ブログランキング
眠っている暇はない|旧戦隊

キョウリュウジャー・ブレイブ!

2017.04.15 14:32|旧戦隊

一話(吹き替え)

わかった!
これ地方のヒーローショーだ!

邪魔の入らない流れるような展開と誰一人展開に疑問を抱かない感じと流れるBGMが流用なのと声が明らかに吹き替えなところがまさにヒーローショー。
そして一話、誰ひとりとして名乗ってねえ!!!!!!

OP・EDが清き正しき子供向け番組の感じがしてとてもよかった。
そして一話最後のピンクの子の表情の作れてなさがアミィちゃんを思い出してとてもいいね…。かわゆい!

二話にして太腿×太腿!!!
坂本監督に頼んだだけある!今のニチアサには太腿が足りないんだよ!素晴らしい太腿でした。もうそれだけでピンクの子大好き。

レッドが有無を言わさずガブガブリボルバーを渡して…いや押し付けてるのが面白すぎる。お前はどこの回し者だ。
「お前仲間だな!」「ブレイブだ!」がキングっぽいようなぽくないようなで面白い。子孫っぽいけど赤の他人と言われても納得できる感じ。
でも顔はどちらかというとゴセイレッド。

唯一の不満としては変身ダンスがあまりかっこよくないことかな…足を大きく振り上げるのは好き。黒とピンクのが好き!


「ダイゴに継ぐ青年だ…!」みたいなことをトリンが言ってたけど最終回から何年後なのかな。気になる。
でもトリンが蘇ってるから100YERARSより後…?いや霊体だから関係ないのかな。


公式HPに「キョウリュウジャーの魅力って?と試行錯誤しながら~」とあったけれど、個人的にはキャラの個性と「ブレイブ」の力かなと。
「ブレイブだぜ!」「ワオ!それってブレイブ♪」とかブレイブってなにと考えさせる隙がないほどブレイブを多用して欲しい。
あと皆が仲良いこと。『ブレイブ』でも緑とピンクがハイタッチしてて本家の魂みたいなものを感じられてよかった。予告では早速黒と緑(青もしれない?)がハイタッチしかけて止めるシーンがあるっぽいのでそれも楽しみ。

まだ二話目だけどとりあえずすごい好き。
三話目にして「全員集合!」って早すぎる。
ぜひこのままの勢いで突っ走って欲しい。


こばぴょんの声が吹き替えにとても合ってて声優ってすごいなと思った。緑の「庶民は~~」のキャラは転がしたら面白そうなので期待。
そして青が黒になったと聞いたからのっさんが警官(黒)の声をあててるはずなんだけど…と一話はずっと首を傾げていた。全然わからなかった…。

テーマ:特撮ヒーロー
ジャンル:テレビ・ラジオ

タグ:キョウリュウジャー

ジュウオウジャー一年間お疲れ様でした。

2017.02.05 11:24|旧戦隊
ジュウオウジャー

40周年にふさわしい「絆」と「家族」の物語だった。
一年間、本当にありがとう。

HPの宇都宮Pの言葉を読んでたら本当に終わるんだなあと実感して泣いてしまった。
40周年の重みを背負った六人の主役たち、お疲れ様でした。


ジニス様をどうやって倒すんだ、あっさり倒しても興ざめだし逆にジニス様最強で終わってもすっきりしないぞ。
先週まではそう思ってたんだけどまさかの「最初から卑小な存在が己を強く見せていただけ」オチだったとは。
・「ジニス様の細胞から抽出したエネルギーです」
・自分が嫌いなみっちゃんが好き
・「最大の屈辱とは……」
・アザルドに対等と言われてブチ切れる
・群れ(仲間)を嫌う
見事な伏線回収だった。ていうかまさかあの容姿であの声なのにアメーバだとは思わないよ!!!!!

