ブログランキング
眠っている暇はない|ダブルの朝

AtoZで爆笑26連発!

2010.12.27 14:01|ダブルの朝
今日中に昨日OOOの感想は書けそうにないので、違うライダーの話題。

A→Zの順で見てた時は正直面白くなかったんですが、ちゃんとカテゴリ別に見たら面白かった。
そんなスピンオフ。
W好きは是非見るべき!って、もう見てますよね。


   ・仮面ライダーアカデミー シュラウドwith亜樹子
質問を質問で返す女・シュラウド。
負けん気が強く探究心旺盛な亜樹子。
嫁姑、うまくやれそうですね♪
ていうかシュラウドかわいい!
ランドセル背負った亜樹ちゃんの違和感がないのは本当にどうかと思う。


   ・刃さんとなまくらくんのガイアメモリ研究所
本編に出て来なかったメモリの一部を紹介してくれます。
ためになる、というか、えー!?の連発。
そんなんだから財団に見放されるんだよ園咲家!!!

そして、2人のいちゃいちゃっぷりがかわいくてかわいくて!
Uの時は思わず悶えてしまった。

全体的に、中川さんの体を張った芸(?)が見どころです。


   ・霧彦へ、トークリベンジ
妹、嫁、嫁の男、嫁にアプローチしてる男、元ペット、息子。
並べてみるとすごいラインナップだ!!!

霧彦さんのいい感じにずれた感性によるゲストを困らせる質問と、ちょっとした裏事情と、リベンジ
霧彦萌えにはたまりません。

   ・絵心王子は誰だ?!
竜くんのドヤ顔が愛おしく感じてくる今日この頃。
あと、ひかるちゃんの素晴らしい感性に乾杯。

いまいち、って感じなのはカットされまくってるからだと「悪夢なのH」を見て思いました。
全編ノーカットで見てみたい。


   ・変態のための診療所
「変なのキターーー!」詐欺。

はともかく。
伊坂先生の変態っぷりが余すところなく発揮された本編。
「これは治療のためだから」なんて言いながらドーパントの体をべたべた触る伊坂先生は、どうみてもセクハラ医師でした。
まあ、また嫁と競演できてよかったね?



追記で、各話の簡易感想。

続きを読む >>

だらだらと振り返ってみるKW

2010.09.03 17:38|ダブルの朝
いまだに興奮が収まらないというか、「綺麗に終わってよかったー!」なW。
語りたいことも書きたいこともまだまだたくさんあってまとまらないのですが、明日はファイナルトークイベント!明後日はとうとうオーズ!
というわけで、次のオーズをめいっぱい楽しむため、こちらのまとめも参照にしつつ、今年一年の感想を振り返ってみました。

一話目の感想の「半分こw」「魔少年(笑」「マグマのデザイン変w」等々の「ありえないってwwww」って思ってた頃が懐かしいです。
でも未だに見慣れない分割キック
こんな感じで、思いついたままだらだらと。




まずはこうなるとは思わなかった編。
いい意味で予想を裏切ってくれました。

・亜樹ちゃんがこんなに可愛くなると思わなかった。こんなにテンション高く芸達者な子になるとは…。
・フィリップがこんなに人間らしくなれるとは思わなかった。
・冴子さんに次々と男が現れる(そして死んでいく)なんて、霧冴好きだった頃には考えられないや。
すこんぶあたりの竜くんのツンツンっぷりを見直したいくらいに今の竜くんはキm丸くなった。

・どうなるかと思ったけれど、AKBのコラボとかおやっさんの歌とか、玩具の出し方とかがゴリ押ししたり扱いに困ったりの感じがあまりしなくててよかった。
・ガジェットもなんだかんだ空気じゃなかった。かわいかった!


