ブログランキング
眠っている暇はない|感想・考察

Serendipity Parade!!! 静岡公演覚書

2017.06.28 00:01|イベント感想
マジで私以外理解不能な覚書ですよ。
もしかしたら一年経ったら自分ですら理解できないかもしれない。


担当(仮)がいると見る目が違う。
やっぱりなっぴーはかわいい!!!!!!

特にロマンティックナウなっぴー&ともよ様ver。
焦点しかけてで記憶がない。最高。
そりゃ津田ちゃんも泣くよ。
泣くっていうか、舞台上に薫ちゃんとみりあちゃんがいる…二人でライブをめいっぱい楽し出る…緊張をものともせずステージ上で遊んでる…かわいい…ああかわいい…みたいな。
もう俺ロリコンでいいや。


シンデレラの特異な点は、「まだ見ぬ後輩に誇れる背中を見せよう」と一定数のアイドル(声優)ががんばっているところだ。
知らない間に(?)後輩が増えていく、というのは相当な緊張感だと思う。観客の一人が後輩かもしれないわけだから。
馴れ合いなんて出来るはずがない。

牧野さんの「おさるさんは誰かなぁ?」(はらぼう)「…はい」の寸劇にもそれを感じる。先輩後輩がしっかり決められてるのがいいのである。
それにしても上条さんとなっぴーは仲いいな!!!!
社会人のなっぴーを気遣ってるのかなと思いつつ、私情で(楽しくて)集まったんだろうなとも思う。
どちらにせよ、仲良きことは美しきかな。

ともよ様がどんどん人間になっていく…
10thだったかなあ、みりあの気持ちになったみたいなこといってたの。
ともよ様は「オタクきもーい」と平気で言ってくださるようなイメージだったので、色々以外だった。
(妹が生まれる)おねえちゃんのみりあのつもりでで歌った。初めてみんなのライブだと思った。
なにより、ツインテで歌ってくれたのが嬉しいな。

きよちゃんどんだけるーりぃ好きなの。逆もしかりだけど。
きよちゃんからブレスレット送ったっていうのがいい。超いい。なつきちとだりぃっぽい。超いい。

なっぴーの「すげぇ」の小並感
こっことやらは寡聞にして知らないのだけど、なっぴーが言うからには大層なお菓子なのだろう。そして飛鳥君が好きなんだから甘いんだろう。

それにしてもシキくんが翻弄される面白さは面白すぎる。
(アイドルの)シキにゃんと(演者の)シキくんがいるからややこしい。ここに(SideMの)シキわんを加えよう。

軍曹は敬礼したければ特権すればいいよね。
ていうか今回の特権は薫ちゃん・みりあちゃん・なつきち・たくみんという独占の独占しなさそうなメンツだからこその興奮があった。
石川公演も中々に以外なメンツだったけど、静岡はそれを超えたね。



最後のきよちゃんの挨拶の後上向いて涙こらえる津田ちゃんで笑う
津田ちゃん、顔!顔!君いつも泣いてるな!
今回ははらぼうのヤンキー感とヤカラ候補の多さが際立った。だってはらぼう自らヤンキー志望が多かったって言うんだもの。なんじゃそりゃ。

しまゆきちゃん度胸あるなと思ったら泣いてた。
あと初参戦はたまちゃんだけどそんなに歌ってないからなあ…。

今回はソロ多めでしたな。

タグ:シンデレラガールズ

土の記/高村薫

2017.06.16 22:00|その他作品感想


あらすじやなんかは以下の書評からどうぞ。

ネタバレないのでおすすめ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2017010802000188.html
好き
http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2017010802000188.html
http://style.nikkei.com/article/DGXKZO11975330R20C17A1MY6001?channel=DF130120166021
「作家は、土の世界を軽んじる現代人を憂え」…?何言ってるの…
http://www.yomiuri.co.jp/life/book/news/20160726-OYT8T50091.html


