探してるんでしょうね。で、俺は姉妹の誰かと一緒にいると。
そういえば、こうして俺が何かやらかした後に遭遇する気もします。オーラ?

>あんな外道はチョコをもらえなくて当然だ、
>だいたいなんだって家族の間でチョコを
(以下略)


観月の回なんですが、どうも氷柱ちゃんに謝りたくて仕方ない。このあとどうなったんだろう…。

>兄じゃとわらわの契りは
>運命なのじゃ――!!


なんて心配も出来ず、珍しく観月が叫んでいます。
答えてあげたいけど、契るだけな!それプロポーズじゃないよね!?

巫女服以外も着るのはわかりますけど、やっぱり新鮮で私服にいつもときめきます。




11:30 歌う魔法使い
>ちかいのしるしはえいえんに――
>ちゅう~


夕凪さんの恋の魔法は効く。
ということはトゥルー俺ピンチ!!
誓いの印って、先程の観月と相まって本当なにかありそうです。

>夕凪の顔とお兄ちゃんのお顔が
>同じ高さになるくらい。
>そいで――目ぇつぶって。


これで瞑ってしまう俺は我ながら萌えます。

魔法の前に突然歌いだした夕凪さんですが、
>ゆ~なのうっの字はっ、
>うなぎのう♪

うなぎのうでいいのかうなぎで。せめてうさぎに―――って、好きなんでしょうか。
なだれもどうかと思います。
“山”がエベレストだったらいいなって、欲張りでしょうか。


>プロポリス競争だったら夕凪、
>絶対負けちゃうよ。


閑話休題。
プロポリス競争ってなんですかという感じですが、何故麗はそんな健康食品を食べて(?)いるんでしょう。ミツバチが集めるっていうから甘いのかと思ってたんですけど、違うんですね。
調べてみたら確かに美味しくなさそう。

>そういうの――「エム」っていうんだよね?

それくらいのことで実妹に「おかしい」と言われる麗憐れ。
普段が普段ですし。女の子には中々理解されない趣味でしょうから。
しかし、“M”って夕凪さん、どこ情報ですかまさか氷柱ちゃん!?


12:30 食べざかりの君たちへ
今日のご飯は甘いものづくしです。
去年もそうだったけど、胸やけしないんだろうか。
と思ったけど、蛍たちはそういうところ上手そうなので、心配する必要はないですね。

>ちょこぱんよりすき。

食いしん坊の青空が!ちょこぱんより好きと言ってくれた!
なんか感激。
しかもくれたぜ。帽子になるってことはロールパンなのか、チョココロネなのか。
朝のようにベタベタにならないことを願います。


>みて!
>おくちのなか、
>もうからっぽ!


青空が食べるのうまいのは知ってるよ。
もちろん大好きだよ。

しかしここで「もぐもぐするの上手だから好き」と言ってしまうとさくらの立場がないので、ちょっと控えておきたいです。
でも、大好きと言われた分は抱きしめて頭をなでなでしてあげなきゃいけません。

グラタンをにゅるにゅると評す青空ちゃんは将来いい料理評論家になれるんではないでしょうか。
 




お昼終了




13:30 永遠を誓う幸せ

>お兄ちゃんの他には
>もうなんにもいらないの。


綿雪の日記はいつも、切なくて、悲しくて、でもその倍の幸せがもらえます。
もっとみんなみたいに素直にって思うけど、ユキの状況を想うとそうも言えません。
ただ、

>お兄ちゃんがいてくれるから――
>お兄ちゃんの笑顔がいつも
>ユキに元気をくれるから――

綿雪が元気でいられるよう、トゥルー俺は自分も姉妹全員も幸せにして下さい。


>こうして今――お兄ちゃんが
>ユキだけを見ていてくれるから

偶には、ユキと2人でどこかに行きたい。無理…なのかなあ。
小雨とは違った意味で身を引く子なので、大人数でいると気がついたら傍からいなくなっているということがありそうで怖い。
敏い良い子だからこそ、構ってあげたいです。

>お兄ちゃんのお嫁さんになりたいなんて、
>そんな――欲張りなことは
>ユキは言えないです。

こう言われると、さっきまで逃げ回っていたのを撤回してこっちからプロポーズしたくなる不思議。

>ずっとずっと、お兄ちゃんと一緒にいられますように

君がそう言い続けてくれるなら、ずっとずっと一緒にいられるよ。




14;30 小さな王女さま
>あと10年くらいがたって――
>私が姉妹で1番の美女になるまで。

本当、真璃はかしこい。
あえていうなら海晴姉さんタイプ。
わがままじゃなくて、あくまでごっこ遊びなんですよね、この子の場合。
時々、もう大人の女性なんじゃないかと疑ってしまうくらいです。

>私達の愛はいつだって
>結ばれるのを
>“許されない”もの
>だったじゃないの――

ベルバラですねわかります
…ごめんなさい。
でも仮面舞踏会は読んだ当時は憧れでした。

>絶対に許されることのない
>“きょうだい”として生まれてきたのよ。

ひらがなにするあたり深い。
こんな感じのセリフ、言う子と言わない子がいて混乱します。たまに本当の長男になった気がしてしまう。

>この世にマリーを阻むオキテなんて
>存在していいはずがないんだから!