実は…っていう、半分外れて半分当たった予想の数々

・フィリップ人外説
・おやっさんは実は生きてるよ(半分くらいは当たったかなーと。映画で)
・フィリップは園咲家
・霧彦さんはそのうち2号ライダーになるよ…なれ!
・霧彦さんはふうとくんとかで翔太郎の危険を救うよ
・「本当の若菜お姉ちゃん」が目覚めて若菜姫が事務所に。
・絶対アクセルにWが乗るよね



ボス談義。
ミュージアムがラスボスじゃなかったのはショックでした…。
なにも言及されなかったので、刃さんはなにか能力があるって未だに信じててもいいんでしょうか。

ミック最強説(そのうちしゃべる)
・ミュージアム=ラスボス
なんで翔太郎はミュージアムを調べないんだろうって思ってたのが懐かしい。
・ファングジョーカーが最強だと思っていた。
・クレイドールが粉々になるのはなにかの伏線(ここだけ未だに納得いかないというか…意味はあったんだろうか)
・「Wの男がラスボスだと思っていた。
・刃野さんは中ボスくらいで中盤で翔太郎くんを裏切るよ説(@九条綾回)
・あれ、タブーって隠された能力とかないの?!




予想の斜め上というか、これはないだろうと思うことすらしなかったのに、やっちゃったよ公式!みたいな。
正直、モトクロスしか記憶にない。

まさかの巨大化(ケツァコアトル、テラー、クレイドール)。
まさかのモトクロス
まさかのドラえm…信号フォームチェンジ
まさかの三色(プリズム)
まさかの若菜姫黒化



あとは…「このあたりのあれやそれがなくなっちゃったよなー」と思ってこのあたりに書いたらしっかり補完されていて、このスタッフはすごいなあと感服しました。色々な小道具や伏線、忘れてなかったんだ!捨て設定じゃなかったんだ!

個人的には竜亜樹がものすごく嬉しいです。
例え恋人同士になるところが全く想像つかなくて「亜樹ちゃんは延々とラブラブビームを発しているのだけれど竜くんはあくまで妹を重ねているのにすぎなくていつの間にかリリィあたりの美人さんとお付き合いしていて亜樹ちゃんがえ?ってなる」ような未来を想像してしまうとしても。
ええ。





あんまり関係なけれど、思いついたから翔太郎くん談義

翔太郎くんが風都にしては珍しい一般人で有り続けたのはWの一番いいところかもしれません。
彼はあくまで「ハーフボイルドの探偵」。「正義のヒーロー」のようになんでも出来て、生身でドーパントと戦えるわけでもない。
感情面も登場人物の中では一番感覚が近くて、等身大のヒーローだと思ってます。

どっか欠けてるんじゃないかっていう性格の主人公ばかりだった平成ライダーにしては結構珍しいのではないかと。ほら、五代さんとか天道とか諸々!真司くんとは気があいそうです。






おまけ。
終盤に思った、腐った立場からの目線。



「TOMAの心臓」のオマージュみたいなものを創作させてもらってる身としては、最終話の翔太郎くんの態度がすごく有りがたかったです。
ああ、これでいいんだ。やっぱり翔太郎くんはこういう人なんだと。
ネバーも出てきたし、風都は死人がいくら蘇ってもいいということだな!あれ、結構台無し?
「何故死人が生き返るのか」で詰まってたのでちょうどよかった。本当に。


それから、なんだかんだFSはありえないんだなーと実感し、それはそれで萌えています。
あの2人の間に流れているのは、友情とか恋とか愛とかそんなものではなく。Wで有り続けられる絆だと。言い表せない何かなのだと。

個人的には翔太郎くんが結婚できるのか不安です。なんだかんだ女にだらしかったらいいけれど、木場さん(@京極堂)みたいになりそうだわ。


日曜日の呟き【8/29】

2010.08.30 06:08|ダブルの朝
最終回見たくない病
たまに、これまでの話の出来がよすぎた作品は「もうここまででいいよ」とラストを見るのをためらう時があります。
パトレイバーTVとかフレプリとかがそんな感じ。
で、Wも見事にCM明けからの展開を見たくありませんでした。
だってフィリップに帰ってきてほしいけどあっさり帰って来られたら困るんですもの。
くじけずに最後まで見てよかった。よくわかってくれてるスタッフで、本当によかった。

そんなWの感想は、長くなりすぎたので収納しました。まずはハトプリから!