もしかしたら高村作品(除エッセイ)で一番読みやすいかもしれない。
でも前半の冗長さというか、「この小説はどこに向かっているんだ」感は一番強いかもしれない。
答え:どこにも向かっていない

この物語は、老いた一人の入り婿農夫の老後の日々を綴ったエッセイのようなものだ。
人生には劇的な出来事もハプニングもないと言わんばかりに、主人公=伊佐夫の日々は淡々と続く。
嫁が死のうと、孫が来ようと、犬を飼おうと、泥鰌と心を通わそうと、少女が失踪しようと、日々の農業は淡々と営まれる。
娘の諸事情は忘れても、伊佐夫の頭から稲の成長具合が消えることはない。
自然に相対するとは、そういうことなのかもしれない。

あえて縦軸になるものを挙げれば上記の通り稲の栽培なのだが、上下巻の間に稲刈りが二回程、田植えは三回くらい?行われる。稲が育って大げさに喜ぶことも、失敗して悲観することもない。ただ毎年春がくれば、田んぼを耕し稲を植える。それだけ。

ここまでまるで面白くない小説の紹介のようだが、不思議と面白いのは高村女史の文才故だろうか。
もう一つ、読めばすぐに出てくる「謎」が面白さを引き立てているのかもしれない。その「謎」は高村作品よりもむしろ京極作品の面持ちだ。

新潮社の紹介文には「」とあったが、これは見たくなかったなあ…。それがなくても結末はなんとなく予想できるようなできないような、だが。
そういう意味ではいつもの高村作品で、やはり入門編といえるかもしれない。

あとひたすらリアル。
寝たきり老人の饐えた匂いや、痴呆が始まった親戚に対峙するときにせりあがってくる涙や、爆発する少女の思春期や、そんな少女や若者たちに送られる困惑と嫉妬の混じった目線が。
リアルに想像できる、ではなく、リアルに感じたことをそのまま文章に落とされている。
もう世話をしなくていいはずの人のことを寝起き頭に「ああ今日も介護しなきゃ」と思い出すあたりがもう、うわあ…と頭を抱えたくなった。伊佐夫さん、がんばったなあ…。


以下ネタバレあり。

続きを読む >>

東映公認!ライダーラジオ! 公録感想

2017.03.29 22:00|イベント感想
公録に行ってきたのでメモ程度に。
小山の力ちゃんがものすごくオチャメさんでした。
http://radiko.jp/#!/ts/QRR/20170329210000
タイムシフトでも聞けるよ!

・OPトーク
霞のジョー風の格好で現れる力ちゃん。
力「俺が霞のジョーだ!」\ひゅーひゅー/
→調子に乗ったのか(?)突然「俺は太陽の子!ブラックRX!!!」とうろ覚えな変身ポーズを披露してくる力ちゃん。
→いや違うでしょと即突っ込み入れる関さん。

関「霞のジョーの服装はいつから準備されてたんですか」
「三年前から!」(拳握りながら)
関「俺ですら一ヶ月前に仕事が入ったのに」
砂「さすが本物は違いますね、勘というかなにかあるんですね」
(後の天然ぶりを見るに三十年前の言い間違いと思われる)

砂(フィギュアコレクションの説明をして)「49体揃えると図鑑が完成します」
力「霞のジョーは入ってないんですか?!」
砂「残念ながら…」
力「霞のジョーを入れたら50体ですよ!どうですか?!」
関「霞のジョーのフィギュアってあるんですか?」
力「ないですね」
関「じゃあ是非RXのフィギュアと並べたいですね~」
力「50体目!どうですか?!」(関係者席を見渡す)

…と、なんだかんだトークした後に砂山アナが「それじゃあここから公録に入りますね~」と仕切ったところ、「ここから?!こんなに頑張るんじゃなかったっ!」とずっこける力ちゃん。



