ブログランキング
眠っている暇はない|2017年06月16日

土の記/高村薫

2017.06.16 22:00|その他作品感想


あらすじやなんかは以下の書評からどうぞ。

ネタバレないのでおすすめ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2017010802000188.html
好き
http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2017010802000188.html
http://style.nikkei.com/article/DGXKZO11975330R20C17A1MY6001?channel=DF130120166021
「作家は、土の世界を軽んじる現代人を憂え」…?何言ってるの…
http://www.yomiuri.co.jp/life/book/news/20160726-OYT8T50091.html


もしかしたら高村作品(除エッセイ)で一番読みやすいかもしれない。
でも前半の冗長さというか、「この小説はどこに向かっているんだ」感は一番強いかもしれない。
答え:どこにも向かっていない

この物語は、老いた一人の入り婿農夫の老後の日々を綴ったエッセイのようなものだ。
人生には劇的な出来事もハプニングもないと言わんばかりに、主人公=伊佐夫の日々は淡々と続く。
嫁が死のうと、孫が来ようと、犬を飼おうと、泥鰌と心を通わそうと、少女が失踪しようと、日々の農業は淡々と営まれる。
娘の諸事情は忘れても、伊佐夫の頭から稲の成長具合が消えることはない。
自然に相対するとは、そういうことなのかもしれない。

あえて縦軸になるものを挙げれば上記の通り稲の栽培なのだが、上下巻の間に稲刈りが二回程、田植えは三回くらい?行われる。稲が育って大げさに喜ぶことも、失敗して悲観することもない。ただ毎年春がくれば、田んぼを耕し稲を植える。それだけ。

ここまでまるで面白くない小説の紹介のようだが、不思議と面白いのは高村女史の文才故だろうか。
もう一つ、読めばすぐに出てくる「謎」が面白さを引き立てているのかもしれない。その「謎」は高村作品よりもむしろ京極作品の面持ちだ。

新潮社の紹介文には「」とあったが、これは見たくなかったなあ…。それがなくても結末はなんとなく予想できるようなできないような、だが。
そういう意味ではいつもの高村作品で、やはり入門編といえるかもしれない。

あとひたすらリアル。
寝たきり老人の饐えた匂いや、痴呆が始まった親戚に対峙するときにせりあがってくる涙や、爆発する少女の思春期や、そんな少女や若者たちに送られる困惑と嫉妬の混じった目線が。
リアルに想像できる、ではなく、リアルに感じたことをそのまま文章に落とされている。
もう世話をしなくていいはずの人のことを寝起き頭に「ああ今日も介護しなきゃ」と思い出すあたりがもう、うわあ…と頭を抱えたくなった。伊佐夫さん、がんばったなあ…。


以下ネタバレあり。

続きを読む >>

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

情報源

ブログ内検索

リンク

『眠っている暇はない』
ここ。リンクフリー。

banner.jpeg


『照柿色の夢の中』
小説等々移転先。GENOの心配はないようです。

banner
携帯変換
QR


『神の火を抱いてマークスの山へ翔べ』
旅、カレー、映画、美術館などなど
※ノーバナー

ページトップへ