そんなのも全部、真璃の前では無意味なんですが!



15:30 甘い香りにくるまれて

>なのに、おやつのチョコで
>汚れちゃって――

なんでさくらちゃんはこうも一人で何にもできない子なんでしょう。

>いつのまにか、パンツまで
>チョコで――


じゃあパンツ脱がしてあげy(ryと言いたいくらいかわいいんですが、下の青空やあーちゃんがあまりにもたくましい野生児っぷりを発揮しているので、さくらが心配になります。
それとも、さくらちゃんがこうなってお母さんなのか海晴姉さんなのかわかりませんが、教育方針を変えたんでしょうか。


>幼稚園の男の子たちも、
>さくらのチョコを取ろうとするし――。

気持ちは痛いほどわかりますけどさくらもやらん。
……これは去年の話でしょうか、それとも幼稚園、今日もあったのかな?

>だから、チョコレートさんは
>きっとさくらを汚しちゃうの。

そしてこの子は本当ロリ心をくすぐってやみません。
くまちゃんのエプロンワンピもかわいかったことでしょう。残念です。
着替えもチョコだらけってことは髪や肌にもついたってことですよね。

>でも、さくら1人じゃあ――
>お風呂に入れないの――

それじゃあ一緒に入るしかないね!ようし!




16:00 恋する体温

>目の前にキミがいなくて良かった――

目の前にいないトゥルー俺を想いながらの日記。
なんだかときめきますね。
いなくって申し訳ないけど、そこを許容してくれる吹雪が大好きです。

>私の姉妹達はいつも――
>愛情表現が大変豊かなのですね。

ええ、全く。
でもいつもああなら、いくら吹雪でもわからないですよね。

>確率の問題から考えると――
>私とキミが100%の兄妹である可能性は――

 1、吹雪は他の姉妹と血が繋がっていない
 2、吹雪は人間じゃない
 3、長男は他の姉妹と血が繋がっていない
 4、血は繋がっている。単に受精する精子の確立
ユアチョイス?!
って感じで、この文句は謎です。
すごく謎。
ちなみに2は吹雪が嫌いというわけではなく、綿雪との年齢差や一時期の日記で得られた考察です。流行っていたといっても過言ではない。

>私はキミの遺伝子を残す器に
>なることができるのでしょうか――
>ぜひ将来、この謎を――
>一緒に解いてみたい。

この前から急に、色っぽくなりました。
正直ドキドキします。確かめあいっこしy(ry



17:00 桃園の妹

>恋人や夫婦には“お別れ”
>しちゃうときもあるけれど。

>いついつまでも一心同体、
>生きるのも死ぬのも一緒の――
>兄妹でいたい

確かにそうだよなとしみじみしました。
でも、きっと、海晴姉さんが言うとおり、何したってこの姉妹との関係は崩れないと思います。
さて、

>そんな大それたコトは
>考えられないです!

星花の場合は綿雪と違って、

>三国志を見ていても
>男と女の絆って――
>意外と薄い気が――

という、なんとも現実に基づいた発言です。
前にラブレター騒動起こしたのもこの子だったし、男女関係についてしっかりかんがえたのでしょう。
年の割に出来た子なのは夕凪さんと比べるからなのかどうなのか。

>星花よりもずっとずっと
>上の存在っていうか――
>星花は誠心誠意、全身全霊で
>お仕えするのがお役目で――

星花ちゃんの旦那様像が見えてきますね。
全面的に同意しておきます。

>ハッピー・バレンタイン♪
>えへへへへ――

この照れが、間が、すごいかわいい。絶対領域もものすごいかわいい。




夜の部は次のエントリにて。
19人って多いな!(いまさら

Comment

非公開コメント

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

情報源

ブログ内検索

リンク

『眠っている暇はない』
ここ。リンクフリー。

banner.jpeg


『照柿色の夢の中』
小説等々移転先。GENOの心配はないようです。

banner
携帯変換
QR


『神の火を抱いてマークスの山へ翔べ』
旅、カレー、映画、美術館などなど
※ノーバナー

ページトップへ