・ジングル
本来ならジングルが入るところ(CMの前後)にライダーの歌が流れます。
何故か会場で大合唱。
何故かステージから降りてきて観客にマイクを差し向けてくれる力ちゃん。
夢のような時間だった。

関「でもオンエアされないけどね(笑)」
力「マジか頑張るんじゃなかった!!!!」

途中、「ぼくらのライダーマン」が流れて「歌える人は歌ってー」で当然のように歌ったら、「こんな挿入歌まで歌えるって相当変人だからね(笑)俺もだけど(笑)」と関さんに言われて衝撃を受けた。
え、いや、普通RIDER BEST昭和&平成はMP3プレイヤーに入れてますよね?え、入ってない?!

予習もしてるんでしょうけど(ブラックRXはこのために見直したと言っていた)、全部歌える関智一はすごい。
自分のコンサート曲は間違えるのにライダーソングは空で歌えると豪語する関智一はすごい。(鈴村もいつか同じこと言ってたな…)

曲が終わってジングルが始まるまでの合間がいつも空白で、キャスト三人が舞台上でそわそわしながらキューを待っているのだけど、いつまでたってもキューがならないなーと思ったらスタッフから「ジングル取りましょう!」の声が飛んで砂山アナ大慌て。
更に砂「16ページです」(バタバタ机を探して)砂「無くしました」(そっと原稿を差し出す関智一)と続く。
おかげで16ページがやけに記憶に残ってしまった。あんな無茶苦茶な進行だったのにそんなに原稿あったの…。
で、無事にジングルをみんなで撮りました。公録ならではのハプニングだった。


・公録中
内容についてはラジオを聞きましょうということで。
ただこれだけは書いておきたい。

仮面ライダーストロンガーの手袋しゅっしゅっと擦る変身がかっこいいよね!とお手紙してくれたリスナーに「擦るのが手でよかったですよね(笑)」とシモネタ返すんじゃない!!!!!
あと手袋脱ぐ動作を片平な○さって言ったの許さないからな!今度見た時思い出して笑っちゃうよ!!!!

関さんの話すストロンガートークが会場の観客巻き込んで大盛り上がりで収集がつかず、おそらく尺をぶっちぎっていた。
なので砂山アナが慌てて「ストロンガーの話は置いておきましょうね」と止めていたにも関わらず、ストロンガーに関連付けて締めようとしたのか「(ストロンガーは)口上が特徴的だったりね」と水を差し向けてしまい流れるような関智一オンステージが始まり頭を抱えていたのが面白かった。


来るとしても平成だろうと思ってたらXライダーの話をしてくれて声をあげてしまった。
面白かったのは関さん的Xライダーの特徴が「メカニック」と「神敬介」なところだろうか。
いやー最終回の「神啓介」は語り草ですよねー。
でもそれを言うのならシリーズ途中にも関わらず床屋でパンチパーマかけて別人になったことにも触れてほしかった。
そして「神啓介」の誤字をご本人(速水氏)は知らず、関さんが呑みながら(!)教えたら後日、「いやー関さん、間違ってたね」と連絡がきたというのが更に衝撃。
マジかよあれ素なのかよ!!!!!!ちょっと敬介さん面白すぎるよ!!!!!!一応水産大学入学するくらいの学力はあるんだよね?!!!!

あとXライダーのときに力ちゃんが突然、「俺は仮面ライダーX!ただのX!!」と謎の変身ポーズを取ってくれた。
Xライダーファンごめんねと謝られたけどいえいえ本当に嬉しかったです。


今回のライダーフィギュアは銀色一色。関智一氏が子供の頃に同じようなフィギュアが出ていたのだけど、子供のお小遣い故に買えない思い出があったそう。なので今回こういったフィギュアが出て嬉しいと語る。
しみじみとする思い出に突然力ちゃんが「じゃあパクリですね!」と堂々と言い放って笑うべきか聞き流すべきか…となったのに、関係者一同は大笑いしていたらしい。よかった。


