P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

人を守ると決めた人

そりゃ皆龍騎好きだわ…と思いました。
龍騎を見るときは変身ポーズを真似しながら鏡に気をつけて見てね!


0、ストーリー
謎の行方不明事件を追っていた真司は突然、モンスターとライダーの戦いに巻き込まれる。
13人のライダー。彼らはそれぞれの願いを叶えるためライダー同士で戦うことを義務付けられていた。
それを止めようとするが、次々現れる難癖だらけのライダーたちは戦いを続ける。
この戦いの意味は。ライダーたちの運命は変えられないのか。
『戦わなければ生き残れない!』

1、物語
珍しく最初から最後まで破綻していないすばらしい作品です。皆それぞれ戦う理由をずっと追いかけている。互いに触れ合うことで、それが良いほうにも悪いほうにも変わっていく。
大切なのは選択すること。自ら望み、選ぶこと。
一人ひとり選んだ未来が、彼らの結末です。

2、13ライダー
本編で出たのは8人ですが。
真司=主人公、他人を守ることのできる熱血馬鹿。蓮=騎士(ナイト)、偽悪者。北岡=ゾルダ、弱いのに強がっている人。浅倉=王蛇、最強にして最凶。
須藤=シザース、黄金の蟹さん。手塚=ライア、人の本質を見抜く人。芝浦=ガイ、快楽主義者。佐野=インペラー、世間知らずなお馬鹿さん。東條=タイガ、依存症の大人になれない子供。おまけで香川教授=オルタナティブ、英雄的行為を貫こうとした人。
みんなそれぞれ嫌な奴なんですが(笑)それぞれ深い事情があって、一概に嫌いとは言い切れなくなってしまいました。それでも同情なんてできませんが。
何もかも受け入れてしまう真司君はずっと迷っていて、そのことに自らを偽っている蓮と北岡先生は影響されます。手塚はその背中を押し、浅倉が全てをかき乱す。
彼らの間には友情とは言えない、でも確かな絆がある。
それから彼ら一人一人にある“らしさ”も見物じゃないでしょうか。

3、サブキャラクター
ライダーでない方々。
優衣はいい子です。そしてキーパーソン。一番かわいそうだった子。
多分優衣がいなければ真司と蓮が仲良くなることはなかったんじゃないかと思うと、寂しい。
花鶏(あとり)のおばさんはアマゾン大好きです。なんだかんだ物語にかかわり続けた人。そして、勘が肝心なところで当たってしまう人。しかも本人それを知らない。手塚さんに言った一言は無茶苦茶皮肉でしたとも。
OREジャーナルの面々は癒しです。真司は編集長に、北岡先生は令子さんに(蓮は恵里さんと優衣に)大分助けられたんじゃないかと。もちろん、強烈な個性を持つ残り二人にも。
でもって吾朗ちゃんが一番好きです…。wikipediaにやたら詳しい生い立ちが載っているのですが(笑)いやあ、いい嫁です。

4、結末
ネタバレになりますから何も言えませんが、終盤は見るのが辛くて、特に一人でもお気に入りのキャラクターがいるとずうっとハラハラしっぱなしです。というか北岡先生がフラグ立てすぎなんです!
最後の最後。彼らが幸せなのか。本当にいい結末だったのか。それを問うことはできないけれど、ちょっとだけ納得はしていないけれど、とてもよい終わり方でした。



5、最終回含め。
頂点を極めようとした者は真っ先に喰われ。
戦いをかき乱そうとした者は自ら招いた者によって倒れ。
未来を変えたいと願った者は自らの命をもって占いの結果を変え。
幸せを望んだ者はそれに触れることなく消え。
英雄を渇望した者は英雄となって死に。
永遠の命を望んだ者は静かに眠りにつき。
戦いだけを望んだ者は戦うことなく死に。
願いがない者は願いを見つけて倒れ。
恋人を救いたいと戦った者はその傍で眠った。
なんて皮肉に満ち溢れているんでしょう。東條と佐野は正直「やられちまえよ…」でしたが、最期を見るとさすがに。佐野なんかもう、ね。


最後の力を振り絞って戦った真司君。
決着をつけようとして染みが残ったまま眠ってしまった北岡先生。
それを落とそうとした吾朗ちゃん。
ただ戦うのではなく北岡との決着を望んだ浅倉。
真司の意思を負い、最後まで自分のために戦うと決めた蓮。
彼らの最期はきっと悔いが残って余りあるものだった。だからこそ、ループした後の未来に私は堪えられませんでした。
もう戦うことはない。
でも、さんざん悩んで戦ってきた彼らの思いが消えてしまう。絆もなくなってしまった。
何より、優衣ちゃんがいない。
幸せかもしれないけれど、寂しい。
最後の闘いは綺麗だったと、それだけは確かです。
ループした世界で皆が平和であるように。優衣がもう泣かないように。



タイムベントはなんだったんだ(これで優衣が死ぬ前に戻るのは不可能なのか)とか、士郎さん迂闊すぎ&のんびりしすぎな上に意思弱すぎだろうとか、主に神崎兄に対するツッコミはありますが置いておくことにします。ベルトって誰が作った&音声吹きこんだんだろうとか…。
ゾルダと王蛇のFV見たかったな!

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/183-178b0c4b


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload