P日記兼SHT感想置き場のようなもの

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
情報源

世界中の人を守る人

突然始まる平成ライダー前半オススメ記事。
アギト~ブレイドまでの予定です。クウガはこれから見るので。
第一弾は剣(ブレイド)


ブレイドを見る時は部屋を明るくして、脳内補正をきっちりかけながら見てね!

剣は、オンドゥルで有名だったりしますが、それがきっかけで構わない、見てくれ!なんでこんなに人気がないんだ…。
すごい珍しく綺麗に終わってますよ、これ。ただまあ、龍騎見た後だからかもしれませんがどこはかとなく漂う焼き直し感。

0、ストーリー
剣崎の属する会社、BOARDが突然壊滅した。
元々彼らは生物の始祖であるアンデッドを封印する為にライダーとして働いていた。しかし、封印されていたアンデッドが実は意図的に解放されたのではないか、BOARD壊滅の犯人は先輩の橘なのか…。
更に「人類は救わない」と言い切る謎のライダーの登場。アンデッドの闇の力に取り込まれるライダーまでも戦いに加わる。
そんな中で彼らは全てのアンデッドを封印することができるのか、そして全てを封印した時に起こる悲劇とは一体。
『運命の切り札をつかみとれ!』

1、物語
初期はアンデッドを封印するだけと言ってもいい気がします。人と人との繋がりがものすごい希薄でもったいない。
ただし後半はいかに自分の運命と戦うかが焦点となります。戦う理由、強くなるということ、人でない苦悩、取り込まれていく恐怖。
そして、誰かの幸せを願うこと。

2、キャラクター
メインライダーは主役・瞬間湯沸かし器剣崎(別名ぴちょ○君)。かっこいいクールな先輩ライダー(棒読み)橘さん(ナゼミテry)。ツンツンがデレッデレになっていく始(ハート)。色々弱いけどそこがいい睦月(一番かっこいい)の4人。
最初、4人のライダーはめちゃくちゃ仲が悪いのですが、絆を深め合い、運命を乗り越えついに4人で戦う時が最高に燃えました。バイク4台で並走なんて!

その他、行き場のない剣崎の居候先には牛乳大好きな虎太郎、冷蔵庫を指で持ち上げるオペレーター担当広瀬さん(女性)、始さん大好きな小学生天音ちゃん、未亡人でお姉さんの遙香さん。橘さんの恋人で女医の小夜子さんや明らかに怪しい烏丸所長、後半になりますが珍しい常識人嶋さん(但し合成写真)、クーデレな感じの虎お姉さま城光も魅力的です。あ、のぞみちゃん(睦月のガールフレンド←公式)もかわいかった。

3、OP
かっこいい。歌も映像もかっこいい。
前期も後期も、ライダーを前面に押し出している雰囲気が大好きです。

4、オンドゥル
剣は見ていなくてもオンドゥル語は知っている、というか剣でググると絶対に出てくる、というか仮面ライダーオンドゥルで公式HPが出てくる、そんな知名度。
そんな気にならなかったです。オンドゥル系の動画で先に見ちゃうとアレですけど。
でもさすがに、「オンドゥル」「ナゼ」「ムッコロス」と雪山の橘さんは聞き取れませんでした。しかもどっちかというと剣崎より橘さんの方が(ry
そんな状況だから始・睦月の上手さが際立ったりしますね。…後半はウェーイも言わなくなって、ちょっとさびしい。


5、橘さん
迷ったのですが載せてしまおう、オンドゥルと同様でネタ四天王橘さん。
「俺は橘ギャレンだ」「やはりそういうことか」「これ喰ってもいいかな」等々、かわいいんです中盤以降特に。なんでだろう。
そのくせ戦闘がかっこいい(バーニングサヨコ-!!)というのが何ともいえないネタ性を持っている気がします。まあ大抵、「橘さんだしな」「ああ、橘さんなら仕方ない」で片がつく。
以下、ようつべより気に入った動画。他にもたくさんありマス。
着信
橘さん!!
これ以外のSHTやプレゼント応募もツボ。劇場版プレゼントの森本君は素を出しすぎ。
本編もネタとしても、剣大好きです。


追記に映画と最終回(ネタバレ)の感想あります。


5、映画
もしも、剣崎が始を封印していたらで始まるこの映画。ifはifでも、起こりうる可能性大だった(実際スタッフは最終回で繋げるか迷っていたそうですね)割と異例な話。
なので、剣崎が先輩面していたり、虎太郎がイヤミな奴だったり、睦月がクサクサしてたりします。え、橘さん?ダメプロデューサー…。
見どころは中学生天音ちゃん…ではなく、結局何があっても変わらない彼ら。人類を救う英雄の存在。スペシャルゲストの555陣。
そして「フージョンジャック↑」「フュージョンジャック↑」「フロート↓」そりゃムッキーもやさぐれるよ…。
ちなみに見るタイミングとしては、睦月が元に戻った頃…40話過ぎをお勧めします。
個人的には剣崎の職業は消防士とか救急隊員(はさすがに無理か)がよかったのですが、案外人がやりたがらないゴミ収集という仕事は向いているかもしれません。





 最終回+たそがれ
これほど心に重たく残った最終回は初めてかもしれません。
剣崎と始の友情は、一体なんだったのだろう。
思うに、元から「人を救えないこと」がトラウマだった剣崎は、初期で広瀬さんに「何のために戦うか」を諭されてから壊れてしまったのだと思います、多分。
そして、己の赤い血を見て決意してしまった。ぷっつんと。
自分の身を犠牲にして友達を助ける。人の身を捨てて人類を助ける。この思考を壊れていないと言いきれません、私は。
最初から人を傷つけることを極力避けて、野宿してまで広瀬さん達から離れて、最後はたった一人異形の姿で生きていくことを選んだ。きっとアンデッドだから生き続けるのでしょう。人から恐れられながらも、人を助けて。
親の悲鳴(しかしおそらく、「逃げろ」という意味で「一真」と叫んでいたのでしょう)はもう聞こえなくなっただろうか。ただ、剣崎がいなくなった誰かの悲しみは、聞いていて欲しいです。

キングフォームを手に入れた剣崎に頼りっぱなしだった。戦うことを勧めていた。何より、ライダーシステムの開発に関わっていた。だから橘さんは研究を続けた。なんとなく思ったのですが、遺伝子の研究で自らの寿命まで作り変えてしまったんじゃないかなと。だから一人だけ長生きした、とか。始と同じく、いつか剣崎に会う日まで。

会ってはならない、でも会いたい。最後の最後に花束を持って歩く始で涙腺が崩壊しました。剣崎は馬鹿だ。
SPIRITのカードの影響もあるのだろうけれど、天音ちゃんや剣崎のおかげで人の中で生きていくことを決意した。そんな始が大好きです。しかし、いつ天音ちゃんの元から離れて行ってしまったのだろう…。

忘れちゃいけない睦月。彼には普通の人生を歩んで欲しいものです。といっても、映画を見るにきっとサラリーマンは無理だから、バスケット選手なんかいいんじゃないかな!とりあえず、もう望ちゃん泣かせるなよと。真っ当に生きてくれ。

とにもかくにも、始さんと剣崎が会えることを願ってやみません。

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://equinoctial.blog101.fc2.com/tb.php/171-9e53b8f6


ブログ内検索
Twitter...
Twitter...A

カニノメ < > Reload