超英雄祭もとい感謝祭でナリア役のみなこちゃんが「ナリアは次ニス様のことが大好きです」と言っていたのが気になっていたのだけど、こういう最期だったからなんだなと…。
「どんな姿であっても貴方をお守りします」
ナリアにとっては最大級の愛情を込めた言葉。ジニスにとっては最大級の屈辱/侮蔑の言葉。
なんて悲しい結末だったんだろう…。

そしてジニスを倒す決め手となったのが「地球の意思」だったのもいい。
ずうっと言い続けていた「この地球を舐めるなよ!」を地球自身が体現して、ジニスという異物を排除した。
地球って素晴らしい。


二人の人間、そして四人のジューマン。その絆は一年通して壊れること無く、どんどん硬い結びつきになっていった。
まさに一つの群れ。一つの家族。


タスクが皆とわいわいはしゃぐようになったこと。
レオとセラが口喧嘩しなくなったこと。
レオがいつまでもくじけなかったこと。
みっちゃんが卑屈なことを(あまり)言わなくなったこと。
アムが本心や生い立ちを口にしたこと。
大和がお父さんと向き合ったこと。
一年を通してみんな成長していった。
その成長を見守れたこと、こんなに誇らしく嬉しいことはない。

最後、皆が家族と出会えて本当に嬉しかった。
みっちゃんが人前に出て、震える手でラリーさんを抱いた場面、そしてサイワニオオカミの三人が手を振ってくれた場面は本当に素敵だった。オールアップがみっちゃんだけ別と言ってたのはこのことなんだなあとも。


尺足りねえとか大和とお父さんはどうなるんだとか最後にマリオさんにおかえりが欲しかったとかやってほしかったことは色々あるけれど、それを言うのが贅沢に思うほど期待以上の一年をくれた。
重ねて言うけれど、本当にありがとう。


………あ。
感謝祭でレオとセラの決着がつくって聞いたんだけどカットされたのか?!!!
アクションシーンがクランクアップシーンだと聞いてたんだけども。
それとも「帰ってきた~」に回されたのか?!!!




エグゼイド
ハンバーガー怪人とハゲおじさんの濃厚なラブシーンでお腹いっぱいになった。

ヒイロ先生がバグスターキチみたいになってたのが一番面白かった。
よく考えたらガシャット無いから除去手術できないじゃん!だめじゃん!

序盤はわけのわからない存在だったタイガさんがニコちゃんと夫婦漫才する愉快な存在に。
完全に尻に敷かれてるのがすごいいい。
あとニコちゃんが的確なツッコミしてくれるのですっきりする。(ハンバーガーって)気付けよ!!!!


プリキュア!
実写パートのクッキングが始まった途端に「ヘボットだこれ!」となんか色々放棄してしまった。
思った以上にうさぎちゃんの声が低いのに驚く。

今回はスイーツメインで格闘無くすと聞いたからどこまで付いていけるか不安だ。
とりあえずEDダンス好きなので覚えるまでは見ます。

テーマ:特撮ヒーロー
ジャンル:テレビ・ラジオ

荒れるぜ!出発進行!

2015.01.24 22:00|旧戦隊
内容は薄いのにネタ的に濃い映画だった。
上映中にしょっちゅう笑ってたのに最終的に振り返ると面白くなかったというか、地味。
いや前作が派手すぎたんだよとは思うけど。

ざっくりした感想
・仲悪すぎて逆に笑える

・子供戦隊かわいい!

・ウッチー…ウッチー!!!

・これ絶対入ってるよね

・アクション!イアンの崖おりすごい!獣電池でかい!二人乗り!20人!!!!!!

・アミィちゃんマジヒロイン!(贔屓目)



キングはウッチーと同じくらいアミィが好きなんだなあ。逆じゃないんだよなあ…。
と、ベッドのシーンで確信した。
守りたいもの=ウッチーて、カット割りおかしい。


やっぱりキョウリュウジャーが好きなんだと改めて思いました。
もう終わりなんだね…。
二年間、燃えと萌えをありがとう。
それしかない。

続きを読む >>

テーマ:特撮ヒーロー
ジャンル:テレビ・ラジオ

タグ:キョウリュウジャー

マージ・マジュナ・5話6話

2014.05.25 22:12|旧戦隊
マジレン
正ヒロイン山崎さんktkr!!
いつ見てもかわいい。ゴーカイに出てくれて本当にありがとう平田さん。
魁が好きな山崎さんがマジレッドに惚れるという変身モノの王道展開をしてくれたマジはやっぱり名作。
五話からのセルフ三角関係を引っ張るものだから、最後までやきもきさせられたものだよ。映画見たいなー。……正直言うと告白してたの覚えてませんでした、はい。
とりあえず6話の見どころは、
「見た?」
うん!…見てない見てない!」
コレに尽きる。