・EDトーク
力ちゃん関さんの二人と、砂山アナ入れて三人で写真。
関さんとのツーショットの間シャッターが鳴る度に角度変えたり表情変えたり替えたりお茶目な仕草をずっとしてて、最後にカメラマンさんが「オッケーでーす」といったら「あれ?」とずっこける力ちゃんはファンサービスよすぎる。
その隣で微動だにしない微笑みを浮かべてる関さんも面白かった。

力ちゃんがスタッフに教わったヒーローの条件。
「決して悪に負けない
決して仲間を裏切らない」

だから、みんなもその心を持って正義の味方になろう。
いやーいい話だなあさすがヒーロー。

「次回もやりたいね」と和気藹々としてたら、力ちゃんが「次はこんなにはしゃぎません」と唐突に反省し始める。
会場全体が笑いに包まれたところで関さんが「本当ですか?でもヒーローは裏切らないもんね!(笑)」、そしたら力ちゃんは「…ちょっと裏切ったらごめんね」と上半身下げながら(頭下げてたのかな?)返していた。

・雑感
当たり前のように観客が濃い人多くて楽しかったな…。
ストロンガー大好きなお兄さんとか。
関さんがわからないブラックRXの怪人を即答するお兄ちゃんとか。
V3をオンエアで見てたという改造人間お姉さんとか(本当にどう見ても若かった…)。
なにより最高だったのはマイク向けられてのりのりで歌う皆さんでした。

しかし、力ちゃんはずぅっとリキ入ったボイスで喋っててしんどくなかったんだろうか…。
ステージを上に下に右に移動する力ちゃんはフットワーク軽すぎる。これ音だけの収録ですよ?映像撮ってないですよ????

いつかボス関鈴村神谷で喋ってたまに観客に水向けて知識補給しつつ喋り続けるラジオやってほしい!!!

テーマ:仮面ライダー
ジャンル:サブカル

ライダー×戦隊感謝祭・二日目

2017.01.22 20:55|イベント感想
燃え尽きた!

完全燃焼すると書く感想もなくなる感謝祭二日目。
今日は比較的真ん中の方の席だったのでキャスト勢眺めてニヤニヤしておりました。
思い出したら付け加えていきます多分。


☆開場前注意
はいはいいつもの…と思いきや。
劇団バズーカ乱入!
斎藤秀くん森高愛ちゃん小野瀬さんが来てくれて違法ダウンロードはいけないんだよーという寸劇。
いやー楽しかった。初っ端から大興奮だった。それにしても愛ちゃんかわらないなあ。


スーパー戦隊メドレーは曲名書いてません。セトリと感想とキャストについて色々。

続きを読む >>

テーマ:特撮ヒーロー
ジャンル:テレビ・ラジオ

ライダー×戦隊感謝祭・一日目

2017.01.22 00:55|イベント感想
膝が
痛い

三時間休憩なしで座りっぱなしだと膝ばっきばきになると学んだ今日。

超英雄祭もとい感謝祭一日目行ってきました!
設営運営に文句はあるけど中身は文句なし!というか期待以上だった!

ただ席がステージの90度真横で一番後ろという見づらい&音響最悪だったのでキャスト観察は撃沈。しかも最初の方スピーカーの音量が小さくてほぼ聞こえなかった…………。

それはともかく浅倉威完全復活おめでとうございます
意味わからん!見たい!


以下、ライブパートのセトリと感想。
そして最後にその他印象に残ったこと。

続きを読む >>

テーマ:特撮ヒーロー
ジャンル:テレビ・ラジオ

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

情報源

ブログ内検索

リンク

『眠っている暇はない』
ここ。リンクフリー。

banner.jpeg


『照柿色の夢の中』
小説等々移転先。GENOの心配はないようです。

banner
携帯変換
QR


『神の火を抱いてマークスの山へ翔べ』
旅、カレー、映画、美術館などなど
※ノーバナー

ページトップへ