胸を張って「がんばったよ」って言えるようになりたいね。


   「メダル…だよね…」
何度見ても針刺しにしか見えない。ごめんねつぼみ。

ドレスかわいい!かわいいよつぼみ!
「新しい自分になれる服」って言うけれど、十分新しいつぼみになってます。
一話の頃なら多分人前であんな服を着なかっただろうし、「かわいい」なんて言われても否定してたかもしれない。本当、変わったよねー。

ただ、この服襟が派手だわとか、色の配色加減に明らかな手作り感が溢れてていいなと思ってたら、グランプリ作品ですか。
なんてレベルの高い幼女なんだ。


   おかえり!
なんだかんだ言ってみんな迎えてあげるこの学校の子たちは、いい子ばっかりです。

カメラっ子久しぶり!OP見る度に寂しくなってたからちょうどいい。
例えウザくても、この微妙なハスキーボイスが好きなんです。

サッカー部(多分)の子が「すげーって思ったのに」って言ってしまった、あれは責められるべきじゃないと思います。
裏切られたって気持ちの方が強いはずだから。

このあと林君の扱いがどうなるかなって心配になります。フィクションだからいいけど。
今ならしょうがないよね、林君はがんばったよって言ってあげられるけど、中学生の時だったら林君を責めてただろうし、多分素直に迎えられないだろうという回顧。


   林君
今回は本当に、一言で片づけるわけにはいかない話でした。

「自分のこと駄目だっていうのは情けない」
「嘘をつきとおせない、真っ直ぐな心の持ち主」

多分両方正解で。
誰もがプリキュアになれるわけじゃないから、強いとこも弱いとこも持ってるんです。失敗もしちゃうんです。

自分のせいじゃないミスをして、結局自分がミスしちゃって泣き面に蜂、そのやりきれなさに地面を殴りつけるその気持ち、わかる、よくわかるよ!
心の花がもっと枯れててもおかしくなかった。
カンフー君以来の共感っぷりでした。

「すごい」って、「よくやったね」って、見直されたかったから。
くじけた時ちょっとズルして。それを誇ってしまった。
「自分は駄目だから」って、自分を甘やかす最強呪文です。クモジャキ―が責めるのももっとも。

でも、後ろめたさを誤魔化さずに謝って、もう一度困難に立ち向かえるのだから、やっぱり林君は情けなくなんかないですね。超いい子。

やーでも、最後に箱根の坂道見て驚きました。正直、マラソンも完走出来ないような子にあの坂道は……。そりゃくじけるって。
手で押すんじゃないもんね。がんばったよ、林君は。


「手伝おっか」って囁く悪魔えりかに「ありがとう、えりか」って笑って返して自分で頑張れるから、諦めないから、みんなつぼみを応援してくれる。
林君もきっとこれからそうなっていくことでしょう。
また出てくるといいなー。


  男は褌!
いい身体…じゃなく。何してんのこの人。
色々と毒され過ぎだと思います。
あと今更だけど、「お出ましぜよ!」ってかわいい。

「ブロッサム、中々気合が入ってイカす」って妙なフラグ立てたー!!
ワカメもこんなことしてた気がしますし、サソリーナは癒されちゃったし、大丈夫だろうかクモジャキー。


   つぼみとえりか
「話す勇気があって!」とつぼみがあわあわしながら林君のフォローをしている時のえりかの見守るような表情が最高でした。
なんだかんだ、2人で1人。互いに補い合っているんだよね。

 
   次回
出たよ妖精回!「わがままダメ!」っていっちゃんかわいすぎる。来週言ってくれないかしら。

続きを読む >>

テーマ:特撮ヒーロー
ジャンル:テレビ・ラジオ

いつの間にかデキてた2人について

2010.08.28 07:45|ダブルの朝
というわけで、割と唐突な竜亜樹談義です。


なんであんなに唐突に竜くんがデレたかというと、自分の試練が終わったからに違いありません。
対ウェザー戦の前に「ラブラブ♪」な恋人を作って「俺は不死身だ」だの「俺から離れるな」だの言ってたら、それはただの死亡フラグです。
死にます。
あ、映画は生存することが決まってるのでどれだけフラグ立てても大丈夫です。


っていうのは冗談にしても。実際、復讐という呪縛が消えて、本来の不器用ながらも優しい好青年に戻ったのでしょう。
初期のあのぴりぴりしてた彼も好きでしたが、やっぱり今の竜くんの方が見てて楽しいです。




リリィ白銀に始まり…いや、もっと前にもいた気がしますが、主人公の翔太郎くんがフィリップにかかりきりな分、探偵のハーレム成分を全部吸い取っている竜くん。
風都じゃ女には困らないぜ!
じゃあ何故亜樹ちゃんなんだと。

恋に理屈はいらないだの恋はいつでもハリケーン!だの言ってしまえばそれまでですが。
それよりなにより、ずっと傍にいてくれたからなんでしょう。
竜くんのピンチやチャンスを全部見守っていてくれた。
フォローや手当や応援をしてくれた。
それだけで、もう十分すぎるくらいの理由です。

それに、現実主義なくせに王子様願望がある亜樹ちゃんと、ヒーローで居続けようとするけれど肝心なところが抜けている竜くんは、いい感じに相性がいいのかもしれません。


そんなわけで。
復讐を終えてぽっかり空いた心に浮かんだのが、事務所組、特に亜樹ちゃんだったんじゃないかと。
亜樹ちゃんがものすごいアプローチしてたこともあるとは思いますが(笑)

で、散々迷惑をかけたからチケットを渡す→映画で微妙なピンチ生身でアクションとか風都タワー守っちゃったりとか→浴衣→さらにピンチ(VSテラー編)→「こいつらできてやがる!」→さらにピンチというか竜くんが死にかかる→看病→最終決戦へ…。

あれ、吊り橋効果?
息つく暇がなさすぎる。

なんだかんだ押せ押せな亜樹ちゃんですが、実際ラブラブ♪になるチャンスが来たら引いちゃう子だと思います。なんとなく。
だから、なにかアクションを起こすのは竜くんから。

でも竜くんはキスしたこともない童貞真面目な人で、更に時間もなかったので、多分なんにも進んでないことでしょう。そこがいい!



ちゃんと時系列を考えると今回書いた竜亜樹のSSは明らかにおかしいんですがまあいいや。
ツボに入った髪の毛くしゃが書きたかった。それだけです。

あと、フィリップが大変なことになってる中でラブラブになったのでちょっと後ろめたかったらいいなーと思います。個人的にその感じが出せなくて残念でした。




そんなこんなで、どうしよう最終回で結婚してたらとかいろいろ考えてます。
最後に爆弾をありがとう十A!!

夏の映画・よりぬき感想

2010.08.26 17:24|ダブルの朝
夏休みの終わり間際にやっと映画を見ました。
電王からですっけ?作中で映画につなげる商法はいまだに嫌いなんですが、今回は見に行ってよかったなと。


アクションシーンや醍醐味のシーンや一切触れずに個人的にツボに入ったシーンばかり書いてますがご容赦ください。
あのシーンとかあのシーンとか大好きだけど言語化できないんですもの。

映画見た後しばらくずっと「すっげー」「やべー」という頭悪い発言しか出てきませんでした。

続きを読む >>

テーマ:特撮ヒーロー
ジャンル:テレビ・ラジオ

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

かにのめカナメ

Author:かにのめカナメ
自称腐女子が運営しておりますのでお気をつけください。
ジャンルはその時ハマっているもの。

拍手ください!!!(直球)

役に立たないソシャゲのID
デレマス:91514643 /デレステ:296046959(名刺は746a784e61) サイマス:10620

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

情報源

ブログ内検索

リンク

『眠っている暇はない』
ここ。リンクフリー。

banner.jpeg


『照柿色の夢の中』
小説等々移転先。GENOの心配はないようです。

banner
携帯変換
QR


『神の火を抱いてマークスの山へ翔べ』
旅、カレー、映画、美術館などなど
※ノーバナー

ページトップへ