「今度は芳香が夢を運ぶんだって」
前向きでひたむきで時に空回りするかわいいかわいい芳香ねーちゃんはスイーツ脳なところが一番かわいい。
ナイトメアになって擬態をおびき出す作戦を考えちゃうんだもの。と言ってもやっぱり、芳香ねーちゃんの変身といえば扇風機である。
そういえばシンケンでも茉子ねーさんが扇風機に変身させられてたな…あれはピンク繋がりのネタだったのか。

ウーザ・ドーザ・ウル・ザンガ
最後のナイとメアの小芝居がかわいい。
後から考えれば、マジレンジャーでもないのに呪文を紹介されるウルザードの優遇っぷりってすごい。

というわけでネタバレ:6話は佳境と見せかけて盛大な親子喧嘩。と思うと笑いが漏れてくる。実際はもうちょっと悲惨な話だけど。
一番接した時間が短いはずの魁がウルザードのことを一番理解し通じあってるのは皮肉な話。

夢を信じてもらえなくて拗ねちゃう魁ちんかわいい。
冒頭の昔話といい、これぞ兄弟戦隊の醍醐味。

闇の覇王・魔法騎士ウルザード
暮れゆく夕陽の中、倒れていくマジレンジャー。
夕陽は絶望のイメージであり、勝利のイメージでもある。今回は前者だった。
騎士道を優先して味方を危険にさらすウルザードはどうなのそれ。

ぼくちん翼の滑舌の悪さが癖になってきたでござりますです。魁の気合の入ったダミ声も好きでござりますです。
そういえば一時期この口調が家庭内ブームになっていたなあ。

メモ:コメント見て気付いたけど5話part2は2:21と言わず18秒位から崖の上のスタッフが写り込んでいる。確かに気づくとちょっとホラー。
あらすじが二話連続で「ある日のこと」始まりだ。



キバ0910:ゆりさんが次狼にでれでれ期。ある意味で惚れっぽいお人であるが、そこが好き。
バイオリンの師匠・イクサ爆誕。フィストオンの音声はロマンがあるけどダサい。
大村の音への執着と音也との共鳴で、ようやく、ちょっとだけ頼もしく芯の通った音也が見られるように。
大村の死がイクサとの亀裂を深めていくのか?それよりブラックダイヤモンドの行く末が気になって仕方ない。
そして次回ジンジン登場。リアタイだとこのへんから見なくなったんだよな…。

WSP:この番組のおばあちゃんはいつもパワフル。いや、正確にはおばあちゃんではないけど。
取り調べの途中で情にほだされちゃうバイクルも、そのやり取りにくすりと笑う竜馬さんもかわいくて仕方無い。ていうかあのワンカットはたまらない萌えだった。
それにしても、WSPのアジトって誰でも入れるんだなあ。JPの時とは偉い違いだ。

ぱいぱい:11話シンゴの「ウケを狙って」「同情されたくて」に大笑いした。いい性格し過ぎだろう!
脅されたとはいえ、ちゃんと振りをしてあげる父と兄は末っ子に甘い。
ちゃんといぱねま時まで付き合ってるんだから、さやかちゃんとはうまくいきたまえシンゴ。

12話で高山家の没落理由を初めて聞いて笑いが止まらない。トイレットペーパー一揆w脳みそをどう掻き混ぜたらそんな発想が出てくるんだよ。
…あ、ぱいぱいが飛び込んだ風呂屋って魔法組で出てきたところだ。ここは未だに営業してるらしいので行きたいロケ地の一つ。

その上更に何言ってんだこいつな台詞が出てきたよ…>>「妻のチャーハンです」
と思ってたらもっとわけわからない展開が来た。久しぶりに浦沢ワールド特有無機物会話&恋愛を見せられると…こう……面白すぎるわ。
ラーメン×チャーハン(しかもNTRとか、腐女子の妄想の10年先を行っているに違いない。
おかげさまでチャーハンが死んでも(?)笑っちゃったよ。しかも墓まであるんかい。面白すぎる(二回目)
とりあえず撮影的な意味で言うと手抜きよね。と思ってたら微妙に大変そうな踏切ロケが来た。この作品の力の入れ加減がわからん。


55V・1112話:なんということだろう(低音)が妙にツボった。それにしてもよく危機に陥る戦隊である。

カクレン:いや~んなサイゾウ回。子どもの強かさは昔の話ならでは。懲らしめられもしない展開は結構好き。
座敷童子回はちょっとしんみりしつつ、この世界にも「いい妖怪」もいることがわかってほっとする。この回の鶴姫が薄着でかわいい。

メガレン:次郎たちが出てきて嬉しい。みく命のジャケットが欲し…いか?
街の人々に思いを裏切られ、強固な敵が出てきて、徐々に終末の雰囲気が醸し出されてきた。

マージ・マジ・マジーロ1・2話

2014.05.20 20:36|旧戦隊
マジレンジャーの魅力。
・勇気は魔法
・中二病に訴えかける設定の数々
・一話の勢いと掴み
・OPとEDの歌のキャッチーさ
・ナイとメアの「やっちゃおっか」がかわいい
・マンドラゴラがウザかわいい
・兄弟ネタあるある
・頭が吹っ飛んでる長男長女とまともな次男次女とかわいがられ末っ子の絶妙なバランス
・後々の大恋愛後々の結婚
・最終回の大家族変身
etc。

これがなかったら戦隊に戻ってこなかった。マジで。当時は気にしてなかったけど、今見ると本当にハリポタまんまだなあ…箒とかチェスとか音楽とか。でも好き。
変身するとむっきむきになる魁ちんには違和感ありまくりですけどね。

以下メモ。
マジ3・4:「お姉ちゃんたち魔法使いなの?」「秘密だよ♪」の麗ちんのかわいさと言ったら。このころからヒロイン臭半端無かったのね。
魁は苺、兄ちゃんは土。この意味のわからなさと勢いと兄弟一番上の苦労あるあるネタで兄ちゃんが大好きになった記憶。戦隊の緑が好きになったのもこの人のおかげなんだろうなあ。
でも、魁は一話でマキトを助けるために勇気を振り絞ったんだ。いつだって仲良しだよ。

「マージジルママジンガ(低音)」の時にドラゴンになれずきょどきょどしてる魁と、ノリの良い兄姉に笑う。
大きさの違うロボや、地上戦とロボ戦で形の違う敵(ロボ戦時はSF定番のワーム?)、結構実験してるよな。

魔法110番なんて最後まで残らなかった設定じゃないか…(多分)。
麗ちんのお母さん力は異常。おかんじゃないんだ、お母さんなんだ。
このエピソードは魁の末っ子度と麗の母性が前回で大好きです。

キバ:電王の直後じゃなければ結構いけたのではないだろうか。
やっぱり過去編と現代編がくるくる入れ替わるのは楽しい。が、ちゃんと追わないと辛い。そして20年前の青空の会はファンガイアを放っぽりっぱなしですかそうですかと突っ込みたい。

ぱいぱい910・先生(父)はいぱねまよりぱいぱい派だった…?なんかデート的描写が多いようなきがするんですが。
「母さんでもないのに」…の理不尽さ好き。
会長の悪巧みの時に中華魔女ステッキは他の人に使われると機嫌を損ねる描写があったけど、シンゴやいぱねまに使われるのはまんざらでもなかったのか。それとも機嫌を損ねていたから初期のいぱねまの魔法はうまく行かなかったのか。それともそんな設定なかったことにされてるのか。

カクレン:何度聞いても貴公子ジュニアの語感が面白い。カクレンの友情も正義も薄いけどいざとなったら戦うメンバーが好き。

メガレン4243・珍しく大した絶望感もなく終わるクリスマス。よかったよかった。ラストで久保田博士がうるっとしたのにちょっとつられる。みんな成長したね。
それより次回の健太がブレス失くしてる話のほうが気になる。

WSP42・捜査官の精密射撃に惚れた。それにしても心臓が悪いってそんな風になるのかな。知らないけど。
| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

情報源

ブログ内検索

リンク

『眠っている暇はない』
ここ。リンクフリー。

banner.jpeg


『照柿色の夢の中』
小説等々移転先。GENOの心配はないようです。

banner
携帯変換
QR


『神の火を抱いてマークスの山へ翔べ』
旅、カレー、映画、美術館などなど
※ノーバナー

ページトップへ